緊急事態を乗り切る

 数日前から突然、教室のエアコンから、回転するモーターが何かに当たる音が聞こえるようになった。最初は、けたたましいオートバイが教室の近くを走っているのかと錯覚するほどだった。まさかエアコンの室内機からこんな音が出てくるとは思わなかったので。ちなみにうちのエアコンは強力7kWタイプ。

 緊急事態発生。今の時期これは実にマズイ。最近、当地の最高気温は37℃ほどに達している。それに部屋に入っている人数が限界に近い。さらに異音がするとなると、学習にも集中できない。しかもメーカーはお盆の長期休暇にはいるだろうし。

 日ごとにひどくなっていく騒音。始動10分ほどが特にひどく、モーターの回転数に合わせて、耳障りなビートを刻む。あとは通常の静かな運転に徐々に戻る。そして時折、思い出したかのように鳴き出して、再び静かになる。そして停止後の自動おそうじ時にも歌い始める。

 これは早く行動するに限る。早速メーカーに電話をした。出張だけで何もしなくとも最低4,000円ほどかかるという。それでもいいから、いつ来られますか?と尋ねると、幸いにも翌日、ちょうどこちらの仕事がない日に工事の空きがあるという。

P8090003.jpg

 原因は換気用モーターの不具合。リモコンを操作して、換気機能を使わなければ、そして、自動掃除機能も使わなければ、このままでも冷暖房は使用できるという。その場合出張費など4,000円弱のみ(でも、実際は出張料の2,500円しか請求されない雰囲気だった)で済む。もしモーターを交換するならば、2万2,000円かかるという。

 しばし考えたが、この一番忙しい時にいちいちリモコン操作で煩わされたくなかったので、修理することにした。交換部品も一応持って来ているというのも大きかった。40分ほどで作業は終わるという。

P8090008.jpg

 てっきり不具合のあるモーターの部分だけ取り換えるものだと思っていた。

 そしたら、持ち込まれた部品の箱がエアコンの幅に匹敵するほど大きい。今はすべてユニット化されており、おそうじロボットごと交換するという。知らなかった。

 分解されるエアコン。自動お掃除機能が付いているとはいえ、フィルターは次第に汚れてくる。7年経っている機械なので、メカ部分には外からは見えにくい綿埃が結構たまっていた。機械を過信してはいけないと思った。

 でも考えてみると、おそうじロボットが新しくなり、長年の使用で本当は交換してもいいかもと思っていた各種フィルターまでが新品になり、たまっていた綿ぼこりまで無くなるので、修理するという選択肢はお得かつ正しかったのではないかと思った。

 これが悪の元凶の換気モーター。これだけ取り換えられないのね。
P8090006.jpg

 修理後はすっかり異音がなくなり、おそうじロボットやフィルターまで新品に戻ったエアコン。また明日からフル稼働の予定。


【今回の明細】
合計  21,708円

部品代10,000円
技術料 7,600円
出張料 2,500円
小計  20,100円
消費税 1,608円

 おそうじロボットの部品代は1万円なり。意外と安かった。エアコンの中で高額な部品は、室内機の中のフィンがいっぱい付いている熱交換器と室外機のコンプレッサーらしい。ともにウン万円。

 知らない業種は実に興味深い。




今年の作文

 「時の流れ」について、「時の流れをとても遅く感じた」経験か、「時の流れをとても速く感じた」経験か、どちらかを選び、具体的な場面や状況をあげて、なぜそのように感じたかを120字以内で書きなさい。


 ぼくが時の流れを遅いと感じたのは、この夏の週五回、一回約五時間の塾の時です。運動オンチの人が五分のランニングを倍に感じるのと同じで、ぼくは勉強がきらいなので、勉強時間が倍に感じられます。ぼくの今年の夏休み、いったい何倍に感じるのでしょうか。




 正規の勉強時間は3時間。その後、強制的自発的両方を含む居残りで、確かに5時間、時には7時間になることもあります。居残りの時間が正規の時間より長い、と生徒にも時々突っ込まれます。だって放っておけないから。

 ちょっと太めの男子、うまい例えを使ってその辛さを作文にし、教師に訴えます。でもある面居残り楽しんでいるだろ?

