初めての九州国立博物館

 九州国立博物館なるところに初めて行ってきました。福岡県内の親戚も同じ県内にあるのに行ったことがないといいます。

 事前情報なしに初めて目にした建物。ひとことで言うと、デカい。さすが国立。
P9010055.jpg

 当然、中も広い。
P9010051.jpg

 「大英博物館展 100のモノが語る世界の歴史」、これがずっと見たかった!
P9010053.jpg

 会期の残りが少ない9月1日、やっと時間をつくることができました。月も改まり学生は少ないだろうから、ゆったり見られるだろうと思っていましたが、甘かった。予想に反して人が多かった。平日でもあり、年配者が圧倒的に多い。
 また、入ってしばらくは、展示物と観覧者を隔てるガラス沿いには列ができており、その列に並んで展示物の前まで近づくのを辛抱強く待っている人が大勢いました。確かに列に並べば最も間近で見ることができます。実に律儀です。私はといえば人の頭と頭の隙間からどんどん見て回ります。100もあるのです。しかし、中に進むにつれガラスの前の列はもっと緩やかになり、そのうち列自体がなくなり、みな自由な雰囲気で観覧していました。

 自分が撮った写真はここまで。なぜなら館内は撮影禁止だからです。これからの画像は「九州国立博物館」から提供されたもの。
_MG_7763.jpg

 全体的に館内は暗い。展示物保護のためでしょう。仕方のないことですが、最近加齢によって視力の衰えを感じている自分の目にはちと辛く感じました。



【魅かれた展示物】

009 古代エジプトの化粧パレット(カメ)

残念ながら画像なし。シルト岩。縦21.3cm 横18.7cm 厚さ1.2cm。当時のナイル川流域に生息していた生物を表したもの。発見場所が墓所なので、エジプト人の考えでは来世でも化粧が重要だったのだろう。

ちなみにこのカメの形はどうみてもスッポンだった。最大1メートルにもなる種「ナイルスッポン」かもしれない。


013 ウルのスタンダード

ウルといえば、メソポタミアにあった、聖書に出てくるアブラハムが生まれたであろう裕福な都市。

その「平和」面。
_MG_7812.jpg
「戦争」面。
_MG_7814.jpg
横にも絵があったが、大きな二面に気をとられ、じっくり見なかった。
_MG_7829.jpg
_MG_7831.jpg


014 楔形文字を刻んだ粘土板
_MG_7955.jpg
労働者に支払うべきビールの配給量が記されている。ビールが給料?容器の形で表されているのがビール。
_MG_7837.jpg



015 メソポタミアの大洪水伝説を語る粘土板
画像なし。ノアの洪水と似た記述のある「ギルガメシュ叙事詩」の一節が記されている。


020 金製の半月型装飾
画像なし。アイルランドで発見されたもの。表面の模様が精巧。熟練した金細工人の仕事にあっぱれを。


023 アッシリアの戦士のレリーフ
_MG_7845.jpg
古代ニネヴェ、センナケリブ王の宮殿から発見されたもの。残忍さで有名なアッシリア兵たち。残忍さを強調することによって、領土を広げる先にいた人々に恐怖を植え込んだのだろう。


026 アレクサンドロス大王を表した硬貨
画像なし。エジプトからインドにまたがる地域を征服した王。鋳造されたのは大王の死から40年後。大王死後に覇権を争った将軍の一人リシュマコスが、偉大な大王の威光を借りて、自らの権力掌握を正当化するために作らせた。


027 ロゼッタ・ストーン(レプリカ)
_MG_7853.jpg
あまりにも有名な遺物。古代エジプトの象形文字(ヒエログリフ)を解読するきっかけになった。3種類の異なる言語(象形文字、デモティック、古代ギリシャ語)で書かれており、学者たちが読める古代ギリシャ語部分に、三つの銘文が同じ内容であると記されていたことから、象形文字の解読が可能になった。アレクサンドロス大王の将軍のひとりプトレマイオスによって興された王朝の、後代の王プトレマイオス5世が、みずからがエジプト文化の正当な継承者であることを民に示すために彫らせた。


