あの恐怖は決して忘れない

 今年初めて蝉の声に気づいた梅雨の晴れ間。

 熊本市内の公共施設にて。工事が始まるようです。何の?

 熊本地震の被害箇所の。

 あれから2年2か月経ってやっと。
IMG_1337.jpg


 ここはよく利用するんですが、今回は人が入らないように緑の柵が設置してあり、そのせいで地面の凹凸や傾斜がよりはっきりと可視化されたようです。今の今まで被害跡が残っていたことに正直驚きを隠せませんでした。
IMG_1340.jpg


 大阪北部地震も起き、最近は大地震がほかにも来ると予想されています。
IMG_1341.jpg

 あの恐怖は決して忘れない。

熊本地震 きょう2年

 最大震度7の激震が2度襲った熊本地震から丸2年経ちました。




 自宅近くの公共施設では、いまだに修理されずに爪痕が残っています。
IMG_0697.jpg


 本日雨模様の熊本城。天守閣再建中。
IMG_0761.jpg



 ※以下、野焼き支援ボランティアで阿蘇に行った帰りに撮影してきたもの。昨日撮って来たばかり。

P4130305.jpg


 地震によって起きた大規模な山崩れ跡(長さ約700m、幅約200m)。
P4130306.jpg


 この山崩れの先にあった「阿蘇大橋」は、断層が動き、地盤がずれたことで崩落しました。



 その下流にあった長陽大橋は、橋が崩落することは無かったものの、橋台や取りつく道路が大被害を受け、地震から一年四ヶ月後の昨年8月にやっと復旧。それまで阿蘇に行くには大きく迂回させられていました。渋滞もひどかったです。イライラさせられました。

 「渋滞に並ぶあなたも被災者」という標語が、別の迂回路に設置されてましたね。

P4130311.jpg


 崩落した阿蘇大橋、元の場所に架けることは不可能で、600m下流に架け直し工事の真っ最中。
P4130317.jpg


 長陽大橋の真下、白川と黒川の合流点。ここでも崩落が見えます。
P4130324.jpg


 南阿蘇鉄道の第一白川橋梁。水面からの高さと景観で観光名所となっていましたが、架け替えが必要か。
P4130325.jpg


 立野地区の山の斜面。
P4130329.jpg



 仮住まいは今も3万8000人。生活再建、インフラ復旧 道半ばです。

12月30日、最後のがんもどき

  寂しいねえ。熊本地震では、液状化による地盤沈下というものすごい被害を受けておられました。でも、見事に復活なさっていたんだけれども。

IMG_0253.jpg

 ご主人が体に鞭打って働いておられて痛々しかったもんな。

 惜しむ人も多いらしく、閉店すると分かってから、アゲを30枚いっぺんに買っていく人もいたよう。



 12月30日、最後のがんもどき(ひろす)を買ってきました。これからはもう食べられないのです。
IMG_4748.jpg

 うちのなじみの店でした。なかなかおいしかったんだけどな。


 近見1丁目、赤星とうふ店。

ココロとCOCORO

 熊本市電に乗る機会がありました。

 電停で待っていたら、たまたまやって来たのがこの電車。0801AB超低床電車。
PB210191.jpg

 市電の最近の話題といえば車内アナウンス。11月1日から期間限定で、熊本市出身のコロッケのものまねアナウンスが聞けるようになりました。熊本地震の被災地に元気を与え、観光客に熊本を楽しんでほしいということで、コロッケが音声を無償提供したそうです。そのココロがうれしいですね。

 主要電停の案内に、志村けんや武田鉄矢などが登場し、例えば終点の健軍町の前では、淡谷のり子が「終点ですよ。ちゃんと降りるのよ」と言います。実はそのアナウンスを聞きたかったのもあって、いつもは車を利用するところを、あえて路面電車を利用したのです。全線均一料金170円。
※ コロッケによるアナウンスの詳細はこちら



 帰りは、どうせ乗るならということで、0803AB「COCORO」を待って乗りました。水戸岡鋭治デザイン。

 行きにすれ違った車両を覚えていて、次かその次あたりに来るはずとの計算で待っていたら、どんぴしゃり登場。でもネットで調べれば、COCOROの時刻表が公開されているんですね。
PB210193.jpg

PB210194.jpg

 お洒落で、木のぬくもりが感じられます
PB210195.jpg

 対面式座席にはテーブル付き、ついでに鏡も?
PB210197.jpg

PB210200.jpg

 一番の感動は、開放感でしょうか。その理由は窓の大きさにあると思いました。天井近くまで窓があります。
PB210201.jpg
 照明もいい雰囲気を出しています。

修理完了

お友達の家の修理がやっと終わりました。その家は熊本地震で大きな被害を受けていた家。

今日は最後の仕上げに職人さんが一人だけいらっしゃっていました。
PB210189.jpg

この職人さんたち、長い人だと数か月の間自らの仕事も投げうって他県からかけつけ、ボランティアをなさっています。

そう、自らの手間賃は一切受け取らないボランティア。


本当に頭が下がります。