ランニング再開

 熊本城マラソンが終わってからすっかり走らなくなりました。走ったのはわずか3回。体重も少し増えました。

 5月に40キロウォーキングに出る予定なので、これではいけないということで4日前にウォーキングから再開。二日間それぞれ10キロ、12キロと歩き、2日前から10キロを走り始めました。走り始めた日の最初の1,2キロは、体に重りでも付いているかのように、体が前に進みません。その後少しずつ軽くなってきました。とにかく今の時期は急がずゆっくりと走ります。



 コース脇の河川敷では牧草刈りが始まっていました。これまた模様の面白いこと。
P4300004.jpg

 河川敷に‟複葉機”が。
P4300009.jpg
 いえ、レーキという刈り取った牧草を列(ウィンドロウ)にする機械。



 熊本地震により堤防に不具合が生じ、工事中で長らく堤防上を走ることができませんでした。それも走るのから離れていた遠因かも知れません。
 しかしやっと復旧工事も終わり、以前より道幅が広くなった舗装路で快適に走ることができるようになっていました。
P4300016.jpg

 日が随分長くなりました。熊本では18時50分過ぎが日の入りです。

 コース脇の民家では、巨大なクリの木(2階の屋根を超える高さ)が花を咲かせていました。その独特の匂いが堤防を走る私にも届きます。今年もこの季節が巡ってきたんですね。

 

 この日10キロ 1時間15分 7´30"/㎞  4日間で42キロ。

熊本城マラソン2017 完走記

熊本城マラソン、無事に完走できました。


今回のマラソンは何としても出たかった大会でした。
大地震によって一時は開催が危ぶまれた大会。
熊本地震で大被害を受けた熊本城を背に出発し、そのお城に戻ってくる特別な大会です。
ただ、抽選で当選したものの、どんなスタンスで臨むかとても迷いました。


実は当選後、このブログの過去記事を見たNHK「ランスマ」の担当ディレクターから直接連絡があり、番組企画書までいただいて、取材をするかもというお話がありました。
その際いろいろとマラソンに関する心境や思いを尋ねられたのですが、自分の意志が固まっておらず、うまく答えられませんでした。
結局は取材対象からは外れたようですが、そんな意志が固まらない状態がマラソン直前まで続きました。


でもまずは先月、かねてより構想を温めていたふざけたTシャツを作りました。
この時点でちょっとゆる~く走るつもりだったんでしょう。
でも、大会が近づくにつれ心境が変化し、数日前に意志が固まりました。
ちょうど1年前の北九州マラソンで出した自己最高記録の更新を狙う、です。
練習量が史上最低量なのに、です。


前日の受付には、目標タイムを表示して撮影するブースがありますが、なんとなんと「4時間30分」をぶち上げました。
でも本心はサブ5(5時間切り)あるいは自己記録更新(4時間50分以内)。


それで、今回はカメラを持たずに走ります。
以下の画像はすべて、応援のために自転車で走り回ってくれた妻が撮ったものです。


5:30 起床。
6:00 朝食。
8:10 会場入り。
8:30 荷物預けてスタートブロックに入ります。
今回もCブロックスタート。
気温はかなり低かったようですが、ほとんど無風でした。
私の位置取りがちょうど市役所斜め前のカーブの付近で、ビルの影に入らず、朝日が当たって寒さをそんなに感じませんでした。

9時2分にスタート。
今回は最初から調子が良かったです。
GPSウォッチによると、18キロまではキロ5分台後半~キロ6分台前半で走っていました。
本当に4時間30分を狙える速さでした。
いつもよりペースが速いものだから、応援の妻が対応できない(笑)。
9~10キロ地点の事前に決めた場所やその先でも会えない(笑)。


妻がこの写真を撮っているときは、もう私は通過していました。
後ろの仮装ランナー、スーツを着て走るのは、相当走力が要るでしょうね。 
IMG_1513.jpg

うる星やつらのラムちゃんですね。
IMG_1520.jpg
後半どこかで一度追い越され、後姿を見たのは覚えているんですが、その後また私が抜き返したようです。
その衣装ゆえに沿道から歓声が上がっていたのを覚えています。


バカ殿ですね。
IMG_1527.jpg
この方も最初のころ同じところを走っていたことがあります。
沿道の観衆へのサービス精神が豊かでした。
こうありたいものです。


ドラえもんとのび太。
IMG_1536.jpg

これは、えーっと。
IMG_1549.jpg
姿は厳めしいのに、くまモングッズを手にむんずと持った姿がなかなかいいですね。


ハーフまでのタイムは予定していた時間より早く、今までで最速。
でも徐々に足が上がらなくなってきているのを感じてます。


25キロ地点あたりで妻と会ったとき。
IMG_1560.jpg
持ってきてもらう予定だったサプリメントを求めている場面ですね(笑)。
ふくらはぎがつり始めてます。

