鶏(にわとり)の画家

 久しぶりに日中ゆっくりできる日ができたので、自宅から徒歩で県立美術館に「若冲と京の美術」展を見に行くことにしました。

 チケットを持っていないので、前売券をゲットすべくプレイガイドへ。もう展覧会は始まっているのに、前売券(千円が800円に)がまだ買えるのです。



 熊本地震で被害を受けた熊本城の中を通ります。


 一本足の戌亥櫓(いぬいやぐら)。
PA130031.jpg
 以前より近づいて見られるようになっていました。解説板もあり、復興見学ルートとして整備されてきているようです。


 ちなみに、北十八間櫓もこんなふうに解説付き。
PA130022.jpg

 崩れ落ちた石垣の石に番号を振って、仮置きしてあります。
PA130024.jpg
 これがあるべき位置に戻されるのはいつになるでしょう。気の遠くなるような作業です。



 県立美術館本館まで8キロ近く歩きました。



 実は伊藤若冲のこの雄鶏を生で見たかったのです。ちなみに前期と後期で一部の作品が入れ替えられます。この作品はその対象。ですから、「雪中雄鶏図」をここ熊本で見るためには10月22日までに行かねばなりません。
jakuchu.jpg

 絵に詳しくはありませんが、一言で言うなら鶏(にわとり)の画家だと思いました。
 ※ こちらのブログに、その雄鶏の大きな画像があります。http://blog.goo.ne.jp/mo_ri2200/e/0c58e842942a177b43d078c64bddaeb4


 私がどんなに説明したところで実際に見るのに勝るものはありません。雄鶏の首から下の羽毛の柄や濃淡が緻密なこと。子どものころ鶏を飼っていた記憶が甦り、その体温を感じてしまいました。よくもまあ人間業でできるもんだと感心することひとしきり。

 墨絵の「花鳥図押絵貼屏風」にも感動。色が付いていないのに墨の濃淡で表現されてる鶏が秀逸。雄鶏が片足をあげているのは実際の場面を切り取ったかのよう。観察眼の鋭い方だったんでしょう。鶏以外にもカラスっぽい鳥やオシドリの描き方にも唸りました。墨の線でシンプルなのに特徴をよく捉えていると。

 見終わった後、売店で額入りの色紙サイズの雄鶏図を買いたかったほど。徒歩なので諦めましたけど。あとで買いに行くかもしれません(笑)。たぶんどこに飾るのと言われますけど。



 熊本城の工事風景。
PA130040.jpg

 帰りは城彩苑にだけ寄って真っすぐ帰宅。城彩苑では陣太鼓ソフトクリームを食べて休憩。

 帰りに歩いた距離は6キロ強。今日は適度な日差しがあり、汗びっしょりになりました。




 でも、それで終わりませんでした・・・。何か物足りない。何がって体を動かすのが、です。合計14キロも歩いているのに。帰宅後ジョギングに出かけてしまいました。キロ7分30秒程度のスローペースジョグ。息も上がらず楽。時間があればもっと走ることができたと感じました。

 結局11キロ走って、徒歩とジョグの合計は25キロになりました。20キロ超えたのって久しぶり。

 


この人々は誰?


P7170051.jpg

P7170053.jpg

P7170052.jpg

P7170050.jpg

 人物がこちらを見つめる目線で撮影したつもりだったんですが、最後の男性はちょっとずれてしまいました。惜しい。


 実は彼らはクロマニョン人(フランスのクロマニョンという場所の岩陰で、人骨化石が見つかったことによる)。この人々は我々と同じ人類です。芸術を理解する心があります。



 楽しみにしていた「ラスコー展」(太宰府・九州国立博物館)に行ってきました。現在の歴史教科書(熊本市で使っているもの)にも、その壁画が載せられている有名な洞窟です。
P7170055.jpg
 個人的には、近年の展示会の中で最も面白かったものの一つになりました。

 上の人物たちの全体像はこちら(エリザベット・デネス作)。
8O0A0455.jpg
 誰も彼らに会ったことがないので、その姿は出土品などから推測するしかないのでしょうが。