 今日でお盆休み前の中三の講習会は終了。ちょっとだけ生徒も教師も息抜きができます。


今年のエントリー状況


 12日ぶりに10キロ走りました。忙しいのと暑いのとで、かなり遠ざかっていました。



 9月からマラソンシーズンが始まります。私のその一発目は、昨年同様「第10回氷川町梨マラソン大会」(9月23日・秋分の日)。これは先着順なので、すでに出走確定。今年も梨を食べまくる予定。

 そしてフルマラソンでは、来年2月21日開催の「熊本城マラソン2016」にもちろんエントリー済。これが私にとってマラソンでの最優先大会。でも、今年は初挑戦枠が拡大し、近年のブームで申込者も多くなりそうで、昨年より当選しにくい気がします。ちなみに8月9日時点で、申込者が12000人の定員を超えたので、抽選確定。こんなに好きなら、寄付金3万円が必要になるが、早々と出場確定できる「熊本応援チャリティランナー特別枠」(200名)申込も考えましたが、参加料も合わせると4万・・・、うーん今年は見送りました。この枠も8月9日時点で、昨年よりも早く埋まってしまいました。

 熊本城マラソンに当選しなかった時のことを考え、同日開催の北九州マラソンにもエントリーしました。考えることは誰しも同じで、私と同じことをした人が、きっと相当数いるだろうと思います。そして、今年も一次抽選だけでは定員が埋まらなくて、二次抽選があるだろうと予想しています。

 そしてもう一つ、熊本城マラソンから一週間後の、東京マラソン2016にもエントリーしました。こちらはものすごい倍率で当選は無理だと思っているので、熊本本命、せめて熊本がダメでも北九州に当たって欲しいものです。熊本で落ち着くのが一番なんですが。




 さて、今日のランはキロ6分30秒、1時間5分でした。昨年の同時期よりいいタイム。体を追い込むようには走っておらず、いい汗かいて楽しく走れました。

夏季限定 桃のスープ


 今年もこの時期になりました。この時期無性にいただきたくなる料理。

 夏季限定。桃をまるごと一個使ったスープ。
P8140020.jpg
 くり抜いた果肉部分に、桃のスープがたっぷり。
 スプーンで上手に皮から果肉をはがして、スープと一緒にいただく。
P8140021.jpg

 し・あ・わ・せ


 ちなみに、今日のコースは涼しげな料理が出てきました。これは本日の前菜「バーニャカウダー」。 
P8140018.jpg

 本日のパスタ(一皿目)、鹿児島産本マグロの冷製パスタ。ランチの前菜によく使われているマスタードソースがパスタに。これ味・食感とも夏にぴったりの絶品でした。
P8140022.jpg

 このコース、本日の前菜、桃のスープ、本日のパスタが2皿、デザート3種盛り、コーヒーで3240円。非常にお得なコースだと思います。9月12日までの完全予約制。

 夏の終わりに、もう一度行きたい気分。


イタリア料理 「まんじゃぺしぇ」
096-324-0206
日・祝 定休

台風15号レポ

 久しぶりに風の強い台風に遭遇した。しかも我が家は台風の進行方向に対して右側、その速度も速いので、我が家にとっては最悪のコースといえる。

【台風通過中】 
 風の音で目が覚めた。南あるいは南東からの強風が凄まじかった。頑丈な造りの我が家だが、強風が家を揺るがす。うなりをあげて吹き抜ける風。部屋の小窓から外を見ると、屋外には立っていられないだろうし命の危険があるだろうとすぐに分かる。すでに隣家のアンテナは根元から曲がっている。あれはよく曲がるアンテナだ。もう何回同じ光景を見ただろう。別の隣家の、2階テラス屋根の透明板は、強風にあおられてめくれかかっている。そしてついにそれは我慢できずに吹き飛んだ。それはまっすぐ横に飛んで、電線を越えてあっという間に視界から消え去っていった。電線に当たらなくて良かった。時計を見ると午前5時55分。

