ベートーヴェン 5大ピアノ・ソナタ演奏会

P6240012.jpg
《休憩の時に客席外から撮ったもの。調律中です。ピアノの横の、大枝を使った豪華で大胆なフラワーアレンジメント、妻の目をひいただろうなあ》

 第3部最後の「熱情」は、奏者の横山幸雄氏の演奏スタイルととても合っていて、熱情的で圧巻でした。着ておられたシャツも真っ赤

P6240009.jpg

 今回は演奏会には珍しい2度の休憩をはさむ3部構成。冒頭の奏者の挨拶で、2度目の休憩の後間違って帰宅しないようにと冗談っぽく触れられるほど。

 ベートーヴェンの5大ピアノ・ソナタを、その若い時から順に演奏していくという企画。一曲20分を越えるものもあるというのに、すべて暗譜で、しかもこの奏者の特徴である強弱テンポをよく意識して演奏するというのは大変なのではないでしょうか。奏者が汗拭き拭きの演奏会でした。まさにチラシに書いてあった通り「ピアノ界の鉄人」かもしれません。


 第1部: 8番「悲愴」、14番「月光」

 第2部: 17番「テンペスト」、21番「ワルトシュタイン」

 第3部: 23番「熱情」


 今からウン十年前、当時私は中高生で、ピアノの豊かな音色に魅かれていたことがありました。エアチェックでカセットテープに録音していました。そんな中なけなしのお金で当時買ったのが、バックハウスのベートーベンのピアノソナタのLP。音質の悪い小さなプレーヤーしかありませんでしたが、何度も何度も聴きました。当時大好きだったのが「テンペスト」の第3楽章でしたねぇ。そのLPは同音源のCDにとって代わり、今回の演奏会に先立って久しぶりに聴いてみましたが、今は好みが変わったのか「ワルトシュタイン」の奥深さに魅かれたのを自分のことながら興味深く思いました。
 ですので、今回期待値が高かったのが第2部


 ところが・・・技巧的にはすごいんでしょう。でもあまりにスピードが速すぎて、渦巻くように迫ってくるドラマティックな旋律に聴き入る余裕がありません。しかも素人耳で音がほんのわずかにずれているように聞こえるところも。続くワルトシュタインの第一楽章も濁っているように聞こえます。なんでそんなに急ぐの?時間がおしてる?と勘繰り。せっかくの生演奏のピアノの音が、私の心の琴線に触れることもなく、まったく素通り。曲に入り込むことができませんでした。終了後拍手をする気も起きず、思い入れがあっただけに、期待が落胆に変わったさまは激しかったです。


 ※追記: その後、氏の「テンペスト」第3楽章の公式音源を発見。その演奏時間は4分51秒。一方、前述のバックハウスの演奏時間は6分20秒。後者は古い音源で、生に勝るものではありません。でも、約1分30秒も違う演奏時間。原因はこれ?


 前述のとおり、その後の第3部で随分盛り返しました。これには惜しみない拍手。思い入れが強くない方が幸せかもしれません。


 15時20分終了予定が、大幅に延びて15時35分終了。このあと後ろ髪を引かれながらも、アンコールを聴かず会場を後にしました。アンコールは何だったんでしょう。なぜって予約していた新幹線の時間が迫っていたからです。今回福岡市の福岡シンフォニーホールまでわざわざ聴きに行ったのです。このあと仕事が待っています。




 でも、行ったおかげで嬉しい発見がありました。音楽とまったく関係ないところでの話題というのがちと寂しいですが。
P6240008.jpg

 シンフォニーホールのあるアクロス福岡の隣のビル地下1階、ランチを食べるためにのぞいたら、なんと「京風串揚げ 本店」が目に留まりました。これは行くっきゃない。

 かつて熊本にも(フランチャイズだったそうですが)同名のお店があり、手頃な価格のランチをよく食べに行っていました。今はなきあの「喝」の本店にたまたま行けて、良かったです。
 このビルの他のテナントは、ビル入口にメニューなどの立て看板などが出ていましたが、ここは入口には店名だけで、店の真ん前まで行かないと何も情報がありません。なんとも職人気質ではないですか。しかもランチはこの一種のみ。実際ご主人も職人肌で必要なこと以外はしゃべらない風の方でした。それでもこちらからあえて話しかけて楽しく会話しましたけど。

