今年もまたやってきました。夏季限定 桃のスープ

 今年もこの季節が始まっています。「桃のスープ」。本日は長野産。
P8150005.jpg

 今日は仕事のスタッフとの会食会です。みんな大喜び。
P8150004a.jpg

 最近放送された桃についてのテレビ番組の影響で、私は皮まで食べてしまいました。完食。

 桃の皮でバラの花を作ってしまう人も。芸術的。
P8150017.jpg

 帰り際、シェフから桃のスープの食べ方が120点と褒めていただきました。皮まで残らず食べたからです。その他の人も100点。




 今日のコースは、【本日の前菜】カボチャのニョッキから始まり、次が【夏季限定】桃のスープ。その後、【本日のパスタ】パンナポモドーロ。これはお昼にもよく出るやつ。絶品。

 肉コースは、【本日のお肉料理】牛ほほ肉の煮込み。
P8150021.jpg

 魚コースは、【本日のお魚料理】真鯛の何とか。
P8150026.jpg

 パルメジャーノのリゾット。目の前でシェフが作ってくれます。
P8150027.jpg
 チーズが結構削れて、お米と絡んできます。7月初めに使い始めたそうで、現在はこんなに穴が拡大。
P8150029_201708162227045da.jpg
 削れたチーズがリゾットの上からもたくさんかかってうれしい。 
P8150036.jpg

 最後にデザート5種盛り合わせとコーヒー。


 2時間以上かけていただきました。



イタリア料理「まんじゃぺしぇ」
熊本市上通町7-35 熊本 和数奇司館 1階
096-324-0206
日祝定休


「充電させてもらえませんか?」

 テレビ東京制作の番組に、「充電させてもらえませんか?」という番組があるようです。残念ながら、熊本では放送されていません。でもこの放送局、「なんでも鑑定団」を作っている局といえば、熊本でも過日放送されているので、分かる方もいらっしゃるかもしれません。

 その「充電させてもらえませんか?」の12月16日放送分で、なんと熊本が取り上げられたようです。その内容がこれ。

出川哲朗が“電動スクーター”で行く人情すがり旅!!九州縦断!鹿児島・桜島から絶景の天草諸島を抜け熊本城を目指す爆走290キロ!2泊3日の旅



 天草諸島から熊本城を目指すロケの途中で、なんと私の友人の経営するレストランに、突然“出川”がアポなしで訪問したようです。「充電させてもらえませんか?」って。
AKASE.jpg

 店の名前は「AKASE海岸」海の見えるレストランです。

PC230313.jpg

 出川含むロケ隊30人。電動バイクを充電している2時間ほどの間に、オーナーが全員の食事を出すのはさすがに無理だったようで、十数人分を急いで調理したようです。滑舌が悪いと有名な出川との会話ではわざと、もう一度言ってもらえませんかと言ってボケをかましたとも。(しっかりそのシーンは番組で使われていました)。

 そして、近くの見所として、オーナーは長部田海床路(ながべたかいしょうろ)を紹介してました。それは海の中にある漁業用舗装道路で、干潮時に海面に現れます。その道路沿いに電柱が並んで立っており、満潮時は海の中へ電柱が続いている不思議な光景が見られます。
 ロケ隊はそこにも立ち寄り、実際に海床路を電動バイクで走って、先の方まで行っていました(普通は立入禁止)。いい雰囲気だから熊本城まで行かずにここでエンディングシーンを撮ろうとまで言っています。



 この番組、鑑定団のように熊本でも放送して欲しいと思います。でも、その予定はないんでしょうね。私は某動画サイトにアップされてるのを見ましたけど。





 このお店、私の母のお気に入りでもあります。そしてオーナーの利発で礼儀正しい娘が大好き。まさにその子は店の看板娘。私たちが食事をしていた間に、なんと3人の人が看板娘に会いに来て、贈物をしていくのを見ました。そのうちの一人はうちの母ですけど。



 うちらのお気に入りは、貝汁定食+ミックスフライ。頭まで食べられる大海老とカキフライ、クリームコロッケがついて、味もコスパも良し。特に貝汁は絶品。オーナーの奥様担当で、母が貝汁はここが一番と言います。
PC230306.jpg