 なお、ロゴの入った画像は「九州国立博物館」から提供をうけたものです。入っていないものは?そう、自分で撮影したものです。会場の中には、フラッシュを使わない限り自由に撮影してよい区画があったのです。こんな展示会、これまでなかったように思います。SNSが発達した現代、宣伝にもなり、なかなか良いアイデアだと思います。歌手のコンサートでも撮影OKの時間がわざわざあるくらいですから。

 一番最初の画像、指をさす女性の参考になったものがこれ。
8O0A0453.jpg
 頭飾りが同じですよね。









 次の記事では、ラスコー洞窟の壁画を紹介。

ラスコー洞窟の壁画

 この展覧会には当然壁画が来ていました。もちろん精密な実物大のレプリカです。この区画も撮影OKでした。


●身廊の壁画③ 大きな黒い牝ウシ
8O0A0401.jpg
 一定間隔でライトが点いたり消えたりし、壁画の一部(2枚だけ)は輪郭線が浮かび上がるようになっていました。思わず歓声が上がっていましたね。
8O0A0408.jpg



●身廊の壁画① 褐色のバイソン、ヤギの列、ウマの列
P7170010.jpg
P7170013.jpg

 輪郭線が青色に光ったのはこの2枚だけでした。


●身廊の壁画② 泳ぐシカ
P7170015.jpg

●身廊の壁画④ 背中合わせのバイソン
P7170039.jpg

●井戸の場面 腸のはみ出たバイソンがトリの頭をした男(トリ人間?)を突き倒しています。
P7170032.jpg
下にはトリの形をした投槍器?があり、左はお尻だけしか写っていませんがケサイがいます。


 これらの壁画のレプリカ(ラスコー3という)は通路の両側に置かれ、さながら洞窟の中を歩いて見てまわっているような感じです。


 では、どのようにして「ラスコー3」は作られたか?
8O0A0360.jpg
 上の画像にあるように、実際の壁面を精密に三次元計測するなどして、寸分たがわぬものが作られたようです。


 ラスコー3があるなら、ラスコー1や2もある?
8O0A0365.jpg
 あります。ラスコー1は実物(今は立ち入りを認められていません)、ラスコー2は、ラスコー1のそばに手作業で洞窟の一部を再現した空間(観光客向け)です。
 そして現在はラスコー4まであるようです。


 これがラスコー洞窟の全容。
8O0A0376.jpg
 複雑な形をした洞窟で、一部は這って進まなければならないところもあります。

 実物の10分の1の模型がいくつもあり、中をのぞけるようになっていました。
8O0A0461.jpg






クロマニョン人が当時見ていた動物たちの化石などを展示するブース。ここは撮影OKでした。多くの人が撮影しているでしょ?
P7170049.jpg
 ウシやウマもいますが、この時代は野生のものですからねえ。今のとは違ってたくましい。

 
 オオツノジカの頭骨は立派でしたねえ。
P7170048.jpg
 このシカにクロマニョン人が出会ったのかどうか分かりません。どちらかというとトナカイをよく狩猟して、すべての部位を利用していたようです。


 マンモスの牙にさわってみようというコーナーもありました。
8O0A0432.jpg
 私は断面部分に興味があったりして。こんなところ撮影する人少ないでしょうね。
P7170043.jpg


 ケサイの頭骨。かっこいいですよ。
P7170046.jpg





 この展示会でさらに感心したのは、どうやって打製石器や骨製道具を作り出したか、です。詳細なビデオ付きの制作過程の説明がありました。
 その中で特に興味深かったのが、骨で作った縫い針、きちんと糸を通す穴まで開いている針の製造過程。ビデオに目がくぎ付けになりました。
 また、大きな月桂樹葉形尖頭器の美しさと薄さに感動。芸術品のようでした。




 クロマニョン人、よくある猿人や原始人のイメージで見るのは大間違いです。現代人と同じ芸術性をもった人間です。そんな昔の人々の生活を垣間見ることができて知的好奇心が満たされました。





お得情報

 車で行って長時間の渋滞に巻き込まれた経験があるので、独りで行くときには、実家の最寄り駅から西鉄を利用して太宰府まで行きます。そういう場合お得なのが、西鉄の各駅で発売されている「九州国立博物館きっぷ」
P7170008.jpg
 往復乗車券と博物館観覧券(特別展常設展とも)が合わさっています。これがなぜ良いか? 博物館観覧券が前売券より安い。今回は1,300円で観覧できたことになります。
 そして、ささやかながら、二枚の絵ハガキと太宰府クーポンも付いていました。