 次にシンフォニーホールにコンサートに来る機会があったら、またここだ。

熊響 第103回定期演奏会

 書きたい記事はいくつかあれど、諸事情で書けずにいました。しかもちょっとだけ体調も崩したりして。個人的に5月って体調が悪くなることが少なからずあるような気がします。無理している部分があってそれが出てしまうのか。

 時をさかのぼる形で少しずつ記事にします。

 まずは今日の夜行ってきたのが、熊本交響楽団の定期演奏会。もうそろそろだと思い、ホームページを見たのが昨日のこと。指定席でも1,800円という破格の価格で生のオーケストラの演奏が聴けるのは、CD聴くよりはるかに感動が違うと思うのです。実は体調が回復傾向とはいえ万全ではなかったこともあり、直前まで迷いましたが、心の栄養が欲しいと思い、会場まで家族に送ってもらう形で、独り聴きに行きました。

P5140001.jpg

第103回定期演奏会
【公演日】 2017.05.14
【会場】熊本県立劇場コンサートホール
【指揮】松井慶太
【トランペット・ソロ】菊本和昭(NHK交響楽団 首席奏者)
【プログラム】
① 組曲「道化師」(カバレフスキー)
② トランペット協奏曲(アルチュニアン)
③ 交響曲第4番ヘ短調(チャイコフスキー)




 私にとっては馴染みのない曲構成。

 当日券を会場で購入しました。8列目の指定席区画を選択。いざ席に座ってみると、自分の目の高さがちょうど指揮者の譜面台の高さと同じくらいでした。オーケストラを奥まで見渡すことはできない位置。指揮者が入ってきます。背がかなり高い! しかも革靴が金属のように黒光りしています。あれくらいピカピカの革靴いいですね。


① 第2曲 ギャロップ。誰でも聞いたことがある運動会の音楽です。第7曲だったかな、きれいな調べでした。


①´ 指揮者の挨拶。


② この辺りでは生ではめったに聴けませんよ。私は独奏者の吹くトランペットの朝顔(ベル)の正面からちょっとずれた位置に座っていました。奏者の息遣いが聞こえてくるような澄んだ音色。強奏する感じは少なく抑え目か。弱音器を付けた音色との味わい深さの違いも面白い。


②´ アンコール  チャイコフスキー作曲「白鳥の湖」より‟ナポリの踊り”。


③ 個人的に第5番、第6番はよく知っているんですが、第4番は正直ほとんど聴きません。序奏のメロディーは聞き覚えがある程度。驚いたのは第3楽章。弦楽器5部がみんな弓を床に置いています。指ではじくピチカート奏法で演奏し、お互い掛け合っているのです。それがこの楽章の間中ずっと続きます。スバラシイ。最終楽章は爆奏って言葉があるかどうか知りませんが、まさに爆発的な演奏。フィナーレにふさわしく大いに盛り上がって終わりました。スッキリ。
 でも、指揮者が挨拶の時に言っていた、可能なら熊響のメンバーが最後にしてくれると言っていたのは何だったか。もしかしたら最後に皆が弓を高く掲げたこと?


