「充電させてもらえませんか?」

 テレビ東京制作の番組に、「充電させてもらえませんか?」という番組があるようです。残念ながら、熊本では放送されていません。でもこの放送局、「なんでも鑑定団」を作っている局といえば、熊本でも過日放送されているので、分かる方もいらっしゃるかもしれません。

 その「充電させてもらえませんか?」の12月16日放送分で、なんと熊本が取り上げられたようです。その内容がこれ。

出川哲朗が“電動スクーター”で行く人情すがり旅!!九州縦断!鹿児島・桜島から絶景の天草諸島を抜け熊本城を目指す爆走290キロ!2泊3日の旅



 天草諸島から熊本城を目指すロケの途中で、なんと私の友人の経営するレストランに、突然“出川”がアポなしで訪問したようです。「充電させてもらえませんか?」って。
AKASE.jpg

 店の名前は「AKASE海岸」海の見えるレストランです。

PC230313.jpg

 出川含むロケ隊30人。電動バイクを充電している2時間ほどの間に、オーナーが全員の食事を出すのはさすがに無理だったようで、十数人分を急いで調理したようです。滑舌が悪いと有名な出川との会話ではわざと、もう一度言ってもらえませんかと言ってボケをかましたとも。(しっかりそのシーンは番組で使われていました)。

 そして、近くの見所として、オーナーは長部田海床路(ながべたかいしょうろ)を紹介してました。それは海の中にある漁業用舗装道路で、干潮時に海面に現れます。その道路沿いに電柱が並んで立っており、満潮時は海の中へ電柱が続いている不思議な光景が見られます。
 ロケ隊はそこにも立ち寄り、実際に海床路を電動バイクで走って、先の方まで行っていました(普通は立入禁止)。いい雰囲気だから熊本城まで行かずにここでエンディングシーンを撮ろうとまで言っています。



 この番組、鑑定団のように熊本でも放送して欲しいと思います。でも、その予定はないんでしょうね。私は某動画サイトにアップされてるのを見ましたけど。





 このお店、私の母のお気に入りでもあります。そしてオーナーの利発で礼儀正しい娘が大好き。まさにその子は店の看板娘。私たちが食事をしていた間に、なんと3人の人が看板娘に会いに来て、贈物をしていくのを見ました。そのうちの一人はうちの母ですけど。



 うちらのお気に入りは、貝汁定食+ミックスフライ。頭まで食べられる大海老とカキフライ、クリームコロッケがついて、味もコスパも良し。特に貝汁は絶品。オーナーの奥様担当で、母が貝汁はここが一番と言います。
PC230306.jpg


 なお、この番組が放送された後、早速番組を見たという旅行者の方が食べにいらしたそうです。恐るべしTVの力。

あゝ幸せ、◯◯◯◯のフライとジェノベーゼ

 また食べ物の記事です。やはり食べることが好きです。だから痩せられない。マラソンのためには体重が60台になるのがいいのですが、今まで何度かトライしましたが成し遂げられず。


 今回は我が家から歩いて五分のところにあるイタリア料理店。お店ができてすぐからのお気に入り。


 最近家族で行って、その味に感動したのがこのフライ。何のフライでしょう。
PC010186.jpg
 実はシイタケ。シェフが言うには、普通の油で揚げているとのこと。

 パン粉が細挽き。酸味の効いたタルタルソースがシイタケのうまみと合ってるのか。

 実は家族全員年配者も含めてこのシイタケを大絶賛。あまりに美味しかったので、後日私は一人で再訪してしまいました。



 メインのスパゲッティ。ジェノベーゼは大好きなソースの一つ。小海老がプリップリ。
PC010188.jpg
 出来立てだと分かるでしょ。湯気が写ってます。


 自分で作れたらいいと思いますが、作れなくて幸せなのかも。


① ケッカ
② 前菜3種とグリーンサラダ or その日のスープ
③ スパゲッティ(3、4種より選択) or ピッツァ
④ デザート(約6、7種より選択)+ ドリンク

