国見岳登山

 熊本県の最高峰・国見岳(1739m)。ちょうど梅雨の晴れ間を利用して登山したため、緑の鮮やかさ、特にコケ植物のみずみずしく生き生きとしたグリーンにとても感動しました。

    IMG_0271.jpg
             桂(カツラ)の巨木

 登山口はいくつかあるようですが、いつも利用するのは、車の入って行きにくい内大臣林道沿いの登山口。この林道は私が若かりしときオフロードバイクにまたがって宮崎県までかっ飛ばしていた懐かしい道。

 登り始めて30分ほどは、急こう配の杉林で、ここが一番辛いところです。ただそこを抜けると、ブナやヒメシャラなどの自然林が出現します。特にヒメシャラは幹が赤くすべすべした美木で、私のお気に入りの木です。自宅にも植えていますが、平地ではなかなか成長しません。
P6139672.jpg

P6139685.jpg

P6139688.jpg

     IMG_0274.jpg

P6139728.jpg

P6139729.jpg

 光合成をしないという種子植物ギンリョウソウ(銀竜草)の花。共生している菌類を通して間接的に有機物を吸収して成長し、花を咲かせます。横から見た姿が、竜の首のよう。
P6139739a.jpg

 頂上までもう少しというところで鹿を発見。
P6139748.jpg

 シカに食べられるのか下草がほとんどありません。その中でも無傷で繁茂しているのがこの植物。ちょうど花をつける時期でした。なぜ残っているのかって?毒草だからです。バイケイソウ。
P6139750.jpg

 再びシカに遭遇。
P6139751.jpg

 そしてまたシカ。
P6139753.jpg

 ついに熊本の最高峰(1739m)に到着。GPSウォッチによると、出発地点から約4.5キロ、標高差750mほどを約3時間かけて登ってきました。山頂ではドウダンツツジが見頃でした。
IMG_0278.jpg

P6139758.jpg


 昼食をとって下山。途中、登ってきた道から分かれ、別ルートを通ります。
P6139761.jpg

P6139764.jpg

P6139769.jpg

P6139770.jpg

P6139771.jpg

IMG_0283.jpg

P6139775.jpg

P6139779.jpg

IMG_0284.jpg

P6139796.jpg

IMG_0291.jpg

P6139802.jpg


 この時期、緑がみずみずしく、特にコケ植物が輝いていました。心が爽やかになり、来てよかったとしみじみと思いました。

 一方、山にも異変が忍び寄っていると感じました。前回ここに登ったのは十年近く前。今回、大雨の影響か崩落した場所を何度も目にしましたし、枯れ木や倒木が多くなっていると感じました。世代交代もうまくいっているのでしょうか?倒木の太さに見合う、生きた巨木が登山道周辺にはあまり見当たらないと感じました。
 そして何よりもニホンジカの多さ。この記事の中にも鹿の画像が何枚も出てきますが、それは、それほど多くシカに出会ったという証しであり、逃げられて撮影できなかったときもあったことを考えると、相当数が生息しているのではないかと思われます。その影響が山の環境にもはっきりと現れているような気がします。


 最後に、今回の登山を計画し声をかけてくださった、林道ツーリングの師匠に感謝。また誘ってね!

「握手」

中学3年生の国語の教科書に、井上ひさし作の「握手」という教材が載っている。児童養護施設の園長だったルロイ修道士が悪性腫瘍におかされ、かつての園児たちをいとまごいに訪問する話。ルロイは自分の病気や死期が近いことを決して語らないが、作者は会話の中で気づいてしまう。駅で別れる際、思い切って「死ぬのは怖くありませんか」尋ねる作者。ルロイは病気のことがばれていたことに気づき、少し赤くなって頭をかく。そして最後に作者とルロイが、その思いのこもった「握手」をする・・・・・



最近、後輩のお父様が末期ガンで余命いくばくもない状態にあると聞いた。私が若い頃、毎週のようにお邪魔して、ご飯を食べさせてもらったし、カードゲームに熱中して夜遅くまでなかなか帰らずにいても、嫌な顔を一つせず黙って見守っていてくださった方。私が成人してからも、ご自宅の近くまで行く機会があると、よく家に呼んでくださった。まだ比較的元気なうちに会っておいた方が良いと思い、片道2時間かけてお見舞いに行ってきた。

現在、緩和ケアを受けながら自宅で療養しておられる。前もって連絡していくと、奥さんが何かもてなそうとして準備してしまうので、迷惑かもしれないが何も連絡せず突然訪問した。雨のしとしと降る日だった。

休んでいらっしゃる部屋に通され、対面するや否や、お父様の頬を涙がとめどなく流れ下る。初めて見るお父様の涙。食べたいという意思はあるものの、4,5日前から体が食物を拒否している状態。仕事を子に任せ、これから!と思っていた矢先に病気になった無念さ。自分の病状をなにもかも理解し、もう覚悟はできているとはいえ、揺れる心の内が垣間見える。そして、妻の言うことを聞いて、検査で異常値が出たときは素直に病院に行くように、と強くおっしゃった。これはまさに「遺言」ではないか。異常値が出ても大丈夫大丈夫と言って受診しない、男性にはよくありがちな、何の根拠もない空安心が分かれ道だったそうだ。私を見て、痩せたね、とおっしゃるので、マラソンに出たことなどこちらの近況や、私が若い時に示してくださった親切への感謝の言葉を述べた。遠いところを来てくれてありがとう、と言って手を差し出されるので、固く握手した。妻も握手した。そのときこらえきれずこちらも涙があふれ出した。

最後にその家をおいとまするときに再び手を握る。つながった右手にもう片方の手を添えた丁寧なそして力のこもった握手だった。そしてお互いなかなか握った手を離さない。
“また会えますよ”、と私。
“そう思います”。
そして別れ際にもう一度握手。もうことばは要らなかった。

玄関を出ると、雨は強くなっていた。帰りは余計視界が曇ってしまった。