③´ アンコール チャイコフスキー作曲 「くるみ割り人形」より‟グラン・パ・ド・ドゥ”。
 ハープが演奏会の最初からステージ上に出てるのに気づいていましたが、これまで演奏している様子はまったくありません。いつ使うの? ハープはこの最後のアンコールのために置いてあったのです。
 その清らかな音でアンコール曲は始まりました。するとなんと勝手に涙が出てくるんです。あっ、これこれ!私の中の楽器、心の琴線に触れるってやつです。この演奏会でまだこれが出ていなかったのに気づきました。それがついに出ました! これで心身ともに元気になれるぞ。


 アンコールとメインの曲はすべてチャイコフスキーでした。でも私はアンコールの曲名がからっきし分かりません。バレエ音楽に馴染みがないからだと思います。バレエ音楽からアンコールとして演奏されることが結構多いような気がします。でもいつもわかんない。今後の課題かもしれません(笑)。

 演奏会すべてを楽しんで、個人的に何が良かったかって、最後のアンコールでしょう。でもそこまでに至る本来のプログラムが素晴らしかったからこそ、この感動があるのだと思います。
 アンコールが一番良かったというので思い出すのが、過去記事にもある世界的指揮者ゲルギエフの熊本公演で、ピアニストの大男マツーエフが弾いたアンコール曲「トロイメライ」。そういえばチェスキーナ洋子さんが亡くなって以来、ゲルギエフは熊本に来てくれなくなりましたね。残念。


 元気なった私は、妻の“迎えに行くよ”との親切な申し出を断り、自宅まで7.7キロの夜道を歩いて帰りました。

熊響ありがとう!

 熊本地震による被害で休館していた熊本県立劇場、再開しています。
PB270190.jpg

 熊本交響楽団の第102回定期演奏会が行われたので聴きに行きました。手ごろな価格でクラシックを楽しめる素晴らしい機会です。
 なおその前の第101回定演もチケットを購入していましたが、熊本地震で県劇が使えなくなり、幻の演奏会になりました。


 今回の曲目は次の通り。

● 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(ワーグナー)より、
    第3幕への前奏曲~徒弟達の踊り~マイスタージンガーの行進

● アランフェス協奏曲(ロドリーゴ)

● 交響曲第1番(ウォルトン)

指揮:後藤龍伸    ギター独奏:福田進一



 久々の生のクラシック音楽。心に染みわたりました。演奏中感動でゾクゾクする感覚を味わい、涙が出そうになりました。この感覚は久しぶりに感じるもので、今までいかにこの手の刺激が欠乏していたのかというのが分かりました。ほんと長らく忘れていた、眠っていた感覚を思い出しました。

 劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は第一幕への前奏曲をよく耳にしますが、今回は第三幕への前奏曲から。この部分、実は初めて聴きました。あの有名なフレーズが、途中楽器で受け継がれていたのにやっと気づきました。最後は全楽器による強奏で有名フレーズが登場。生で聴くことにより、より一層体を走るゾクゾク感を味わいました。今回はクラシックコンサートは初めてという先生のお一人と聴きに行ったのですが、似た感覚を味わっていたよう。この曲は高揚感、やるぞという感情を高めるのにいいですね。第一幕への前奏曲、マラソンの前に聴こうかな。

 ランフェス協奏曲も生で聴くのは初めて。最初ギターの音量がオーケストラの音量に負ける感を感じましたが、高速の手さばきと美しく力のあるギターの音色にいつしか引き込まれました。第二楽章では情熱的でありながら哀愁に満ちた有名メロディーに、感動のあまり涙が出そうになりました。これは生で聴けて良かったと実感。これまでCDで聴いていた曲は一体何だったのか。
 ※アンコールでギター独奏がありましたが、曲名は不明。

