2013野焼き支援ボランティア(1) - ジェットシューター係を拝命す -

 3月5日(火)、私にとって今年初めての野焼き支援ボランティアに参加してきました。通算2度目。

 場所は南阿蘇村の長野牧野(ぼくや)。朝8時30分に集合。

 この日は熊本地方には朝から、国の指針に基づくPM2.5に関する注意喚起が、全国で初めて出ました。

微小粒子状物質(PM2.5)のお知らせです。
本日(3月5日)は国が定めた暫定指針値の日平均70マイクログラム/立方メートルを超える可能性があるためお知らせします。
引き続き、県及び熊本市で公表する速報値にご注意していただきながら、不要不急の外出を控える・屋外での激しい運動をできるだけ減らす・外出時にはマスクの適切な着用を行うなどの対応をとることをお勧めします。
また、室内の換気は必要最小限にするとともに、微小粒子状物質(PM2.5)を屋内に持ち込まないために洗濯物を室内に干すなどの工夫も有効と思われます。
呼吸器系や心疾患などの既往症がある方におかれましては、より慎重な行動をお勧めします。
なお、この「お知らせ」は翌日午前0時に解除とします。



 帰宅後のニュースで知ったのですが、県北の荒尾市などで一時期100を越えたとのこと(平均値としては県内どの地点も国の基準値以下)。野焼きのある阿蘇でどうだったのかは分かりませんが、この日阿蘇は快晴。標高の高い牧野から見る景色は普通なら見事なはずなんでしょうが、全体的にかなりかすんで見えました。気象台によると大陸から飛来したPM2.5の影響で視界が悪くなることもあるそうですが。 ※なお野焼きでもPM2.5が発生するようです。



 作業中は安全上写真撮影禁止。以下の野焼きの写真は、昼食時に撮ったものです。


 斜面下方から風に煽られてものすごい勢いで登って行く炎。生きているかのようです。
P3053409.jpg

 一続きに見える炎は、うねり具合からまるで紅い龍のよう。
P3053411.jpg

 短時間でカヤの原っぱを嘗め尽くしていきます。パチパチと弾けて燃える音の大きさ。昼食場所からだいぶ離れているにもかかわらず、その熱がここまで伝わってくるのです。
P3053415.jpg
P3053418.jpg
P3053419.jpg

 炎が通り過ぎた後は黒い大地。景色が色彩的にも一変します。
P3053422.jpg

 炎が通り過ぎた後に残る焼けた樹木。でもまた芽吹くことでしょう。
P3053425.jpg

 地元の牧野組合の方々も一緒の昼食風景。この場所も午後の作業で野焼きされたのだと思います。
P3053427.jpg
 右隅に写っている年配の組合員の方は年齢80前。私たちと行動を共にすることが多かった方でした。現在牛を4頭飼育しているそうです。それはこれまで徐々に縮小した結果で、体力的にいつまで野焼きに出られるか分からないとおっしゃっていました。コメも作付しておられるようで、その作業にもボランティアが欲しいとも。昨年は、近くに移住して農業をしているフランス人や他の国籍の方々が無償で助けてくれて本当に助かったとおっしゃっていました。後継者不足の問題がかなり深刻です。
 この方のお話はすべて非常に興味深いものでした。さすが経験を積んだ年配者。私は一つ質問しました。「広い牧野で牛は飼い主を見分けるか」と。答えは「イエス」。牛は、他の人の牛と一緒に混ぜ混ぜになって牧野に放牧されていても、飼い主を見分けるのみならず、近づいてくる飼い主の軽トラの音さえ聞き分けて、飼い主の所に寄って来るそうです。
 

 私と同じ班のメンバーの方がかなりお疲れのようで休憩中。今日まで5日連続でボランティアをなさっていると聞きました。野焼きだけでなく、事前準備の(案内)看板を立てたりする裏方の仕事も含めて。
P3053428.jpg
 この方の脇に転がってるのが火消し棒。ボランティアの大多数がこの棒を持ち歩いて作業します。仕事は延焼しないように火を消すことなのです。