 我が家のカーポートは上下にしなって何とか耐えている。ちぎれた葉っぱが宙を飛んでいく。一瞬我が家の瓦が、ピアノの鍵盤の上で手を真横に滑らせるかのようにして浮き上がったのを見た。カタカタという音が聞こえたように感じた。その時は真剣に恐怖を感じた。風速55メートルを体験したことのある者としてはまだまだだと思ったが、やはり生きた心地がしない。

 幸い、台風の速度が速かったためか、恐怖の時間は何時間も続かなかった。


【嵐のあとの惨状】
 近所では、太陽熱温水器がめくれあがっていた。
P8250012.jpg

 木製の塀が壊れてる。
P8250013.jpg

 サトイモの葉っぱがボロボロ。カキの枝が折れて実が散乱しているところも。植物に結構ダメージを与えているよう。
P8250017.jpg

 室外機が移動している。
P8250003.jpg

 我が家では、生け垣が根元から傾いていた。屋外物置が転倒して横倒しになっていた。
P8260005.jpg

 
 最大瞬間風速は8月としては観測史上最大の41・9メートルを記録したよう。トラックが横転したり、大木が倒れたり、熊本城のそばの細川刑部邸の塀が倒れたり、熊本城の長塀が傾いたりした。



【電気が来ない!】
 この台風であのイヤな停電が起きた。過去に3日間ほどの停電を経験したことがあるので、その辛さはよく分かっている。その時のことが再び頭をよぎる。あとで知ったが、この台風で20万世帯が停電したらしい。

≪停電でできなくなること≫
家のwifiが使えない。そのwifiにつながるタブレットやパソコンもネットにつなげない。
電気を使う固定電話機も使えない。
風呂も沸かせない。お湯が出ない。
冷蔵庫の中身がダメになる。
などなど

≪停電でもできること≫
携帯電話は使える。そのテレビも見られる。
アナログの固定電話機は使える。
ガスは使える。
水道も出る(ただし一旦屋上に水をあげなければならない高い建物は✖かも)


 このようなときのことを考え、我が家はオール電化を拒んできた。やはり大正解だったと思う。蓄電池でも設置しない限り、停電では全く使い物にならない。しかし、太陽光発電は設置した。これも大正解。売電をふくむ連系運転はできないので、自立運転に切り替える。自家発電した電気は、ある一か所のコンセントから取れるので、まずは扇風機をまわしてみる。普通に回る。延長コードを引っ張り出した。電子レンジをつなぐと難なく使えた。それで、冷蔵庫に電気を供給してみる。曇り空だったが、冷蔵庫程度は普通に運転できた。おかげで冷凍庫の中身がとけるという被害は防ぐことができた。これには女性陣が大絶賛。災害時に初めて役にたった。しかし、これとて明るい日中のみ。早く電気が来てほしい。

 幸い13時すぎには停電から復旧。それまで太陽光発電でしのぐことができた。しかし、丸一日経った翌朝になっても停電が続いている地区がすぐ近所にあることを知った。ろうそく頼りの夜を過ごし、風呂も沸かせず、冷たいシャワーを浴びたという。もちろん冷蔵庫の中身はパア。その苦しさを知っている者として本当に同情する。



 台風には慣れているとはいえ、やはり怖い。今年はあといくつやって来るのだろう。





続きを読む

夏の終わりにもう一度

 夏の終わりにもう一度。

 今度は年寄りも同行。イタリアンが口に合うかどうか心配でしたし、値段を聞いて行かないと言うかと思ったら、珍しく行くと言いました。

 桃のスープ。最初はぎこちなく食べていましたが、皮を破らないできれいに食べる方法を伝授。
P8280015.jpg
 果肉まできれいに完食。ちなみにお隣の席のきれいなお姉さんのはグッチャグッチャでした。

