飼育20周年

 我が家で飼育している熱帯魚ポリプテルス・オルナティピンニスが、1991年にうちにきてから飼育20周年を迎えました。購入時はまだ小さな若魚だったので、実際の年齢は二十数歳でしょう。当時は養殖物が今のようにいたのかどうか、たぶん天然物だったのではないかと想像するのですが。
DSC05522.jpg

 背鰭がギザギザで怪獣っぽく、うちわであおぐかのよう胸鰭を使い泳ぐ姿に魅かれ、飼育を始めたのが20年前。古代魚が好きで、この種とガー(特に比較的大型にならない、模様の綺麗なスポッテッドガー)に夢中になった時代もありましたが、今ではもうその熱も冷め、この個体と小さめのエンドリケリーがひっそりと飼育されているだけになっていました。
DSC05527.jpg

 ポリプは本当に強健で長生きします。ちなみに別のP.パルマスはうちで18年2カ月飼育しました。
DSC07283.jpg


 うちは冬でもヒーターを入れずに室内飼育。たぶん10℃近くまで下がっているのではないかと思いますが大丈夫です。

 餌も思いついた時に与えるのみ。かえってこれが健康にいいのかも。

 朝起きたら水槽から飛び出ていて床に転がっていたことがありました。体表面が乾いておりもうだめかと思いましたが、かすかに動いたので水槽に戻してやりました。すると数時間後には復活していました。

 本当はカメのために水槽を空けたい気持ちがあるのですが、せっかくここまで飼育したポリプ、生きている限り飼育していきたいと思っています。それに最近、模様の綺麗なスポッテッドガーを見つけたので、また回帰するかも。

続きを読む

スポッテッドガーに回帰

 何年ぶりでしょうスポッテッドガーに回帰してしまいました。前々からとあるホームセンターの大型水槽に入っていて、その中では体が一番小さくて(25cm程)、肩身の狭い思いをしていたと思います。どうやら引取り個体だったようで、価格表示がずっとありませんでした。並のスポッテッドガーなら気にもならなかったのでしょうが、大型のスポット模様が見て取れ、ずっと気になっていた個体でした。
 それが以前価格を尋ねた時より今回尋ねた時のほうが2割も安く提示されたので、これは買い時かと思い、購入しました。それにしても価格なんていい加減なもんです。

 ポリプテルスと一緒に120cm水槽に入れていますが、落ち着いてきたのか大型のスポット模様がよりくっきりと出てきました。
DSC07424.jpg

 やはりガーは特別ですね。かっこいい。

 ガーといえば、何年も前、いやもう十数年経っているかもしれませんが、NHKで「ガー」特集の番組を放送したのを思い出します。ジニー・スプリングスというアメリカのきれいな泉に生息するロングノーズガーの生態を扱った番組で、ニオイガメ系のカメも少しだけ出てきました。
 それを録画したDVDが我が家のどこかに眠っているはずです。もともとがVHSに録画したものですので、かなり画質が悪いでしょう。NHKにはぜひ再放送をして欲しいと思うくらい素晴らしい番組だと今も昔も思うのですが、ごく限られた人しか好まないでしょうから、可能性ゼロですね。

 ガーが好きといっても、大型になるガーには全く興味がありません。スポッテッドガーのみです。

 

カラテア ‘ネットワーク’

 最初この葉に出会ったとき驚きを隠せなかった。そしてすぐに魅せられてしまった。

DSC07481.jpg

DSC07479.jpg

 カラテア・ムサイカ(Calathea musaica)だと思う。でも商品名は「Calathea ‘Network’」とあった。なるほどと思わせられるネーミング。あまり流通していない珍しい植物らしい。



 生産者のサイトから以下育て方を引用する。

Location
Calathea 'Network' does not like direct sunlight, especially not in the summer months. A more sheltered place even a shady place is preferred. She is well suited for the dark spot in the living room where no other plant can stand.

Water and food
Keep 'Network' fairly moist, but make sure that the roots remain out of the water. She does not like drought. Feed her at least once a month with food for green plants.

Temperature
Normal room temperature of 18 to 25 ° C. is the best




 “she”ですか?“she”でしょうね。

セルフポートレイト

 とある料理店のトイレに飾ってあった写真があまりにも面白かったので紹介します。

 (注)虐待ではありません。


 すべては、写真の中の本人自ら制作なさった、セルフポートレイトのようなものらしいです。


DSC07514.jpg
 店主の話によると、これは実際に動物園でお願いして撮らせてもらったとか。

DSC07515のコピー

DSC07516.jpg

DSC07517.jpg

DSC07513a.jpg


 72歳で初めてカメラを触り、74歳で初めてMacを触り、写真やデジタルアートを意欲的に制作してこられた熊本在住女性フォトグラファーNさん、まもなく84歳になられるそうです。

 ご自身の作品を載せたブログも開設しておられました。ただ今年の6月以降更新されていませんが、お元気なんでしょうか、心配です。とはいえそちらはこの写真群とはまた違った美しい写真です。