太宰府は梅の咲き始め - 「 宗像・沖ノ島と大和朝廷」展

 大宰府は梅が咲き始めていました。
P1310009_20170201235720c31.jpg

 「宗像(むなかた)・沖ノ島と大和朝廷」展を九州国立博物館に見に行きました。
 
P1310007.jpg

 平日の火曜日に行きましたが、今回は以前のように列に並ぶこともなくスムーズに観覧できました。

 ※以下の画像は九州国立博物館から提供していただきました。

第1章 歴史をつなぐ海
沖ノ島祭祀の舞台であり、東アジア交流の窓口となった筑紫(つくし)の海。沖ノ島祭祀を担った宗像君(むなかたのきみ)をはじめとした筑紫の人々は、九州沿岸を基点に大和・筑紫・韓国(からくに)で躍動しました。その躍動の歴史は、『古事記』・『日本書紀』に記録されるだけでなく、発掘調査によっても明らかとなりつつあります。本章では、往時の海上航路をたどりながら、宗像君・筑紫君(つくしのきみ)等をはじめとした豪族の姿を紹介します。



 個人的に改めて興味深く思ったのは、熊本県の宇土半島でしか産出されない馬門石(まかどいし、別名「阿蘇ピンク石」)で、巨大で重い石棺を作り、大和まで長い距離を運んでいたことでした。九州西岸から出土する土器に共通のS字模様が見られるのは、熊本にも「肥の君」という権力者がいて、筑紫や宗像の君とつながりがあったらしく、そんな移動も可能だったよう。

 豪族が所有していた船を模した埴輪。波を切り裂く大きな板が目立ちますね。座っている人は当時の身分の高い人物。座っている=身分が高い、をあらわしているようです。
8O0A9939.jpg

 南西諸島で採取されたイモガイの文様と光沢が、馬具や腕輪などの素材として、古代の人々を魅了したようです。 実際に触ることのできたイモガイは大きさに比べずしりと重かったです。
8O0A9960.jpg

 私の地元熊本・氷川町の古墳からの出土品が多数展示してあって、ちょっと嬉しい気分。



第2章 神話の風景
沖ノ島祭祀が成立した古墳時代。人々は、清らかな水辺や村の中で「八百万乃神やおよろずのかみ」に祈りを捧げていました。また、古墳に死者を埋葬する際には、墓室に宝物や食料を納め、墳丘に常世の姿を模した埴輪をならべていました。これらの神まつりや古墳祭祀の風景は、日本最古の歴史書である『古事記』・『日本書紀』の記述に散りばめられるだけでなく、発掘調査で発見される祭祀の痕跡や古墳からも垣間見えます。『古事記』・『日本書紀』に記された世界と日本各地の出土品を照らし合わせたとき、日本古来の神まつりの姿が浮かび上がります。



 日本の神話と出土品から学びます。ここに展示されていた「ミニチュア土製品」の中のものに目が釘付け。四つ足のずんぐりコロッとしたものは、私が大好きなカメではなかろうか、と。(八女市の南中学校庭遺跡というところからの出土だそうです)
8O0A9980.jpg

 日本書紀に記されている埴輪を作り始めた理由が興味深かったです。天皇の死後、従者の殉死をやめるため。
8O0A9986.jpg
 のちほど売店で立ち読みした本では、その意見に否定的でした。諸説入り乱れているとか。

 笑ってますよ。
8O0A0057.jpg




第3章 神宿る島の源
大和から遠く離れた絶海の孤島・沖ノ島で行われた神まつり。沖ノ島祭祀遺跡で発見された約8万点の国宝には、三角縁神獣鏡・金製指輪・金銅製龍頭をはじめとした希少な宝物が数多く含まれています。 これほどの宝物を奉納した祭祀遺跡は、他に例がなく、大和朝廷が行った国家祭祀の中でも、沖ノ島祭祀がとくに重要な役割を担っていたことを物語っています。本章では、沖ノ島、大和、韓国の祭祀遺跡や古墳の出土品を比較しながら、神宿る島の源に迫ります。