036 アラビアの手形奉納品
_MG_7977.jpg
青銅製。本物の手から鋳型を取ったと思われる。小指を見て欲しい。骨折したと思われる形跡が残っている。1700~1900年前に実際に生きていた人の手形がここに残っている。


068 ヘブライ語が書かれたアストロラーベ
_MG_8025.jpg
_MG_7912.jpg
アストロラーベなるものを筆者は知らなかった。14世紀のもので、当時の最先端技術。これさえあれば、昼夜とも時刻がわかり、日の出と日の入りの時刻も知ることができた。天体の動きを再現して星図の役割も果たし、測量と占星術にも使えた。一度に表示できるのは特定の緯度だけで、様々な場所で使えるよう取り換え可能なプレートが付いている。これには5枚のプレートが付属しているらしい。

ここには、実際に使ってみようのコーナーがあったが、結構難しそうだった。時間の関係で遊べなかった。

このレプリカまたはアストロラーベ福岡版(せめて首都東京版)とか販売されていたら、少々高価でも絶対に買っていたと思う。金属製ならなお良い。(追記:博物館のサイトから福岡版がダウンロードできることが判明) 同行者たちもこれに一番反応していた。これを描いたトートバッグが売店で販売されていた。同行者たちはそのデザインを絶賛していたが、値段(2,400円)に購入を躊躇していた。しかし、そのひとりである我が妻は、今になってあのとき買っておけばよかったと後悔している。

アストロラーベ(福岡版)を作ってみよう
アストロラーベの使い方1
アストロラーベの使い方2

【ここから表情編】
昔の遺物の表情がとても興味深かった。

052 モチェ文化の壺(ペルー)
_MG_7874.jpg
_MG_8002.jpg
_MG_8003.jpg
_MG_8005.jpg
この中に“荒井注”がいると思った(世代がばれてしまう)。

064 イフェの頭像(ナイジェリア)
_MG_8014.jpg
_MG_8016.jpg
これはスゴイ! アフリカにこのような文化があったということに(@_@;)。その緻密さ、存在感に圧倒された。

062 ルイス島のチェス駒(イギリス)
_MG_8017.jpg
_MG_8020.jpg
ちょっととぼけたような表情が魅力的。


039 ガンダーラの仏像(パキスタン)
_MG_7988.jpg
ガンダーラといえば私たちの世代ではゴダイゴ。異国情緒を感じさせる曲だったが、仏像の顔立ちも、日本の仏像とは随分違う。ほりが深くて鼻が高い。


090 バカラの水差し(フランス)
_MG_8042.jpg
ヒトではないがその表情に見入ってしまったモノ。全体の姿も見事だが注ぎ口の彫刻、その曲がり具合の繊細さに目を奪われた。まさに超絶技巧。鳥かと思ったら、想像上の海獣らしい。



 いやはや初めての九州国立博物館、大いに楽しめました。この手のものにあまり関心のない同行者は、1時間もあれば見終わるだろうと高をくくっていましたが、なんのなんの、みな十分楽しめました。

 これ以外に常設展示もありますが、こちらは時間がなくてじっくり見ることができませんでした。「国宝」と銘打ったものがゴロゴロ、普通に誰もが見られるようにして展示してありました。さすが国立。一級品ばかり。好きな人にとっては時間を十分とって見に行く必要があります。

 出直してこよう。



出品目録PDF

刈払機安全講習(実地研修)に参加

 阿蘇・野焼き・輪地切り支援ボランティア活動の一環として、輪地切りで使用する刈払機の安全講習会に参加してきました。阿蘇波野のトラスト地に10時集合。

 私たちの班は、指導してくれるリーダー(黄ヘル)一人、私を含めた二人の受講生、合わせて三人の班。実践的な練習ということで、実際の草原で刈払機の取り扱い方を身につけます。
P9050016.jpg