 ォルトンの交響曲第1番、正直まったく知らず、予習するひまもなしで向き合いました。ティンパニが大活躍し、金管がよく鳴っている曲という印象。楽章の最終部分で短い休止が何度か入るのは新鮮でした。
 作曲家は第四楽章がなかなか作れず、初演は第三楽章までだったと資料で読みました。第ニ楽章までは、現代音楽によくありがちな聴き慣れない和音が出てきて、金管による音量は大きめで華々しいけれど全体的に暗い感じ。その後の穏やかな中にも陰鬱度が増す第三楽章で終わっていたら、私には耐えられなかったでしょう。それとは対照的に、第四楽章は非常に整ったように聴こえる音楽で、これで救われた感じがしました。
 隣に座っていた見知らぬ男性は、第三楽章と第四楽章の前半のあたりで、徐々に真っ直ぐ座っていることも不能に。こちらにもたれ掛かるなよと思いながら、曲を聴いていました。でも、まあ、わかる気もします。
 ティンパニの女性奏者の方が出す、マレット(ばち)が折れるのではないかと思うような迫力ある音が非常に印象的でした。そのほかのドラやシンバル、もう一台のティンパニはいつ出番が来るのだろうかとかなり気になっていましたが、第四楽章で大いに活躍する場があり、安堵しました。
 指揮者も演奏者も、楽章間で流れる汗を拭わねばならないほど、とても力の要る曲だとわかりました。そんなものすごい曲を生で聴けて、オーケストラに感謝です。ただ、他の曲は印象に残るフレーズがあるのに、この曲に関しては皆無。聴き込みが足りないようです。


 ンコールは、チャイコフスキーの「アンダンテカンタービレ」。私はなぜか「えいこーらー」の歌だと思いました(笑)。
 この曲、弦楽器以外はすべてお休み。弦楽四重奏ですから。でも、ウォルトンの交響曲の後なので分かる気がします。
 しっとりと演奏され、前の交響曲から引き継いでいた高温の熱気がこれでかなり冷まされて、やっと心落ち着いて帰ることができると思いました。一服の清涼剤。

 熊響ありがとう! めざめました!

コンサートツアー2016 〜 LOVE 〜

 この美人は誰だ?

P6260007.jpg

 平原綾香


 しかもこれって、コンサートのステージっぽくない?


 そうなんです。彼女のコンサートの中のあるコーナーの間だけ、動画はダメだったんですが、平原綾香さん(ファンはあーやというらしい)ご自身から許可が出て、撮影できたのです。しかもSNSなどで掲載拡散OKとまでご本人に言われて、その通りに私もしてしまっているわけです。こんな一部撮影OKのコンサートは初めてで、スマホなどみなが持っている昨今、宣伝のために逆に利用するのは賢いのではないでしょうか。

 ほんと美人ですわ。

P6260002.jpg


 6月26日(日曜)の福岡市民会館でのコンサートに行ってきました。しかもすぐ上の写真から分かるように、中央に近い前から3列目の特等席のチケット。このあたりはファンクラブ会員専用の席です。実は、福岡在住のとあるファンクラブ会員氏から一緒にどう?とお誘いをいただき、初めて私たち夫婦の分もとってもらったのです。彼女のコンサート、いつかは行ってみたいと思っており、今回初参加となったわけです。

 本当は前日土曜日に熊本でコンサートがある予定でした。でも、地震で会場が使用不能になり中止になったようです。彼女はコンサートのあいだ中何度も熊本地震のことに触れていました。

 聴衆の年齢層は、もちろん若い人もいらっしゃいますが、全体的には結構高めかもしれません。それでも座ってじっと耳を傾けるばかりではなく、立ち上がって踊ったり掛け声をかけたりする歌もあり、福岡はなかなか乗りが良かったようです。彼女のボイスパーカッションを目の前で聴くこともできました。アンコール3曲を含む2時間20分ほどのコンサート全体をとても楽しむことができました。

 事前にファンクラブ会員氏から渡されていた音源を使っての“予習”は不十分でしたが、知っている曲、例えばNHK朝ドラのメインテーマ「おひさま~大切なあなたへ」や、その次の「ダーウィンが来た」で使われている「スマイルスマイル」を生で聞けたのは良かったです。特に「おひさま」は、これコンサートで聞けたらいいねと事前に夫婦で話していた曲で、たくさん曲がある中、どんピシャリで今回出てきました。

