九州国際スリーデーマーチ2018 二日目40キロコース

 九州国際スリーデーマーチ2018 in 八代 一日目に続いて「火の君コース」に出てきました。二日連続の40キロウォーク。自身初めての経験です。

 今回は完全な遅刻でした。出発時間の7時30分を数分過ぎて到着。でもまだ開会式が長引いており、結局皆さん5分遅れて出発。私はというとさらに5分遅れた7時40分出発。スタートの証明スタンプを押す係員の方たちが、もう引き上げようとしているところでした。


 今回はあまり写真を撮っていません。気になったところだけ。


 前回の記事で、湯茶接待が縮小気味と書きましたが、このコースはそれと比べると感動するほど豪華でした。待遇格差?

 最初の松中信彦スポーツミュージアム(4.3キロ)では、初めてアクエリアスの提供がありました。この二日間の行程で私が常時携帯していた飲料でもあります。ここで継ぎ足していただけるなんてほんとサービスがいい! 実はペットボトルキャップを片手で飲める物に交換していたのですが、出発してすぐボトルごと落としてキャップが割れてしまいました。まだ全然飲まないうちに中身も三分の一ほど無駄にするというアクシデント。でも、ここで継ぎ足してもらい、かつ普通のキャップをいただけることに。ほんと助かりました。


 二つ目の湯茶接待所、千丁い草の里公園(7.6キロ)
P5120389.jpg

 なんとぜんざい(おしるこ)の提供です。感激!
P5120390.jpg

 おにぎりまでありました。隣りのえんどう豆の煮物、これぞ田舎のおふくろの味で絶品。 ※画像が曇ったようになっているのは、日焼け止めクリームがレンズに付いたためです。




 ひたすら日陰の少ない農道を歩きます。今回は前半太陽に照らされ、後半が日陰があるであろうと予想できるコース。




 道の駅竜北前(18.1キロ)にて。その独特の腕振りのテンポの良さとスピードの速さが気になり、最初は後ろに付いて真似しようと観察。でも何かうまくいかない。声を掛けさせていただきました。
P5120392.jpg
 何とナンバ歩きウォーカーでした。昨日も40キロこれで歩いておられるようで、その時はバテテしまったとのこと。



 実はこの辺りは9月の秋分の日に氷川町梨マラソンの会場となるところ。昨年の梨マラソンの記事はこちら



 梨マラソンの時のスタート給水所とまさに同じ場所に湯茶接待所がありました。氷川町ウォーキングセンター(18.2キロ)と言うらしいです。マラソンセンターじゃないのね。
P5120393.jpg

 梨マラソンの開会式がある場所を抜けて、さらに坂を上に登って行きます。ここ数年毎年マラソンの10キロの部に参加していますが、この上の方の道に足を踏み入れたことはありませんでした。子どもが喜びそうな長い滑り台があって良さそうですね。
P5120394.jpg

 坂をジグザグに登って今度は下る。すると見慣れた景色が。ここは梨マラソンのスタート地点。ここに出るんだ!
P5120395.jpg

 梨マラソンの時はここからだらだら続く坂道を走って登りますが、今回はウォーキングでゆっくり登ります。やはり結構長かったです。ずっと見たことのある風景が続きます。でも今回はもっと見る余裕があります。もう梨マラソンの前半と同じコースを歩いています。まだ実ってはいませんが、梨畑があちこちに。

 やがて梨マラソンのコースよりも奥の、未知の道(シャレですよ)に入りました。今後もずっと上りで、どうやら山越えするよう。ここからギアチェンジして、腕を強く振ってぐいぐい登って行きます。今まで同じあたりを歩いていた人たちをぶっちぎり、さらに前方を歩くウォーカーを捉えては抜き去ります。もちろん息も心拍数もこのウォーキングの中で最高に上がっていますよ。結構長い上りが続いて、やっと下る。そして下りは自然とスピードが増す。※もちろんランではなくウォークで。

 下りきったところの湯茶接待所・八代市定住センター(24.8キロ)。ここまで約6キロの山越えでしたね。
P5120396.jpg
 ここは生姜(ショウガ)の産地です。ウォーカー一人一人に生姜のお土産付き。重くはなりますが、もちろんいただきました。提供されているのも生姜キャンディーやら生姜の漬物など、生姜尽くし。