 私にとっての刈払機は、普段仕事や家事でもまったく扱うことのないもの。エンジンを始動し、刈払機の肩紐に体を通し、スロットルを開けると、背中ではエンジンが大きな唸りをあげ、前方では金属の歯(チップソー)が高速で回転します。誤った使い方をすれば大けがの恐れがあるため、めちゃくちゃ緊張します

 やり方は教えてもらえるし、時には手取り足取りでこうするのだと示してもらえるのですが、最初はもう嫌になるほど全くうまくいきませんでした。作業を続けるには力を入れる場面とそうでない場面のメリハリが大切だと言われましたが、終始力が入りまくり。それでも何とか少しずつコツをつかみ、割り当てられた区画の上から下まで一列分を刈り終えた時には、上半身汗びっしょりで、シャツから汗が絞り取れるかと思えるほどでした(上に作業着を着ていたから、特に蒸れたんだと思います)。こんなに汗をかいたのは、ランニングでもあまりないかもしれません。マジで脱水になると思いました。ですから飲み物を携帯するよう事前の指示があったのです。時折休憩をしながら、水分を補給しながら作業を進めなければいけませんでした。

 終始力が入っていては疲れるだけなので腰の回転で刈払機を左右に動かす、ということばの意味がやっと少し理解できました。自分の左側に草を倒すために、回転歯を地面に平行ではなく、左に少し傾けて切っていくというのもよく分かりました。背の高い草の正しい切り方やも伝授してもらいました。


 素人集団で刈ったど!どや!
P9050017.jpg

 今回私たちが割り当てられた場所は特に、背丈ほどのカヤが生い茂っていました。このような場所はほかの牧野でもあまり多くないそうで、作業がしんどい場所だ、と後から聞きました。つまり素人の私たちは、いきなりそんな場所で、これが普通なのだと思って、作業したことになります。もう何でも来いという気分になりました。


 11時半頃に終了。ポカリスエット(大汗かいたからね)と温泉券をいただきました。


 本日丁寧にご指導くださったEさん、ありがとうございました。

丸目コペン・セロ、納車さる

 丸目コペン・セロ(cero)を受けとりに行ってきました。

 日陰にて、クローズ状態。
CERO1.jpg

 日当たりのいい所にて、オープン状態。
CERO3.jpg

 さすがに映り込みががよろしい。ブリティッシュグリーンマイカ。
CERO2) (2)

 装備は必要最低限。セカンドカーなので値段を抑えました。途中S660と迷いましたが、先方に対する家族の強い反対と実用性のなさ、私の体格との相性という問題で、我が家としてはこちらに落ち着きました。この決定に満足しています。

 発売が6月18日、契約が6月21日、工場で完成したのが9月2日、本日晴れて納車となりました。82日かかったことになります。これからオープンにし易い良い時期に入手できました。

 早速オープンにしたかったのですが、雲一つない快晴で日射しが強烈だったので、実行しませんでした。エンジンをスタートさせたときの排気音はやはり太くて耳に心地よいです。試乗したローブでは、奥まで踏み込まないと効きにくかったブレーキ。セロではやや改善されているように感じました。もちろん踏み込みは必要ですが、早い段階からジワーッと効いており、試乗の時に感じたほどの違和感はありませんでした。また、普通に公道を走る分には、軽ゆえの非力さは感じられません。むしろ軽として加速もそこそこ良いし、きびきび走って、運転していて面白いと思いました。ヘッドライトも明るくて、前方がよく見えます。
 

 これは試乗車のパールホワイト。好みの問題ですが、選択は間違っていなかったと確信しました。
CERO4.jpg

 早速、運転させろ運転させろとの声が周囲から・・・・。

コペン 阿蘇初ドライブ

 コペン・セロが納車されて1週間経ちます。営業マンに、奥さんとのドライブ楽しんでくださいと言われていたのがやっと実現しました。夏の疲れがこのところ顕著に出て体調を崩していたので、外出そのものが久々。