自作Tシャツ。
IMG_1561.jpg
結局、走行中3人の人から声をかけられました。
二人は面白いと言い、一人は若いメディカルランナーで、背中にこう書いてありますけど大丈夫ですか、と(笑)。
そのほかに後ろで反応する声が聞こえることも。


いやあ、あまり風もなくいい天気です。
IMG_1564.jpg


30キロ地点で2度目に妻と会ったちょうどその時、5時間のペースセッターに抜かれました。
これでちょっと緊張の糸が切れた気がします。
でも時計を見るとペースセッターのペース少し早くない?と思いました。
たぶん最後1キロの急坂を見越しての配分なんでしょう。


金八先生とヤンキーですね。
IMG_1570.jpg
彼らとは終盤同じペースで走ることになります。
この格好で走り切る力に敬意を表します。


「足が痛いのは気のせい」。このあたりでよく見かける方々ですよね。
IMG_1571.jpg
沿道の応援者の仮装度も以前と比べて上がってきていると感じます。
これも新たな楽しみ方でしょう。


この後の写真はありません。
妻は自宅に帰って、今度はフィニッシュ地点に向かいます。
今回もありがとう。


私はといえば、痙攣が片足のもも、やがてもう片足のももにも表れてきて、だんだん長くは走れない状況になってきました。
最後は早歩きに少しの走りを入れる感じ。
早歩きは使う筋肉が違うんでしょうか、まだまだいけるのです。
今回も早歩きで、ヨタヨタ走っている人をかなり抜きました。


40キロ手前で、急に太鼓の音が聞こえてきて振り向くと、演奏者の中に塾生の保護者を発見。
周りもよく見えていませんし、急いでいて、ご挨拶しそびれました。

最後の名物の急坂も早歩きでのぼります。
何とか5時間一けた分でいけるかどうかというところ。
でももう上り坂では走れません。

フィニッシュゲート手前の直線で全力疾走開始。
ぎりぎり間に合うか?
でもフィニッシュゲートを通過するかしないかの時に5時間9分台から10分へ変わりました。

レース終了!

記録は5時間10分(ネットタイムは5時間5分)でした。
30キロ地点で少しあきらめが出なかったら(本当に走れたかどうかわからないですけど)、少なくともネットタイムでは5時間切れたんじゃないかと思います。
悔しいですね。


また来年!

沿道からの応援は以前より盛り上がっている感がありました。
沿道から差し出されるハイタッチの手もものすごい数
観客もマラソンを楽しんでいる感じ。
やはり熊本城マラソン、最高!




※沿道で応援してくださった整骨院の先生が、
この日暑さで背中に塩吹いている(塩分不足の)人が多かったですね、
とおっしゃってました。
痙攣するのはそのせいですし、
終了後肩が痛くなるのもその典型。
私の場合、福岡マラソンの時よりましでしたが、完走後早速右肩にコリが。
マグネシウムサプリは使用していたんですが、
塩のサプリを持ってはいても今日に限って使っていませんでした。
まあ、これも実力のうち。

 
 

オリジナルTシャツ

 熊本城マラソン2017まで12日(2/6現在)。調べてみると練習量はここ4年間で最も少ないものでした。お世話になっている整骨院の院長も、今年は通院してくるランナーの意欲が一様に高まっていません、とおっしゃってました。やはり地震のせいでしょうか。

IMG_2839_1.jpg

 昨年の北九州で初めてサブ5(5時間切り)を達成したとき(楽に達成できると思っていたんですが)相当苦しい思いをしました。年齢的にもすでに体力の伸びの限界を感じ始めているので、今年は趣向を変え、自分でデザインしたTシャツを着て、楽しんで走るつもりです。もちろん自己記録を狙える状況ならやってみますけど。

 メッセージは自虐的でありかつ後ろのランナーを挑発する内容。そうでありながら後ろのランナーと自分自身を応援するものに仕立てあげたつもりです。配色などのアドバイスをしてくださった“岐阜の実家”の“デザイナー”の皆さん、ありがとうございました。画像は個人情報(笑)が多く含まれるのであえてボカしてます。ひとつには「太り気味」という言葉が入っています。

 Tシャツのアイディアは過去記事の中のこちらから得ました。

 今年は昨年と比べて体重はほとんど変わりませんが、お腹周りがやや細くなった感じ。怪我も病気もせず、当日を無事に迎えたいものです。

 一応、私のナンバーカード(ゼッケン)には、このブログの主名「おるがつ」と表記されています。



再び20キロ走

 1月1日、日中は家族と過ごしたり手話の集まりに顔を出したりしました。そして夕方、昨日大晦日に20キロ走にならなかったので、再び走りに行きました。昨日11キロ走っているので、今日は最初から体が重いこと。