 大和と沖ノ島、韓国(からくに)で出土したものの比較を興味深く思いました。

 ここから国宝がズラリ(沖ノ島出土のものの国宝数の多さにびっくり)。有名な三角縁神獣鏡。でもこれは重要文化財の大和のほうかな?
8O0A0067.jpg

 これはよくわかる資料。金製指輪の比較。沖ノ島、大和、韓国(からくに)で模様が似てます。
8O0A0039.jpg

 これは沖ノ島で見つかった金製指輪(国宝)の大きい画像。
8O0A0103.jpg
 金製指輪の展示はものすごく厳重でした(笑)。盗難防止でしょうね。

 機織のミニチュアまで見つかっています。よくできていました。
8O0A0008.jpg


 自分の住んでいる九州地方の古代史、興味深かったです。



 見終わってなぜか売店で買ってしまったものはこの粘土。1個320円。
P1310008_201702020137480c8.jpg

 (そんな時間ないのに)粘土細工をしてみたくなりました(笑)。自分が使わないなら、知り合いの美術の先生へのプレゼントにしようかと。

京都 心揺さぶられる滝の美

 北野白梅町で嵐電を降り、すぐさま路線バスに乗りました。バスはすし詰め。乗ったはいいが、料金を払うために前ドアまで行けない外国人は、とうとう後ろのドアから降りてしまいました。タダ乗りやん。バスの運転手もこの状態だと何も言えません。すし詰めは金閣寺前までのこと。私たちはもっと先まで行きます。そして「大徳寺前」で下車。

 この旅行の直前まで「大徳寺」なるものを知りませんでした。実際に来てみて、大徳寺とは広大な敷地を持ち、その中になんとか院という名前のたくさんのお寺が集まっている集合体だと理解しました。歴史上の有名人の墓所も多くあるようです。予習不足ですね。

PC040265.jpg
≪門前の民家の玄関に掛けられた暖簾。なかなかお洒落≫



 そして向かったのが「聚光院」(じゅこういん)
PC040284.jpg
 「創建450年記念特別公開」が今年の3月から来年の3月まで1年間限定で行われているのです。

 何の特別公開?

● 博物館から里帰りした襖絵を、実際に部屋に組み込んだ形で見られるというもの。それは国宝「花鳥図」(狩野永徳 筆)などの作品。

● それともう一つ、初公開の襖絵「滝」(千住博 筆)


 ただ、これを見るには予約優先です。しかし、この展示自体の存在を私が知ったのが、京都行きの前日だったので、予約なんてとっくに締め切られていました。あとは当日行って空きがあるならば、その場で予約して、いわば飛び込みのようにして鑑賞できます。しかも入られたとしても2,000円「も」必要。

 そんなハードルが高い特別公開を見ることを勧めてくれたのは、かかりつけ医でした。実は私は京都に行く前に体調を崩し、結婚式があるので何とかして欲しい、とそのクリニックに駆け込んだのです。その際、京都に行くなら、今しか見られないこれをぜひ見たらいい、と強く勧められました。ちょうど患者が途切れた時間帯だったため、博物館美術館好きの医師は、タブレットで「滝」の写真を私に見せてくれたり、院内に飾られている絵のところに私を連れて行って解説したりしてくれました(笑)。その医師のそれまで知らなかった意外な一面を見ました。




【飛び込み予約】
 果たして受付に行くと、受付スタッフは予約用紙をめくりながら、今日は3時40分からなら可能ですとおっしゃいました。見られる見られないはすべて彼女にかかっています。しかし、1名のみと付け加えられました。そう最後の一枠だったのです。

 「一名しか入れないだって・・・。ごめん!。俺に行かせて!」

 ここに行くのはもとは私から言い出したこと。快く妻は譲ってくれました。ここから先は別行動。妻は自分がもっと関心のある祇園へ行くことになりました。


PC040271.jpg
 さて、入場まであと2時間もあります。私たちはお昼を食べていなかったので、門前のお店で妻と共に遅いランチ。その後門前のお店をしばし一緒にぶらぶら。雪虫が飛んでいる!とは妻。これが雪虫か、もう雪の降る時期が近づいているのでしょうか。そうこうするうちに曇った空からついに涙が落ちてきました



【いざ鑑賞】
 3時30分に聚光院の受付に行くと、雨は本格的に降り始めました。予約者がどんどん集まってきます。一方、予約なしでやってきた人は断られています。断られた人を何人見たことか。