 景色と温泉と食事を一度に楽しむなら阿蘇。体に優しいそばを食べたいし、野焼きボランティアの時にもらった温泉券を使って温泉にも無料で入ることができます。風向きの関係でちょうど北阿蘇なら降灰がないことを確認して出かけました。

 阿蘇の北外輪山に登ってから待望の初オープンに。ボタン一つ、わずか20秒ほどで天井が格納されます。
P9180059.jpg

 阿蘇の風は平地とは違い、すでに少しひんやりとしていました。頭は涼しいのに、それ以外は暖かいというこれまで経験したことがない温度差。シートヒーターも付いていますし、エアコンと併用すると、もしかしたら本当に冬でもオープンにできるかもしれません。雄大な阿蘇のパノラマの中、頭上の解放感が半端ありません。かぜを感じて走ることのできるオープンってこんなに気持ちがいいものか、買ってよかったと心底思いました。

P9180060.jpg

 阿蘇の噴火? せいぜい噴火口から半径2キロの立ち入り規制区域のみ、山頂近くだけです。阿蘇は広大なのです。あのニュースを見て宿泊キャンセルが出ているそうですが、なんともったいないことでしょうか。阿蘇は今からが観光に一番いい季節なのに。

P9180066.jpg

 コペン、普通に走る分には足が固いと思っていましたが、くねくね曲がった山道を走る分にはその固さがちょうど良いものでした。カーブにそこそこのスピードで入ってもきっちり安心して曲がれます。人生初オープン、これには驚きました。うちの普通車のほうがよっぽどバネがふにゃふにゃ、カーブの外側に膨らみそうになり、安心して乗っていられません。運転が面白いじゃん。


 外輪山から阿蘇の内牧に下りてきて、温泉「入船」へ。古い街並みの中をオープンでとことこ走るのも風情がありました。
P9180064.jpg

 かなり遅めのランチ。十割そばが食べられる「馬方そば」に向かいました。ここは夕方までランチ価格。その仕組みはこうです。単品のそばの値段で、小さなご飯ものが付くのです。しかもそばもご飯ものも何種類かからか選べます。味よしコスパよしの店。

 私は、とろろそば(温)に海鮮丼。
P9180067.jpg

 妻は、とろろそば(冷)に台湾丼。どちらにも最後にそばアイスが付きます。いずれも780円+税。
P9180070.jpg

 オープン走行はここまで。

 11時頃に出発し、夕方には帰ってくるコース。久々に鋭気を養うことができました。



 燃費 18キロ/L。

死ぬときに後悔すること

 身近な親の死などいろんな死に遭遇することが多くなって、最近、生と死に関するいろいろな情報を集めるようになりました。酒を酌み交わす同級生が生死に関わる重い病気になったことや、自分自身も体力の衰えや老化を如実に感じるようになったのもあるかもしれません。

 反面教師のような形でも良い。多くの人々の経験を通して導き出せる人間の本質についてもっと知りたい。その点で、下記の本は非常に興味深いものでした。

「死ぬときに後悔すること25」 大津秀一著

 著者は、1000人を超える末期患者と正面から向き合い、その死を見届けた緩和医療専門医。それぞれの患者が吐露した“やり残したこと”を25に集約してあります。人が何を後悔して死んでいくのかよく理解できます。共感する部分も多々あり。難しい内容はなく、さくさく読めます。

1.健康を大切にしなかったこと
2.たばこを止めなかったこと
3.生前の意思を示さなかったこと
4.治療の意味を見失ってしまったこと
5.自分のやりたいことをやらなかったこと
6.夢をかなえられなかったこと
7.悪事に手を染めたこと
8.感情に振り回された一生を過ごしたこと
9.他人に優しくしなかったこと
10.自分が一番と信じて疑わなかったこと
11.遺産をどうするかを決めなかったこと
12.自分の葬儀を考えなかったこと
13.故郷に帰らなかったこと
14.美味しいものを食べておかなかったこと
15.仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
16.行きたい場所に旅行しなかったこと
17.会いたい人に会っておかなかったこと
18.記憶に残る恋愛をしなかったこと
19.結婚をしなかったこと
20.子供を育てなかったこと
21.子供を結婚させなかったこと
22.自分の生きた証を残さなかったこと
23.生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24.神仏の教えを知らなかったこと
25.愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