 ただ欲を言えば、個人的には彼女の澄んだ美声を堪能したかったのですが、その機会が少なかったかなと思います。今回はバンドスタイルのコンサート。バンドスタイルは歌以外の音が大きくて、コンサート慣れしていない私の耳が慣れるのに時間がかかりました。数メートル前で歌っている彼女の声が、前方からではなく右の方のスピーカーからバンドの音と混ざって大音響で聞こえてきたことに、最初かい離感を感じて、純粋にのめり込めませんでした。会場の音響特性のせいでもあるのでしょうか? そんな気持ちがあったので、知らない曲のときには、ベースやドラムが目の前奥だったこともあり、どちらかというと歌より大きい音に聞こえた彼らの技巧的な演奏に関心が向いてしまい、ドラムやれたらかっこいいなと思ったり・・・。特等席に座っているのに、こんな違った聴き方をしているのは怒られそうですね。

 それでも彼女は時折ステージ上で私の座っている目の前まで来てくれて、何かドキドキ。あのテレビでしか見られない美人で美声の歌手が、間近にすぐ目の前にいるんですから。



 そんななかで、コンサートに来た甲斐があったなと思わせられたのが、感涙ものの二曲。

 一つはあの「優しい時間」というドラマのテーマ曲「明日」。ステージ中央の階段に座って、ギター伴奏で歌う彼女の声とその仕草は情感にあふれ、歌詞にぴったりで、私の心の琴線に大いに触れました。自分にとっての今回の一番。あとでCD版を改めて聞いたのですが、若さを感じてしまい、コンサートの方が人間的にもより深まって歌っていると感じました。

 もうひとつは、アンコールで歌われた「わせねでや」(忘れないでね、という意味)という曲。東北の震災に関連した歌ということも、加藤登紀子さんが歌っているということもまったく知りませんでした。心を揺さぶるピアノ伴奏が曲を盛り上げ、比較的シンプルな旋律でありながら、彼女独特の美声に乗って届く歌詞が、ビンビン心に響いてきました。熊本の震災もあったためか、涙が出そうに。

 やはり多才な彼女の歌声はすばらしい!自分としては彼女の声の魅力がストレートに届く曲構成をもっと望みますが、とても楽しめました。10月にあるアコースティック版もおもしろそう。



 

死ぬときに後悔すること

 身近な親の死などいろんな死に遭遇することが多くなって、最近、生と死に関するいろいろな情報を集めるようになりました。酒を酌み交わす同級生が生死に関わる重い病気になったことや、自分自身も体力の衰えや老化を如実に感じるようになったのもあるかもしれません。

 反面教師のような形でも良い。多くの人々の経験を通して導き出せる人間の本質についてもっと知りたい。その点で、下記の本は非常に興味深いものでした。

「死ぬときに後悔すること25」 大津秀一著

 著者は、1000人を超える末期患者と正面から向き合い、その死を見届けた緩和医療専門医。それぞれの患者が吐露した“やり残したこと”を25に集約してあります。人が何を後悔して死んでいくのかよく理解できます。共感する部分も多々あり。難しい内容はなく、さくさく読めます。

1.健康を大切にしなかったこと
2.たばこを止めなかったこと
3.生前の意思を示さなかったこと
4.治療の意味を見失ってしまったこと
5.自分のやりたいことをやらなかったこと
6.夢をかなえられなかったこと
7.悪事に手を染めたこと
8.感情に振り回された一生を過ごしたこと
9.他人に優しくしなかったこと
10.自分が一番と信じて疑わなかったこと
11.遺産をどうするかを決めなかったこと
12.自分の葬儀を考えなかったこと
13.故郷に帰らなかったこと
14.美味しいものを食べておかなかったこと
15.仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
16.行きたい場所に旅行しなかったこと
17.会いたい人に会っておかなかったこと
18.記憶に残る恋愛をしなかったこと
19.結婚をしなかったこと
20.子供を育てなかったこと
21.子供を結婚させなかったこと
22.自分の生きた証を残さなかったこと
23.生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24.神仏の教えを知らなかったこと
25.愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

 人間は自分にいずれ死が訪れることを考えることができない生き物のようです。でもそこを意識するようになると、生き方をより充実させられると思います。