 そこから1キロ先には、立神狭(25.9キロ)
P5120400.jpg
 コースから外れて、吊り橋からの景色を楽しみました。

 コースに戻ると、やや前方に、昨日終盤一緒に歩いた岡山から参加の方と再会。しかし、今日は二人ではなくお一人。あとで分かったのですが、相棒は吊り橋に興味津々で見に行ったとのこと。そういえば吊り橋のたもとですれ違った見たことのある男性がその方。

 この岡山のウォーカーさんは、同じあたりを歩いている人と比べてもなかなか速い。懸命に付いて行きます。追いつこうと思えばできそうですが、追い越してぶっちぎるにはかなりパワーが要る感じ。いつしかその他の人々は後方に去ってしまい、二人だけになっていました。そこでついに声をかけると、昨日のあの時の?という感じになりました。先方は先方で、後ろからひたひたと速い人が迫ってきていると感じておられたよう。プレッシャーだったか? その後も次の湯茶接待所までしばらくペースメーカーとして引っ張って行ってもらうことに。やはり速い速い。私は片足首の前方、靱帯部分が痛み始めており、少しずつ離されることになりました。

 龍峯コミュニティーセンター(32.3キロ)の湯茶接待所でその方と別れることに。相方をそこでお待ちになるのではないかな。今までありがとうございました。


 このあとは国道3号線に沿った裏道をひたすら歩きます。もう直進に近い道です。結構日差しが厳しいです。以前のような速さで歩かず、ペースをやや落としました。関節の痛みではないので、最後まで問題なく持つだろうとは思いました。



 そしてゴール。
P5120409.jpg
 40.1キロ7時間8分でした。二日にわたりましたが、合計80キロを完歩。


 参加者数。やはり土曜日、参加者が増えていますね。40キロは微増ですが、金曜日とは違い、比較的若い年代の単身者や夫婦と思しき男女が増えていた印象。絶対年齢層が若返っています。そして、外国人と出会うのが少なかった印象。会場にはたくさんいらっしゃったので20キロにまわったか?
P5120411.jpg


 二日間80キロを歩いて感じたのは、二日合わせてもフルマラソンよりダメージは少ないということ。足の筋肉痛もさほど無し。もちろん一日で80キロ歩くとなるとそうは言ってられないでしょうね。

九州国際スリーデーマーチ2018 一日目40キロコース

 八代市で行われている九州国際スリーデーマーチ。ウォーキング大会です。参加してきました。


 40キロ「新緑球磨川コース」にエントリーしました。この時期マラソンがないため、ウォーキングで40キロを体感しておくことが目的

 開場で受付をしたのがスタートの7時30分ちょっと前。ギリギリでした。あとで話を聞くと、結構その辺はアバウトに対応してもらえるようです。

 で、ほぼ最後尾からスタート。雲一つない青空。
P5110389.jpg

 右手に球磨川、左手に肥薩線。雲一つない青空。
P5110391.jpg

 行きは川沿いで、しかも日かげが多く、涼しいです。

 このデンマーク人(DK)の男性の速さがわたしにとってちょうどいい速さだったので付いて行きます。追い抜く追い抜く!
P5110393.jpg

 でも、彼は先行していた仲間に追いつくと途端にゆっくりになったので、早々に見切りをつけます。


 6キロ辺りの湯茶接待所、地図には書いてあるのになんとトイレがない! 参加者から不評でした。

 その後、中間あたりを歩く「ミドル」担当の方(下の画像のタスキを掛けた方)に追いつき、一緒に話しながら長いこと歩きました。ちなみに、先頭を歩くのが「リーダー」、最後尾を歩くのが「アンカー」。

 40キロを歩くのかと思いきや、20キロまでで別の担当者と交替するとのこと。歩くペースは特に決まっていないそうです。市役所の方で、若いのが歩けないので役がまわってきたとのこと。確かに健脚じゃないと難しいでしょう。仕事で参加できて羨ましいとも思いましたが、これによってできなかった仕事が今後待っているとのこと。
 昨年や今年のイベントを冷静に見、把握しておられる方で、改善点はきっと運営に伝わると確信しました。今年のトイレの件も含めて。