 人間は自分にいずれ死が訪れることを考えることができない生き物のようです。でもそこを意識するようになると、生き方をより充実させられると思います。 

若い芸術家夫妻

 郊外の 巨大なショッピングモールに、色鉛筆で描く若い画家さんがいらっしゃいました。自己紹介のチラシを見ると、お名前は森口慶一さん。

P9190004.jpg

 その精緻な描写に、目が釘付け。

 聞けば、元・警視庁の似顔絵捜査員という経歴をお持ちの画家さんでした。いろいろお話しすると、そりゃあ動物や幸福そうな人を描く方がいいわな。

 奥様も芸術家でいらっしゃいます。物腰の柔らかいお二人。夫婦で作品を生み出して生計を立てているこういう人たち、応援したくなります。お二人のアトリエ「スマイル ぷりゅす」は熊本市神水にある。

2015第10回氷川町梨マラソン走行記

 秋分の日、今年も氷川町梨マラソンの日がやってきました。このイベント、荷物預かりがないので、今年は荷物番として妻が同行。非常に助かりました。

 昨年より遅めの8時10分に会場付近に到着。予想通り近くの駐車場はいっぱいで、遠方の竜北グランドに回されました。その駐車場に入るのにも車が列をなし、少しずつしか進みません。で、車を止められたのは8時30分頃か。

 そして無料シャトルバスに乗るのも長蛇の列。はるか前方にマイクロバスがあるのが見えるでしょうか。道理で、待ちきれない人たちが何組も歩いて会場を目指していたのか。
P9230003.jpg
 見よ、この雲一つない快晴の空。すでに暑い!昨日の天気予報では午後から天気が崩れるはずだったのでは?ものの見事に裏切られました。先が思いやられる梨マラソン。

 ただしこの列も、マイクロバスが次々にやって来ると意外と早く解消します。私たちが駐車した頃は、人が一番多かった時ではないでしょうか。マラソンの受付は8時40分まで。バスに乗る前に時計を見たら8時45分。もう受付時間は過ぎてます。でも大丈夫。時間を過ぎても受け付けてくれるというのは、昨年観察していて知っていました。それにまだ受付していない人がこんなにいるし。バスに乗る頃は駐車場に入る車の列もなくなっていました。

 私が受付をしたのは9時頃。やはり今日は暑い。屋外にいるだけでじんわりと汗が出てきます。私は開会式にも顔を出さず、ひたすら体力温存。弱い冷房の効いているウォーキングセンター館で待機。今回はできるだけ身軽に、カメラさえ持たずに走る予定。それほど余裕がりません。これ以降の現地の画像は、カメラを託した妻が撮ったもの。

 なぜ余裕がないか。だって、2週間走っていないから。その間に、実は夏の疲れからか体調を崩していました。38度越えの熱やら何やらに腰痛も併発して、体がようやくまともになってきたのが、今週に入ってから。一時は出場できるだろうかと危ぶむほどでした。


P9230004.jpg
≪大きなイベントでは女子トイレ前の列はよく見かけます。男子がたくさん並んでいたのがよっぽど珍しかったようです。≫


P9230007.jpg
≪梨を剥くスタッフの方々だろうと思います。今年も誰でも無料で好きなだけ梨が食べられました≫


 9時40分頃、10キロの部召集。スタート地点まで移動します。そういえば今年は会場にドローンが飛んでいました。会場を写していたんだと思います。画像右下は、今年の参加賞の梨が入った箱。
P9230010.jpg
 よく見るとこの時点で、雲が出てきています。それでも暑いことに変わりありません。


 昨年は前の方からスタートしましたが、今年は最後尾あたりからスタートして、ぼちぼち走るプラン。お腹の具合もずっと良くなかったので、梨も食べられるかどうか。余力があれば最後の下り坂は自分なりにスピードを上げる予定。