 私の仕事は?・・・というと、


今回はジェットシューター係を拝命しました。かっこ良さそうなカタカナの名前です。生涯2回目の野焼きにして、何とジェットシューターを担当させていただけるのです。

 ジェットシューターとは?(下画像は過去のもの)
DSC08302.jpg
 黄色いバッグの中には水が入っています。そこから出ているホースの先にはノズルが付いており、ピストン部分を縮めると勢いよくノズルの先から水が飛び出します。ノズルの先端には回転する部分があり、一筋の水を遠くに飛ばしたり、勢いのある霧状の水をやや広い面積にかけたりすることができます。これを背負って、野焼き現場で作業するのです。

 水であるゆえにバッグの重さは20キロほどになるそうです。必然的に年齢的にも若く体力のある人の役目・・・。私を含めて4人いる班内の顔ぶれを見ても、これを背負うのは私しかいないであろうと容易に想像できます。なぜなら、たぶん今回の平日の野焼きボランティア、班内のみならずボランティア全体の中で、たぶん私だけが40代で、かつ最年少だったからです。平日に活動できるのは、仕事をリタイアした方か、私みたいな昼間に自由の利く自営か・・・。
(※それでもこのボランティアの後帰宅してからしっかり夜遅くまで本業の仕事をしましたけど)。
 平日に関しては(そしてたぶん全体的に見ても)ボランティアも後継者不足なのではないかと思います。こんな時に大学生(失礼!)とかいろんな意味で体力と時間のある若者たちが参加してくれればいいだろうにとひしひしと感じました。


 荒れ狂う大きな炎の消火は難しいですが、火消し棒でなかなか消えない火でも、このジェットシューターを使うと、気持ちのいいくらい一瞬で消えてしまいます。しかし頻繁に使用すると、水が早くなくなってしまい、本当に必要な時に火を消せないということになってしまいますので、考えながら消火する必要があります。今回は火消し棒で消せると判断したところではあえて使用しないようにしました。総じて午前はあまり出番がなかったのですが、午後は大活躍。“シューター!”と叫び声が上がれば(それはちょっと危機迫る状況です)、重いバッグを背負いながら走って駆け付け、延焼しないように火を食い止めるのです。炎の熱さと煙に耐え、延焼を食い止める仕事、もちろん怖い面もありましたが、やりがいがありました。もちろん延焼を食い止めることより自分の身を守ることのほうが重要で、しかも最重要だというのは言うまでもないのですが。

 昨年の初めての作業では、何度も尾根と谷を上ったり下ったりしたのですが、その状況ではこの役目は体力的にもたなかったでしょう。今回は傾斜もゆるく、何とか最後までこの役目を果たせました。



P3053431.jpg
P3053432.jpg

 ちなみに青い作業服は今年から導入された難燃性のものです。野焼きシーズンの間財団から低価格でレンタルできるのですが、私は自分専用に購入しました。


 この牧野、来週も野焼きが入っているそうです。

2013野焼き支援ボランティア(2) - 野うさぎに遭遇 -

 野焼き支援ボランティア今年2回目。

 今回は、阿蘇郡高森町山都町の冬野牧野。一旦ふもとの集合場所で受付をして、乗り合わせや各自の車などで牧野入口まで移動。最初の集合場所の町がはるか下に見えるほど、舗装された山道を登って行きました。途中で高森町から山都町へ境が変わってしまいました。両町のしかるべき所に野焼きの届けをしないといけないとか。

 さすが土曜日、今日はボランティアが大勢います(50名以上)。黄色い服のシスケン(西日本システム建設株式会社)社員有志の皆さんが大勢加わっておられました。集合場所まで貸切バスや自家用車で駆け付けて、会社あげて支援しておられます。
P3093437.jpg

 今回私の所属した班のリーダーは、先日の野焼きでやはり同じ班だったUさん。あとは中年の男性二人と二十代前半と思しき二人の女性(4人ともシスケン社員)と私の6人グループ。見回して、ジェットシューターは私かなと思い、志願。私のリュックは前回と同じくUさんに背負っていただきました。