 2,000円支払い、パンフレットと黄色い札をもらいました。「百積庭」が見える建物に入った時から、撮影禁止。ここで靴を脱ぎます。庭に入ることも禁止されています。その表示もありますが、ここで初めて関守石の実物を見ました。関守石については、中学生用教材で読んで知っていましたが、実物を見るのは初めて。文字通り通せんぼするのではなく、この石から先は立ち入るべからずと無言で示すもの。いかにも日本的なものであり、個人的には自宅にでも置いておきたいもの。風流を解する人にしか気づいてもらえませんが。

 靴を脱いで上がった建物で荷物をすべて預けます。解説をメモするためのペンなども持ち込み不可でした。国宝に万一のことがあったらいけないからでしょう。

 これから40分ほどの見学です。荷物預けの場所にトイレがあるので、済ましておくことをお勧めします。ガイドが一人、グループの最後について来て見終わった部屋の扉を閉める人が一人付きます。



【国宝が眼の前に】
 まずは百積庭に面した縁側に、庭に向かって皆一列に腰かけます。庭園の垣根を超えたところに、千利休の墓所があるようですが、そこを見ることはできません。庭についての解説を聞きます。

 次に手前から各部屋の襖絵を見ていきます。その絵についての説明を非常に興味深く思いました。

 照明の限られた部屋の中の「国宝」は、雨の降る薄暗い空と同じように薄暗くくすんでいました。晴れた日に来たなら、見え方がずいぶん違っていたかもしれません。しかし、その配置の妙は非常に興味をそそられるものでした。最初に見た「瀟湘八景図」では、その左奥に山が描かれていました。その左隣の部屋にある「花鳥図」では、右奥(前の部屋の山のあった位置)から雪解け水が流れ込み、さらには中央の「蓮池藻魚図」にも流れているのです。その連続性と四季が描き分けられていることにうならされました。さらに襖絵を本来あるべき位置にはめ込んだ時に、セキレイ同士が空間を隔てて視線を合わせる様は、博物館の平面展示では決してわからないものでした。

 国宝襖絵46面を見た後は、ふたつの重要文化財の茶室を実際に見ながらの解説を聞きます。茶室横の縁側(廊下)は、建物側の半分が重文、庭側のもう半分がそうでないとの説明も面白かったです。板目の重文とそうでない部分をまたいで歩くことができます(笑)。

 そして最後に、そう最後に、私が一番楽しみにしていた千住博の大作「滝」を見ることができます。




【ついに滝が出現】
 目の前に広がった鮮烈な青の背景の中で落下する白い滝は、本物の滝のようであり、聚光院の静寂の中で、その水音が響きわたるかのようでした。ネット上で見られる画像より、青はもっとヴィヴィッドな青。これにはいたく心を動かされました。食い入るように滝を鑑賞します。他の拝観者が部屋を出はじめた後もできるだけその場に居たいと思うほどであり、実際に可能な限りそうしてしまいました。名残惜しくその場を後にしました。




【結論】
 2,000円、高いと見る向きもあるでしょう。私も最初はそう思いました。でも今は十分その価値はあると断言できます。ここに千住博画伯筆の滝の画像をあげられないのは残念ですが、興味のある方は下のリンクからぜひご覧ください。実物は思わず驚嘆の声が出るほど出来栄えです。感動間違いなし。近くに住んでいれば、一連の作品をもう一度2,000円払ってでも見たい・・・。今回の京都観光で最高の思い出になりました。




大徳寺 聚光院
創建450年記念特別公開
2016年3月1日~2017年3月26日


★千住博 筆「滝」のきれいで大きな画像を見ることのできるサイト
 INTOJAPAN

★動画も見ることができるJRのサイト。
 「そうだ 京都は、今だ。」

★拝観予約サイト
 京都春秋 ※終了しました

※ 予約について、次の方法があります。
◯上記サイトでのインターネット予約。拝観希望日の5日前締切。
◯拝観希望日の朝早くに現地受付に出向く。朝のうちに当日分の予約は埋まってしまうことが多いそうです。
◯希望日の前日に現地受付に出向き、翌日分の予約を取る。
◯当日受付でキャンセルが出るのを辛抱強く待つw。