P5110394.jpg

 以前はこの辺りはこんなに水量が流れていたでしょうか。まだまだ雲一つない青空。

P5110395.jpg

 荒瀬ダムが撤去されたのも流量に影響があるかもしれません。既設のダムの撤去って珍しいようです。(14.7キロ)
P5110398.jpg

 特急「かわせみやませみ」号とすれ違います。雲一つない青空。
P5110400.jpg

 葉木橋を渡ります(16キロ)。
P5110402.jpg

 葉木橋から見た球磨川。黄緑色の水ですね。右端、脇から流れ込む川の水と境目ができています。
P5110403.jpg

 せせらぎのそばの湯茶接待所。ここでお弁当を注文している人はもらえました。トマトがちょうど差し入れられ、丸ごとかぶり付き。
P5110405.jpg


 ここから道が狭くなり、今日明日明後日とそれぞれ40-40-30歩く方(背中のゼッケンに書いてある)に声をかけ、三日間長距離を歩く秘訣を尋ねました。

 この方々は中部地方からの面々。互いに他の大会で顔を合わせるほどのベテランたち。靴紐の結び方や靴の重さ、歩き方などをいろいろと教えていただきました。
P5110408.jpg


 左の年配者、やはり中部地方の方。レジェンドの人らしいです。今回も40-40-30と三日間歩かれます。
P5110410.jpg
 お話を聞いて驚愕しました。ひと月の歩く総距離がなんと、なんと1,000キロ。毎日4,5時から歩き始めて30キロを歩く老人。何かの都合で歩けなかった場合は、少しずつ別の日に振り替える・・・。現在83歳だそうです。脱帽。


 山の中の舗装路。ここからの写真がありません。一人先を急ぎます。平地に下りたら暑いんだもん。今のうちに。







 平地に下りてしばらくしたところの湯茶接待所(30.9キロ)。ここが一番豪華でした。このコース、提供物が縮小気味か。柑橘類を何切れか頬張ります。
P5110413.jpg

 その後は、日光を遮るもののない農道をひたすら歩きます。まだまだ雲一つない青空が続きます。

P5110414.jpg

 他の参加者を追い越すときに、機会があれば話しかけます。


 福岡から参加しておられた年配者は、五本指靴下が重要で重ね履きしているとか、豆対策について教えてくれます。

 全身黒ずくめ、完全防備の女性にも話しかけます。かなり足取りがしっかりしており、そこそこ速いので、マラソン走りますか?と尋ねたら、図星だったようで、参加目的がわたしと同じでした。休みの都合で今日だけ参加。

 岡山から参加の二人組の男性。出発時刻に間に合わず10分遅れで出発。前には誰ももういなかったそうです。でもなぜか私より前。頑張ったんですね。しばし一緒に歩きます。辛い時期に気が紛れました。

 外国人男女3人グループ。強い日差しで半ズボンから出てる脚が真っ赤。なんとベルギーから参加。 Welcome to Kumamoto. Enjoy your stay.

 体を右に傾けて歩く男性。並んだ時に、大丈夫ですかと声をかけます。ちょっと疲れた、と。本当に疲れていらっしゃる。やっとこさという感じ。かつてオリンピックでふらふらになりながらフィニッシュした女子選手みたいな歩き方(ロス五輪のアンデルセン選手ですね)。水はありますか? ありがとう、持っています。声をかけたことに、ものすごく感謝されました。あと1キロほどでゴールですよ、と励まします。



 そして、ついにゴール。



 42.1キロ7時間5分完歩。マラソンと同じ距離でしたね。途中一度も走っておらず、7時間制限のマラソンなら、全体としては歩いて完走できるかもしれません。まあ、途中関門があるので、それをクリアできればの話ですが。


P5110417.jpg
 ちょうど八代亜紀のショーが行われていました。本物の八代亜紀です。


 本日の参加者数。
P5110416.jpg

雨で登山中止。その後晴れて20キロウォーキング

 以前見た予報では、大型連休前半は好天だったはず。それで本日は、仕事も休みだし、いつもの相棒と一緒に遠出の登山に行く予定でした。でも、何と午前中60%の確率で雨の予報。私は当日朝の曇り空を見てその予報を知る呑気さ。そして朝6時半の出発頃になって実際に雨が降り始めました。残念ながら中止。