 このランチで1,000円ポッキリ。イタリア・アオスタで修行したシェフの料理の味はもちろんのこと、コスパも最高。




ピノッキオ(PINOCCHIO)
096-358-3332
月曜定休

秋田名物きりたんぽと創作いきなりだご

 熊本地震の被災地で何か手助けできないかと秋田から引っ越してきたご夫婦を我が家に招いて食事。出会ってから意気投合して、時々一緒に食事をしています。夫は私と同い年。

 本当は我が家主催のバーベキューの予定でしたが、夕方から雨の予報でしたし、急に寒くなったので変更。代わりに、秋田からきりたんぽが届いたので一緒に食べようとの申し出。食材などをほとんど準備してくれたのは先方。ご馳走になります。

PB230190.jpg

 きりたんぽ鍋の作り方には厳格な決まりがあって、何は入れるが何は入れないとかがあるそうです。今回はその伝統に則った調理法、らしいです。比内地鶏の出汁の効いた、身体のあったまる料理でした。美味い。


 これは焼ききりたんぽ。
PB230193.jpg




 鍋以外にお手製の塩麹バーニャカウダもありました。ホットプレートの上に、小さなフライパイン・スキレットを乗せて、そこでバーニャカウダソースを作ります。アンチョビーは入っていないけど、ニンニクの旨さがよく出た絶品ソースでした。
PB230188.jpg

 最近バーニャカウダとかアヒージョに魅かれる我が家。


 そして一見何の変哲もないような熊本名物「いきなりだご」
PB240186.jpg

 秋田からいらっしゃったその奥様創作の「いきなりだご」はなんとミカン入り!!!
PB240187.jpg
 熊本県人にはびっくりの具。熊本県人ではないのでできる荒業かも。

 恐る恐る食べると、結構おいしかったりして

大人のバーベキュー

 炭火の恋しい季節になりました。
PA300191.jpg

 我が家で先生たちを交えて、大人のバーベキュー会。

 最初は一通り通常のものを焼いていましたが、途中から網の一角で、ソース作りが始まりました。まずはアヒージョ。バーベキューで?と思いましたけど。
PA300183.jpg
 炭火で焼いたパンを浸すと、パンがオリーブ油を適度に吸い込むんですね。ビチョビチョにならなくてこりゃいい。

 一方に生クリームを入れて、バーニャカウダに変身。もう一方のアヒージョには刻みトマトを入れて進化中。
PA300184.jpg

 やがていろんなものを浸して食べ始めます。美味しくて焼き肉のたれよりいいかも。

 最後に私は冒険してアヒージョ版焼きおにぎりを試しました。もちろんバーニャカウダー版焼きおにぎりも作りました。なかなか美味しかった。
PA300189.jpg

 茄子も玉ねぎもピーマンも丸ごと焼いたほうが絶対にうまい。これホント。
PA300188.jpg

 

正式な店名です ⇒ 「店なのに頑張らないお店」

 我が家の近くに不思議な名前のお店ができてどれほど経ったでしょう。妻は一度食べてますが、私はやっと行ってきました。

 その名も、「店なのに頑張らないお店」」。

 ネーミングのいわれは店内に説明書きがありましたが、ヤル気のない店という意味ではありません。

P9120002.jpg
 タコライス 720円(税別)。なかなかボリュームがあり、トマトソースがかかっているほうとそうでないほうで味が二つ楽しめる感じ。ひき肉の味付けが実に美味い。

P9120003.jpg
 タコス 350円(税別)。包んである皮が固いのかと思いきや、もちもちした食感。これも美味い。


P9120007.jpg
 タコ焼き 8個入り 500円(税別)。柚子マヨネーズ味を選びました。外はカリッとして中は柔らか。鉄板の上に載って出てくるので、いつまでも熱い。ふりかけられた鰹節がゆらゆら踊ります。
 ほかに6個入り400円、18個入り1000円(税別)がありました。


 このほかに、ランチの時は、500円ワンプレートランチや弁当があります。


 ここは文句なくリピートありの店です。



店なのに頑張らないお店
   8614135 熊本市南区鳶町1-7-15

たこ焼き&タコスをメインとした、カジュアルなお店。他にも、B級グルメ満載で、夜は、居酒屋メニューも出現。お酒も様々な種類を取り揃えております。(FBより)


 