 今回自分として最高に美味しかったのが、自家製スモークサーモンのパスタ。
P8280023.jpg

 今後、燻製にはまるかもしれません。


 店にいる間も、店を出た後も、うまかったぁ、うまかったぁを連発。桃のスープと2皿目のレンコンのパスタを絶賛していました。来年も生きていればまた行きたいそうです。



イタリア料理 「まんじゃぺしぇ」
096-324-0206
日・祝 定休

江津湖花火大会ラン

 何年振りかで熊本市の花火大会が復活した。本当は29日(土)の開催だったものの、雨で翌日に順延。これが自分にとっては良かった。土曜日だったら仕事で行けなかったもの。

 渋滞を考え、今回は花火会場までランで行くと決めた。昼間は多少晴れ間があったので、今日の花火大会は開催されると確信した。午後3時の発表でも、開催との最終決定が出ていたし。

 しかし、開始1時間前、いざ自宅を出ようとすると小雨が降っているではないか。一瞬躊躇したが、装備を整えて出かけた。

 会場からは随分離れているのに、すでに渋滞注意の看板が。
P8300001.jpg

 いつもは車でしか通らない道の歩道を走ると、いろいろなものが見えてくる。中古車店の店頭に並んでいたコペン・ローブ。身近に中古が販売されていた。しかもイエロー。この手の車はイエローは映えると思う。しかし、我が家にもあと10日ほどでやって来る。
P8300002.jpg
 車の下の乾いたところとそうでないところで、雨の降り始めだと分かる。

 歩道を走っていると、私の横に静かに寄せてきた車がいた。妻だった。どうしても花火を見たかったらしい。でも確実に渋滞するよ、どうすんの? 何か方策があるの? ちょっと会話を交わした後、妻の車はあっという間に花火会場に向けて走り去った。


 途中一人の女性ランナーに追い越された。信号で追いついた時話しかけると(最近躊躇なく話しかけられる年齢になったかも)、花火大会が目的ではなかった。久しぶりに走ってるのは私と同じだった。それにしては速い。

 大きな交差点で花火のための交通整理している男性にも話しかけたら、今晩は自転車に乗った小中高生が多いと。車は渋滞するので、大人は出かけるのを避け、子どもらだけで行くらしい。すぐに深夜徘徊となるわけではなかろうが、最近の親は、夜間子どもが自分たちだけで外出するのを平気で許す。なお、自転車とて置く場所は決まっており、会場周辺に乗りつけることはできないらしい。


 雨はいつの間にかやんでいた。


 会場そばに来たとき、ついに花火が上がり始めた。その振動で、湖の周りの木々をねぐらにしていた大型の鳥たちが、驚いて一斉に飛び立たった。その姿は圧巻だった。かわいそうな気はしたが、その下を走る自分に上から何も落とさないでくれと思うのが先だった。 
P8300006.jpg

 人がとても多い。でも、その中で無事に妻と落ち合った。某所に車を置いて、ここまで歩いてきたらしい。かたやラン、かたや車と徒歩。手段は違えど、それが同じ場所で出会って、同じ花火を見ているのは、何か不思議な感じ。

P0830.jpg

P8300012.jpg

 私のコンデジでは、花火はうまく撮れない。かえってスマホとかタブレットのほうがきれいに撮れるんじゃないだろうかと思う。

P8300019.jpg

 打ち上げ地点の間近で見るフィナーレは圧巻だった。音楽と花火のタイミングが完全に合ってる。


 花火が終わった頃から再び雨が降り始めた。妻とともに、車を置いている場所まで歩く。周辺道路は大渋滞。車が遅々として進まない。徒歩の方がはるかに速い。車を置いてあった場所まで2キロほどあっただろうか。そこからも私は、誘惑を振り切って、行きと同様走って帰る。


 小雨の中のラン。一方、妻は渋滞もなくとっくに帰宅していた。本日の総走行距離 17.2キロ。