 でも、その雨も10時までには上がり、次第に快晴に。自宅からウォーキングに出かけることにしました。5月中旬のイベントに備えての長距離ウォーキング。

 
 江津湖へ。

 適度な日かげのある木々の茂った散歩道を歩くと、心が落ち着きますね。江津湖はいいわ。気分がリフレッシュ。
IMG_0903.jpg

 熊本地震の被害が多く残る熊本市動植物園は、土日祝日のみ部分開園でした。子ども連れで賑わっていました。

 私も中に入った? いいえ、外周から柵越しにゾウを眺められるポイントがあるのです。
IMG_0908.jpg
 
IMG_0909.jpg

 こちらはキリン舎。2017年3月に放送された、NHK ドキュメント72時間「キリンが見える散歩道」で紹介された場所から。
IMG_0913.jpg
 
 正門から入ったあたりの園内。
IMG_0915.jpg

 震災の影響でいまだに正門からは入れません。南門および西門より入場できます。
IMG_0916.jpg


【本日のルート】 自宅 ⇒ ゆめタウンはません ⇒ 江津湖畔(熊本市動植物園・キリンの見える散歩道) ⇒ パン屋で無料コーヒーと共にランチ ⇒ 健軍商店街 ⇒ (ここだけ市電で移動) ⇒ 水道町 ⇒ 下通り ⇒ 南熊本 ⇒ 平成 ⇒ 自宅

縦走(横平山ー半高山ー三ノ岳ー二ノ岳)

 急きょ、いつもの相棒と登山に行くことが決まりました。熊本市近郊の山々。


 朝8時半に相棒宅に車を置き、熊本駅まで1キロほど歩きました。熊本駅は在来線の新ホームがまもなく完成します。9:12発の大牟田行き普通電車に乗って移動。今日は運転席に二人の教官らしき人たちも乗っており、運転手は乗客に筒抜けの大きな掛け声を発して運転します。はるか昔の自動車学校の試験を思い出してしまいました。掛け声から分かるのは、いろんな細かい点をチェックしながら運転しているということ。ちょっと聞こえたのは、「40キロに設定しましょう」という教官の言葉。走り出したら40キロのスピードはとうに超えるし、どういう意味なんだろ。



 降りる駅は熊本駅から5駅先「田原坂(たばるざか)駅」。17分で到着しますが、電車がぐんぐんスピードを上げて、外の景色があっという間に後ろに去っていくので、けっこう遠かった印象です。(実際は16.4キロらしい)。そこから山を縦走して、相棒の自宅まで歩いて帰るんですね。
 この駅、名前からピンとくる方も多いでしょうが、周辺は西南戦争の激戦地で、その遺跡が多いところです。ちょうど今NHK大河で「西郷どん」が放送されていますが、たぶん最終話に近づくにつれ、田原坂のことも扱われるのではないかと思います。




 ちなみに田原坂駅は無人駅。降りてから、GPSウォッチで再び計測を始めます。



 まずは「横平山」(144m)へ。

明治10年の西南の役において、田原坂、吉次峠と並ぶ三大激戦地跡。戦術的に重要な地点であったことから、官・薩両軍の激しい争奪戦が行われ、両軍抜刀隊が初めて活躍した古戦場です。東西にわたって今なお残る塹壕の跡が、壮絶な白兵戦を物語っています。


 山と呼べるものなのか、高台という感じ。




 次に「半高山(285m)」へ。三ノ岳の半分の高さということで半高山。

 実はここに来るまでの間に、イノシシに出会いました。道路脇の茂みが、私たちが通り過ぎたあと、ガサガサと音を立てたのです。振り返ると、小さなしかし瓜坊ではないイノシシがいきなり道路に飛び出して来て、一目散に反対方向に逃げていきました。イノシシから畑を守るための電気柵があちこちに設置されているのも納得がいきます。

 半高山頂付近ではちょうど道路などが整備中で、これから西南戦争の史跡としてさらにアピールするのではないかと思われました。これも「西郷どん」にあやかるためでしょうか。


 半高山を下ってすぐのところにある「吉次峠」。これが、三ノ岳方面へ向かう登山者にとって、最後の自動販売機となります。これからの縦走で飲料水が必要なら、ここで買うべきです。
IMG_0472.jpg
 ミカンの無人販売も100円でした。なかなか甘くて美味しかったです。今までもミカン畑の中を通って歩いてきましたが、季節的にミカンはもう生っていませんでした。