 昨日とだいたい同じ時間帯になったのは、夕日を見たいと思ったからです。なぜって今日は一日じゅう雲一つない快晴だったから。滅多にこんな日ってないでしょう。

 到着した時は、日没はもう少し先という頃。
P1010295.jpg

 岸辺はすでに赤みを帯びています。広大な干潟では、たくさんの鳥たちが餌をついばんでいます。
P1010308.jpg

 コンデジで精一杯の寄り。クロツラヘラサギもいます。鳥たちもやや赤っぽく染まっています。
P1010306.jpg

P1010332.jpg

P1010327.jpg

P1010335.jpg
P1010345.jpg

 壮大なショーを楽しんだ後は走って帰ります。できるだけ急がねばなりません。今日は十キロちょいでもう足が重くなりました。でも路面がまだ見えるうちは、ペースを落とさない気持ちで走り続けます。これが持久力をつけるのに大切な気がします。

 この日走った距離は18キロ。暗い夜道を、足を傷める危険を冒して、あと2キロ走る気持ちは起きませんでした。
 昨日の分と合わせると29キロ。30キロには届きませんでしたし、一度に走ったわけでもありませんが、まあ、いいか。

 熊本城マラソンまであと48日


 熊本城マラソンの公式Facebookでは、「がんばろう熊本!がんばれ熊本城マラソン!~100の元気メッセージ~」ということで、力合西小の生徒たちが書いてくれたカウントダウンの絵が毎日更新されています。 https://www.facebook.com/kumamotocastlemarathon/

 その中には、うちの生徒が書いてくれた絵も出ていました。

 そして、今年の完走タオル。
15542385_826057230869072_3227883929791617759_n.jpg

 ※上記サイトより引用させていただきました。


 

 

20キロ走のつもりが

 昨日で仕事納め。本日大晦日は30km走をするつもりだったのですが、スタートが遅れに遅れなんと夕方4時になり、熊本港往復の20km走になってしまいました。

 熊本港までの道は、途中までが熊本城マラソンコースと重なります。その折り返し地点近くの歩道の一部が大きく陥没しています。熊本地震の影響がこんなところにも残っているんですね。液状化でしょうか。
PC310294.jpg


 熊本港すぐ手前、海の上に掛かる長大な橋の上で、ちょうど雲に沈む直前の夕日を撮影できました。太陽と干潟が織りなす景色が実に美しい。でも復路は暗い道を走らねばなりません。車はそこそこ通りますが、大晦日で特に人気の無い道を。
PC310301.jpg


 撮影し終わって歩道に戻ると、前方から大きなスーツケース二個を引っぱって歩いて来る男女に気づきました。その様子にとても違和感を感じ、この辺りの人ではないと思い、声をかけました。すると日本語が通じません。英語に切り替えると、Koreaとの返事。片言の英語なら通じる模様。




なんで大きな荷物を持ってこんなとこ歩いているんですか? どこに行くんですか?

熊本駅近くのアパホテルに行きたいのですが、バスは2時間も待たなければならないので歩いています。

(冗談じゃない。今私が走ってきた道より遥かに遠い)とても遠いです。そういえば20分ほど前に、私はバスとすれ違いました。

このバスターミナルまで歩くつもりです。(と、見せてくれたスマホには、近くのバス営業所の場所が出ています。)

(確かにそこはここから一番近いとはいえ、荷物を引いて歩く距離でありません。) そこも遠いです。しかもこの先は田んぼが多く、人家も少ないです。

タクシーを使えば?

Expensive!





 大晦日の夕方、このまま彼らを不慣れな土地で放っておけなくて、結局私は自宅にいる妻に電話。妻が快く迎えにきてくれることになりました




私の妻が車で迎えに来ます。その間、私は薄着で寒いので、港まで走って折り返してくるので、あなたたちはこの道沿いに歩いていてください。私は後で追いつきます。





 私が彼らに追いつくと、もう戻って来たのかという反応。そして間もなく、妻の運転する車が前方からやって来ました。路肩に停めて、彼らの大きな荷物をトランクに入れ、彼らを乗せます。そしてバスターミナルではなく、熊本駅近くというアパホテル(ナビで見ると、実際は中心部のバスセンターに近い所でした)まで送っていくことにしました。


 きっと彼らも不安だったでしょう。日没後だんだん暗くなるなか、ランナーではありますが見知らぬ人に声をかけられ、車に乗せてもらえてるとはいえ、道の分からない異国の地で、どこに連れて行かれるのだろうと思っても不思議ではありません。

 車の中では友好的に会話をしました。初めて自己紹介をし、彼らはソウルの近く、大きな空港のある仁川に住んでいると。今日雲仙の普賢岳に行って、明日は福岡に行くと(熊本は宿泊だけ?)。旅はどうでしたかと尋ねると、kind、という言葉がすぐに返ってきました。



 無事にアパホテルに到着しました。大喜びする二人。それぞれのカメラで記念撮影。
PC310304.jpg

 彼らからお礼にと韓国海苔をもらいました。こちらからは名刺サイズのカードを渡し、Have a nice trip!と言って別れました。
PC310306.jpg


 結局この日の走行距離は20kmではなく11km。まあいいか。