今日は十日、獺祭販売の日

 今日は十日。ブロ友のともあきさんから教えていただいた、鶴屋百貨店の「獺祭(だっさい)」販売の日。行ってきましたよ。

 事前情報で、以前ほどの過熱ぶりはなくなっており、列に並ばなくても買えるということでした。それでも開店後まもなく売り場に向かいました。聞くところによると、今日も十人ほどはお並びになったんだそうです。
 実は一か月前以上前の八月一日。その時は「一日」が販売日だと聞いていたので、仕事で忙しかった私は、妻に頼んで行ってもらいました。しかし売り場で、数ヶ月前から「十日」に変更になったと知らされ、その日は空振り。やっと本日行けたのです。

 売り場でずらりと並ぶ獺祭、獺祭、獺祭の文字。壮観でした。威厳さえ感じました。「おひとりさま一本限り」という表示が種類ごとに貼られています。壮観だったとはいえ、さすがにその様子を写真に収めるのははばかられました。

 購入したのはこれ。
P9100011.jpg

 獺祭初心者の私は、ともあきさんおススメのスパークリングと、三種入りおためしセットを購入しました。聞けばこれらは入荷しないこともある商品のようです。

 この日はいずれも十分な量があり、即完売ということはありませんでした。おためしセットはちょっとしたお土産にいいかもしれません。


※ 3日後の在庫情報 おためしセットは無くなっていましたが、ほかのはまだ十分在庫がありました。



 その後繁華街を散策しました。するとうちの生徒を発見。そばまで近寄って見つめますが、全然生徒は気づきません。ついに横に並んで目の前で手を振ると、ものすごい驚きの表情を見せました。なんでここにいるの?と顔がしゃべっています。
P9100001.jpg

 どうも私はお邪魔だったようです。もちろん気づいてはいましたがあえて声をかける意地悪さ。



 くまモンを先頭に、ラグビー関連のパレード。かわいいチアリーダーたちの後ろに、若さみなぎるラガーマンがずらりと行進。
P9100002.jpg



 そして、ランチはこれに行ってしまいました。長野産「桃のスープ」。今季2回目。夏季限定のこれはあと一週間ほどで終了でしょう。数日前に予約してくれれば「ランチ」でも出せますよとシェフが言ってくださったので。
P9100005.jpg

 きれいに果肉をはがして食べたので100点と言われました。

 でも120点の人も期間中4,5人いるとか。それは皮まで食べてしまう人だそうです。

〔夏季限定〕 桃のスープ 

 今年もこの季節がやってきました。 イタリア料理「まんじゃぺしぇ」へ!

 夏期講習に連日来てくださっている先生もごいっしょに。
P8120034.jpg


 狙いは夏季限定「桃のスープ」の付いたコース。

 本日の前菜 (一皿目) 「真鯛のサルタート」。鯛とその下のアボカドがナイスマッチング。
P8120002.jpg

 本命登場! (二皿目) 山梨産「桃のスープ」
P8120021.jpg
P8120023.jpg
 最後はペラペラの桃の薄皮だけが残ったのでした。

 本日のパスタ1 (三皿目) 「蓮根の○○○○」。 パスタのひだにシャキシャキした蓮根の粒が絡んで、ため息が出るほど絶品。
P8120025.jpg

 パンが出てきた後、本日のパスタ2 (四皿目) 「ボロネーゼ温泉卵のせ」。黄身がパスタに絡んでうまっ!
P8120030.jpg

 デザート三種盛り+コーヒー。
P8120033.jpg


 実は一週間前に食べに行くつもりで、その数日前に予約を入れたのですが、あいにくその日は予約でいっぱい。ならばその一週間後の予約を、ということでやっと実現した食事でした。観察していると、この日も何組かの飛び込み客をお断りせざるを得なかったようです。会計の時にシェフが顔を出し、満席で料理が出てくるタイミングが遅くてすみませんでしたと言って、お店の入り口を出て来てまでお見送りしてくださいました。そしてしばらく外で会話。

 今年は食材の桃に異変が起きているそうです。桃の価格が高止まりしており、これから長野産の桃も出てくるはずなんだけれども、長野産が熊本に入ってこないそうです。9月中旬まであるだろうか・・・。
 これは早めに行くべきですね。できればもう一度行きたいんですけど。






イタリア料理「まんじゃぺしぇ」
096-324-0206
日祝定休