 そこから階段を上がったところが公園になっています。階段が結構長くて、息が上がりました。
IMG_0474.jpg

西南戦争で最も激しい戦争が行われた場所のひとつで、薩軍防衛線最後の牙城となった地である。薩軍が死守した吉次越えは、官軍に“地獄峠”として恐れられた険しい場所で、両軍の間に屍累々の攻防戦が展開された。党薩十二隊のひとつ、熊本隊の一番小隊長佐々友房が「君見ずや吉次の険は城よりも険なり」と詠った詩が刻まれた詩碑が、吉次峠にある。



 ちょうど公園を管理している方々がいらっしゃって会話。道路などが整備されている理由は、このあたりの西南戦争遺跡が史跡として指定されたからだそうです。調べてみると、2013年3月に「国指定史跡」になっていました。

 「イノシシが多いので気を付けてくださいね。」

 さっき小さいのに出会いましたけど・・・。





 公園を抜けて、次に「三ノ岳(681m)」に向かいます。
IMG_0475.jpg
 これまでずっと舗装道でしたが、ここから本当の登山道が始まります。


IMG_0479.jpg
 こんな木漏れ日のさす美しい道が続けばいいのでしょうが、丸太階段や岩がゴロゴロしている登山道を登っていくことが多かったです。

 結構長いこと歩き、途中もう頂上かと錯覚させる鉄塔や神社が出てきます。何度期待を裏切られたことか。

 やっと頂上が見えてきました。このとき時刻は12時半を過ぎていました。
IMG_0480.jpg


 眼下には絶景が広がっていました。
IMG_0486.jpg
 有明海の先にある雲仙普賢岳が雲に浮かんでいるかのように見えます。

 山頂の気温は10度。到着したときは、背中が汗びっしょりで、帽子も汗で重くなっています。シャツを脱いで乾かすために、私は半袖で過ごしました。日光に当たっていると全然寒くない。
 ここでお待ちかねの昼食。熊本城マラソンの時に絶賛したランチパック・ピーナツ味が今日も美味い。






 次に「二ノ岳(685m)」に向かいます。その頂は三ノ岳の頂からそんなに遠くないところに見えています。でも当然下ってまた上る・・・。

 下りは高速でした。登山道をトレイルランのようにあっという間に駆け下ります。面白いんだけど、足を挫きたくないので、足の筋肉が常に不測の事態に備えています。こりゃ足に来るわ。そしてまた上り。丸太階段が非常に辛い。階段を登るより、その横の斜面を通った方が楽。そうできるところはそうしました。


 ついに山頂に到着。先ほど居た三ノ岳の頂がきれいに見えます。
IMG_0487.jpg


 実は二ノ岳・三ノ岳登山は初めてではありません。20代の時、オフロードバイクを乗り回していまして、今日の相棒と一緒によく林道ツーリングをしておりました。それで何度もこの辺りを走ったことがあるのですが、その時の景色、道順、今と変わってしまったのかまったく思い出せません。





 小休止の後、野出方面へと下ります。ここからはあとは基本下り。登山道が河内クロカンコースの一部と重なっているので、道は比較的歩きやすいし走りやすい。ただ、野出に出るころには、ひざの外側の筋肉に悲鳴が出始めて・・・。


 集落に出てからは基本舗装路。夏目漱石が歩いたと言われる「草枕の道」を漱石とは逆行します。ただこれ、熊本市側から歩いた場合には、迷うことなく歩けるような標識になっているようです。漱石目線で整備されている? でも、今回は逆行してるので、ほんとわかりにくい。改善して欲しいものです。

 「石畳道」。整備された竹林の中の石畳、風情がありますね。もし家を建てられたら、同じような竹林の石畳道を玄関のアプローチの一部として組み込もうと、相棒と話しながら通ります。
IMG_0492.jpg


 やっと峠の茶屋に到着しました。16時になりますが、せっかくなので「だご汁」を食べて行くことにしました。
IMG_0494.jpg
 二人分が一つの鉄鍋で出てきますので、分け合って食べます。