 いざ開始、移動となってすぐ私にアクシデント。片方の靴の分厚い靴底が取れてしまったのです。開始早々やばい。最後まで持つかな。今日はハードな行程がなければいいけど、と気にしながらの作業開始でした。

 そうしたらその思いが届いたかのように今までで一番楽な野焼きになりました。風向きが良く、あれよあれよと野焼きが進み、なんとお昼前には終わってしまったのです。


 作業もほとんど終わった頃、写真を撮ってもいいですよというリーダーの声を境に撮影解禁。 
P3093441.jpg

 亀柄の手拭いを被っているのは私です。
P3093447.jpg

 なんとここで、今焼いたばかりの黒い地肌を、一直線に高速で動くものを発見。それは枯草色の野ウサギでした。やや遠くで燃え盛っている火とは反対の、まさに私たちのいる方に向かって、ものすごい速さで斜面を登って近づいてきます。残念ながらもうデジカメをポケットにしまっていたので起動する時間は無し。それは捕まえる間もなく私たちボランティアの間をたやすくすり抜けて、野焼きをしない木立の中にあっという間に消えていきました。

 ノウサギ、いるんですね。パワーがみなぎっていました。



 そして、ついにもう片方の靴底も。
P3093453.jpg
 もっと丈夫なもの買います。

P3093459.jpg
P3093461.jpg
P3093466.jpg


 平日ではない日の野焼き。今回はシスケンさんの中に多くの若い方々がいらっしゃいました。また最後にボランティアだけの反省会があった時には、野焼き初参加と思える初々しい姿の、二十代の若い女性たちや主婦と思しき方々もいらっしゃいました。先回の野焼きで私の歳で私が最年少だっとことを考えると、何か嬉しく思いました。

 遠方から参加されている方もいらっしゃいます。お話しした中では、天草西海岸(熊本市まで出てくるのにゆうに3時間はかかる地域)から、朝3時過ぎに出発して参加されたリーダーの男性もいらっしゃいました。家族からはなぜそこまでして・・・と言われるようですが、それでも参加する理由、分かる気がします。※靴のアドバイス感謝します。

P3093470.jpg


 こんな光景、なかなか見られませんよね。
P3093473.jpg
P3093475.jpg

受験、ご苦労さん。

 中三の受験が終わり、合格発表前に恒例のお別れ会。

 今回は全員出席。賑やかな子から大人しい子までいろいろ。

 4レーンを借りて、大いに盛り上がる。
P3113503.jpg
P3113504.jpg
P3113508.jpg
P3113510.jpg
P3113511.jpg
P3113512.jpg
 生徒は年々ボウリングが下手になっていくと思っていた。今までスコアで生徒に負けたことはない。が、1年ぶりの今日は絶不調で修正がきかず、ある生徒に負けた。悔しい。


 ボウリングの後は、ランチバイキング。
P3113513.jpg
P3113526.jpg
P3113530.jpg
 今年は食いっぷりもいい。

 ゲーム代、食事代、もちろん塾長持ち。


 夜、保護者からメールが届いた。

今日もお世話になりました。

「今日はとっても楽しかったよ!」と言っていました。 ○○が“とっても楽しい”と言うのを初めて聞きました。
本当に楽しかったのだと思います。
ありがとうございました。 後日、改めてご挨拶に伺わせて頂きたいと思っております。



 うちに一番長く来てくれた子のお母さんから。寡黙で感情表現の少ない子。ボウリングもうまいわけではなく、ストライクが出るわけでもなく、黙々と投球し、食事中も美味しいい!と言うわけでもない。でも、周りもその子の性格を受け入れて暖かく包んできた。居場所があって、居心地は良かったかもしれない。

2013野焼き支援ボランティア(3) -炎が“襲ってくる”体験と交流会-

 これ、一般にはなかなか見られない光景です。火口ではありません。熊本市方面から国道57号線を上っていくと、立野という場所で、前方山の中腹に白い煙がいつも出ている様子を遠くからでも見てとることができます。今日はそこを間近にみることのできる牧野の野焼きでした。南阿蘇村・長野牧野。先週火曜にも同じ牧野の野焼きボランティアに参加しましたが、そのときは牧野の上半分でした。今回は下半分。
P3163746.jpg
P3163744.jpg

