第2回熊本城マラソン

 晴天の下、第2回熊本城マラソンが開催されました。

 昨年はテレビで観戦していたんですが、今回は沿道に繰り出して、雰囲気をじかに味わいたいと考え、コース中最も高い場所、とある橋の真ん中付近で観戦することに。ここは行きも帰りもランナーが通る場所で、かなり急な坂になっています。なお、マラソンを目の前で直に見るのは初めてです。


 午前9時から種目別にスタートしたはず。9時25分頃、まずやって来たのは、「金栗記念熊日30キロロードレース」の選手たち。
P2173229.jpg
P2173230.jpg
P2173231.jpg
P2173232.jpg
P2173233.jpg
 先頭集団の最後尾に、「市民ランナーの星」・公務員ランナーの川内優輝選手を発見。


 9時35分頃、「歴史めぐりフルマラソン」の先頭集団がやってきます。
P2173235.jpg

 そのあとはだんだん増えてくる人の波。あまりに人が多くて、写真を撮る気も起こりません。(私はこの間に反対車線へ移動。) 個人的には、スーツ姿で鞄を持って走っていた男性や、88歳のおじいちゃんランナーが気になりました。着ぐるみやコスプレは暑いし重いしで走るのが大変でしょ。
P2173236.jpg



 そうこうするうちに(10時5分頃)30㎞ロードレースの先頭集団4人が戻ってきました。ものすごい競り合い。
P2173237.jpg
 反対車線を走っているマラソンランナーからも声援が飛びます。


 10時45分頃、マラソンの先頭選手がやってきました。昨年の優勝者地下(ぢげ)翔太選手。こちらも熊本の公務員ランナー。直前まで競っていたようですが、ここでは独走でした。  
P2173239.jpg
P2173240.jpg
P2173241.jpg
 私もテレビに映ってしまいました(笑)。


 10時50分過ぎ。人が歩くようなスピードでのろのろとやって来る車列。マラソン最後尾の、言わずと知れた絶対に乗りたくないバスです。
P2173244.jpg
P2173248.jpg
 AEDを持った自転車隊が行ったり来たり。こちらもできれば使いたくないもの。


 観戦していてある気持ちが本当に強くなりました。今年は(抽選に)外れたけれど、来年こそはぜひ向こう側にって。

 だって本当に楽しそうなんだもん。