 この後、夏目漱石も歩いた「鎌研坂」(かまとぎざか)を下ります。

「山路を登りながら、こう考えた・・・」夏目漱石が書いた小説「草枕」の冒頭に出てくる「山路」の入口にあたるのがこの坂です。


 舗装路や土の道なら問題なくとも、石がゴロゴロしている下り坂では腸脛靭帯に痛みが走ります。

 この辺りはさすが相棒にとっては庭同然。私が知らない最短の道を通って家に帰ります。17時30分、やっと相棒の自宅のある出発点に帰着しました。

GPSd.jpg

 私のエプソン製のGPSウォッチ(マラソン用)で22キロ。相棒のSUUNTO(スント)製GPSウォッチ(登山用)で24.3キロ。私のデータを調べてみると、高低も記録してありました。相棒のも。どっちが正しいのだろうと思いますが、少なくとも22キロは歩いたということで。(なお、タイムには二ノ岳・三ノ岳頂上で過ごした時間は含まれません。)

五家荘 白鳥山のヤマシャクヤク

 5月19日(金)、この時期恒例の登山。どこに行くのか、相棒はどうしてもその季節にしか見られない花がないと心が動かない人なのでお任せ。

 本当は某山に登るつもりが、登山道入口直前で地震のため道が悪くなり断念。四駆ではありましたが、最低地上高がもっと高かったなら先に行けたでしょう。急遽目的地を変更。五家荘の白鳥山に向かいました。

P5190118.jpg

 宮崎県との県境、ここまでがまた遠い遠い。
P5190007_20170521221931d64.jpg

 雲一つないような最高の天気。キツツキのドラミング音やウグイスのさえずりなどを耳にしながら登っていきます。

 目当ては清楚なヤマシャクヤク。ちょうど見頃を迎えていました。
P5190016.jpg
P5190040.jpg
 頂上手前に群生地があります。

 登山道の入り口がすでに標高が高いので、ここまで来るのに大変だったという印象は皆無。
P5190059.jpg

 山頂から時雨岳方面に向かったところにも群生地。ここで弁当を食べることにしました。
P5190062.jpg

 見事でした。
P5190064.jpg

 でもね、山登りしてると残念に思うことがあるんですよね。それは山の荒廃ぶり

 一部の土地を囲ったネット(網)の内と外で土地の様子が全然違うのがお分かりでしょうか。
P5190014.jpg
 内側(中央より左側)は植物が密生。外側(右側)はまばら。

 これがもっとよく分かるかも。ネットの内側
P5190109.jpg

 ネットの外側
P5190110.jpg

 まるで違う植生。どうして?


P5190104.jpg

 シカの頭数が増えすぎて、鹿が食べられる植物はみな食べてしまっています。残っているのはシカが食べられない毒草バイケイソウの群落。他の草が生えているところにはバイケイソウが少なく、鹿が他の草を食べてしまうところでは、至る所でこの植物が群落を形成して繁茂しています。本来強勢を誇る植物ではなさそうなのですが。

 しかも枯死した木が倒れてネットを押しつぶし、用をなしていないネットもいくつかありました。


 下の写真は、一見天気もよくきれいな写真が撮れたように思えます。
P5190088.jpg
 しかし、植生が貧弱になっている山頂付近では、枯れた倒木、しかも枯死した大木も多い現状が。なぜ?どうして?


 でも、ヤマシャクヤクは鹿が食べない植物です。ですからここでは美しい花を楽しむことができるのです。複雑な思い。
P5190074.jpg


 登山慣れしたと思しき地元の方とくだんの惨状のことをお話しする機会がありました。やはり心配しておられる様子。シカが食べた後は草が生えない(酸性雨が降り、しかもシカの唾液が酸性)とおっしゃいますし、お隣の宮崎県側では犬を放し飼いにしている家々があるので、シカが警戒して植生が保たれているけれども、熊本県側ではそれがないのでシカが植物を食べ放題ともおっしゃっていました。(個人の意見です。本当かいな?)

 その方に、クリンソウ(九輪草)の群生地を教えていただき、登山の帰りに見てきました。
P5190135.jpg
 群生地の場所はとある場所としておきます。



追記がありますが、ニョロ系が出てきますので、苦手な人は見ないでください。



続きを読む