 さすが火の国熊本しかも阿蘇。この牧野には水蒸気がもうもうと出ている噴気孔があります。牧野組合の方の話によると、水蒸気は地面の弱い所を選ぶらしく、噴気孔自体が移動することがあるらしいです。このそばで「阿蘇の赤牛」を春から秋にかけて放牧しています。ほんとうに雄大です。

 ※今回は野焼き中の写真がほとんどありません。

 この場所の野焼きが圧巻でした。
P3163751.jpg
 私たちは斜面の高い方にいます。最初、この画像の手前(私たちがいる高い所)から、地元の方が火入れをしました。私たちを越えて後方に延焼しないため、私たち自身を火から守るためです。その後しばらくして今度は斜面の下方から火入れ。火は上昇気流と風を起こし、下方から私たちのいる上方へ向かって勢いを増して燃え広がってきます。そのスピードは人間が逃げることのできるスピードではありません。パチパチという激しい音と空気の渦巻く音がだんだん大きくなって、炎が近づいてきているのが分かります。炎は私たちのいる上方まで一挙に斜面を駆け上がり、私たちの眼の前二十メートルほど先で、人の背丈をはるかに超える高さまで燃え上がりました。2倍の高さどころか3倍、4倍それ以上だったかも。あっ、巻き込まれたら死ぬな、と思いました。もちろん私たちの眼の前の草はすでに焼き払われているので、それ以上火が近づいてくる心配は無し。でも火が“襲ってくる”とはどういうことなのか安全に体験できたのです。



 眼下でまだ燃えています。
P3163753.jpg


 今回作業は1時くらいまで。


 その後、長野牧野組合の皆さんのご親切で、交流会が開かれました。ご親切に感謝いたします。野焼き支援ボランティアでこのようなイベントに遭遇するのは初めてです。

 牧野組合長さんの話でも、とにかく安全に作業することの大切さを強調しておられました。
 P3163759.jpg
P3163761.jpg
P3163763.jpg

 ここの牧野で育てた赤牛の焼肉でした。ビールを飲みたかった!残念!


 今回のボランティアの最年少は私ではなく37歳の男性の方でした。また紅一点(青服の多い中、服装の面でもそうでしたが)女性の方もお一人いらっしゃいました。


 明日日曜は、17の野焼きが阿蘇各地で行われる予定です。

幻の牡蠣 クマモト・オイスター

 思いがけず、熊本県内限定の幻の牡蠣「クマモト・オイスター」を食する機会がありました。
P3173778.jpg

 私自身これまで生牡蠣を好んで食することがほとんどなかったので、味のコメントをできる立場にはありませんが、4個も食べたのに、また食べたい、おかわり!と思いました。

 このカキについては聞いたことはあってもほとんど知りませんでした。でも新聞記事にも試験出荷のことが出ていました。

 県と県内漁業者が天草などで試験養殖に取り組んでいる「クマモト・オイスター」の出荷が7日始まり、県内の鮮魚店や飲食店など約20店に高級カキがお目見えした。

 クマモト・オイスターは戦後、熊本から輸出された種ガキが米国で養殖され、現地のブランドに育った。県内での養殖は長らく途絶えていたが、県が試験養殖に取り組み、2011年に半世紀ぶりに出荷にこぎつけた。一般的なマガキの半分程度の大きさだが、濃厚な味が特徴という。

 今年は4月上旬までの期間に約7500個の出荷を予定。稚貝の生産が安定しなかったため、前年の半分以下となった。県は稚貝の安定生産を目指し、新年度予算案に研究費など約3400万円を計上している。

 熊本市中央区九品寺の西里鮮魚店では60個を仕入れた。「カキは冬というイメージがあるが、実は今がおいしい。ぜひ生で味わって」と同店の西里幸喜さん(44)。1個280円程度で販売する。

 クマモト・オイスター取扱店は県のホームページで確認できる。

《熊日新聞より引用》

P3193871.jpg

 牡蠣殻もグリーンでまた美しい。