 なお、この番組が放送された後、早速番組を見たという旅行者の方が食べにいらしたそうです。恐るべしTVの力。

あゝ幸せ、◯◯◯◯のフライとジェノベーゼ

 また食べ物の記事です。やはり食べることが好きです。だから痩せられない。マラソンのためには体重が60台になるのがいいのですが、今まで何度かトライしましたが成し遂げられず。


 今回は我が家から歩いて五分のところにあるイタリア料理店。お店ができてすぐからのお気に入り。


 最近家族で行って、その味に感動したのがこのフライ。何のフライでしょう。
PC010186.jpg
 実はシイタケ。シェフが言うには、普通の油で揚げているとのこと。

 パン粉が細挽き。酸味の効いたタルタルソースがシイタケのうまみと合ってるのか。

 実は家族全員年配者も含めてこのシイタケを大絶賛。あまりに美味しかったので、後日私は一人で再訪してしまいました。



 メインのスパゲッティ。ジェノベーゼは大好きなソースの一つ。小海老がプリップリ。
PC010188.jpg
 出来立てだと分かるでしょ。湯気が写ってます。


 自分で作れたらいいと思いますが、作れなくて幸せなのかも。


① ケッカ
② 前菜3種とグリーンサラダ or その日のスープ
③ スパゲッティ(3、4種より選択) or ピッツァ
④ デザート(約6、7種より選択)+ ドリンク

 このランチで1,000円ポッキリ。イタリア・アオスタで修行したシェフの料理の味はもちろんのこと、コスパも最高。




ピノッキオ(PINOCCHIO)
096-358-3332
月曜定休

秋田名物きりたんぽと創作いきなりだご

 熊本地震の被災地で何か手助けできないかと秋田から引っ越してきたご夫婦を我が家に招いて食事。出会ってから意気投合して、時々一緒に食事をしています。夫は私と同い年。

 本当は我が家主催のバーベキューの予定でしたが、夕方から雨の予報でしたし、急に寒くなったので変更。代わりに、秋田からきりたんぽが届いたので一緒に食べようとの申し出。食材などをほとんど準備してくれたのは先方。ご馳走になります。

PB230190.jpg

 きりたんぽ鍋の作り方には厳格な決まりがあって、何は入れるが何は入れないとかがあるそうです。今回はその伝統に則った調理法、らしいです。比内地鶏の出汁の効いた、身体のあったまる料理でした。美味い。


 これは焼ききりたんぽ。
PB230193.jpg




 鍋以外にお手製の塩麹バーニャカウダもありました。ホットプレートの上に、小さなフライパイン・スキレットを乗せて、そこでバーニャカウダソースを作ります。アンチョビーは入っていないけど、ニンニクの旨さがよく出た絶品ソースでした。
PB230188.jpg

 最近バーニャカウダとかアヒージョに魅かれる我が家。


 そして一見何の変哲もないような熊本名物「いきなりだご」
PB240186.jpg

 秋田からいらっしゃったその奥様創作の「いきなりだご」はなんとミカン入り!!!
PB240187.jpg
 熊本県人にはびっくりの具。熊本県人ではないのでできる荒業かも。

 恐る恐る食べると、結構おいしかったりして

大人のバーベキュー

 炭火の恋しい季節になりました。
PA300191.jpg

 我が家で先生たちを交えて、大人のバーベキュー会。

 最初は一通り通常のものを焼いていましたが、途中から網の一角で、ソース作りが始まりました。まずはアヒージョ。バーベキューで?と思いましたけど。
PA300183.jpg
 炭火で焼いたパンを浸すと、パンがオリーブ油を適度に吸い込むんですね。ビチョビチョにならなくてこりゃいい。

 一方に生クリームを入れて、バーニャカウダに変身。もう一方のアヒージョには刻みトマトを入れて進化中。
PA300184.jpg

 やがていろんなものを浸して食べ始めます。美味しくて焼き肉のたれよりいいかも。

 最後に私は冒険してアヒージョ版焼きおにぎりを試しました。もちろんバーニャカウダー版焼きおにぎりも作りました。なかなか美味しかった。
PA300189.jpg

 茄子も玉ねぎもピーマンも丸ごと焼いたほうが絶対にうまい。これホント。
PA300188.jpg