P9230011.jpg
≪郷土料理・辛子蓮根の仮装ランナー「からっしー」を写したかったようです≫



 私が待機しているあたりから、スタートラインは100mほど先でしょうか。あの「からっしー」の横に位置取り。ブログ見てますよと簡単な初挨拶がかないました。



 いよいよスタートの10時。昨年は前方で、スタート直後いきなり抜かれまくりましたが、今年はそんなことはまったくありません。むしろ人込みで前に進めなくて、一時歩くこともありました。最初からの登り坂では、汗がじわじわと出てきます。太陽は今年もいじめるようです。そういえば、スタート地点でまたもやドローンが上空を飛んでいました。

 「からっしー」は思ったより速い。ぐいぐい坂を上っていきます。いつの間にか置いて行かれました。でも給水所で追いつくことを二度ほど繰り返します

 あとでGPSウォッチの記録を見たら、最初の1キロは8分25秒もかかっていました。ものすごく遅い出だし。



 2キロあたりで、前方のコースをぐるりと回って戻ってきた先頭集団とすれ違いました。彼らはけた違いに速い。すでにわれわれの倍4キロ以上走ってきているはず。



 薄雲が出ており、太陽は時折隠れることもありました。今年は昨年より体力的にも辛くないと感じました。まあ、ペースも遅いしね。そうは言っても昨年よりややましなだけで、ぶっ倒れそうに暑いことには変わりがありません。ある給水所では、中学生と思しきスタッフに、往復ともホースで頭から水をかけてもらいました。体が冷えて一時的にですがとても涼しい。



 10キロコースだけに用意された折り返し道路では、対向してくる顔を観察します。昨年は鼻水でも飛び出さんばかりの必死の恐ろしい形相を数多く見ましたが、今年はそこまで崩れていないように感じました。自分自身も参加2回目だからか、折り返し地点の位置も覚えていますし、まだ心と体の余裕があるように感じました。昨年はどこで折り返すのだろう、まだ先なの?と思った記憶があります。

 6キロまではキロ7分台でぼちぼち走行。その後やや意識的にペースを上げて走ります。そういえば今年は給水だけで、梨をまったく食べませんでした。

 暑さはランナーを少しずつ蝕んでいるようでした。途中救急車を見ましたし、救護の軽トラに運び込まれるもうろうとなった女性も見ました。

 後半4キロはキロ6分台になり、最後はキロ4分台で走っていました。最愛の妻の待つフィニッシュに最後の力を振り絞って駆け込みます。今年も無事に完走がかないました! でも、そこには妻の姿はありませんでした。



 2週間ぶりのランに、何とか体は持ちこたえました。最後尾近くから走り始めて1時間10分ちょうど。昨年より良いタイムでした。実質10分を切ることができてうれしかったです。

 フィニッシュ後初めて、無料の梨を食べる、食べる、食べる。30切れくらい食ったでしょうか。もうお腹が緩くなっても大丈夫。そして今晩からお酒も解禁。

 もうマラソンは終わっているのに、じわじわ出る汗が30分ほど止まりません。あとで気づいたのですが、顔は日に焼けて赤く、目の下の頬が温泉ではヒリヒリ。思ったよりダメージあったようです。



P9230018.jpg
 参加賞の吉野梨「新高」。3個入っているはずのところが2個+梨ゼリー2個。

 その理由は、8月の台風15号。梨がかなり落ちたそうです。私が尋ねたスタッフは「1,2割」とおっしゃいました。「1,2割減ですか?」。「(首を振って)通常の1,2割の収穫です。今年は本当に申し訳ありません」。吉野梨、じっくり味わっていただきます。

 今年の弁当は昨年より内容が良くなっていました。
P9230019.jpg
P9230021.jpg

 参加賞の梨、弁当、無料入浴券込みで参加料3000円!コスパ良すぎ。この時期の坂道10キロ走は肉体的にはかなり厳しいですが、来年も参加します!

10キロ 1236人、
5キロ  381人、
3キロ  377人、
合計  1994人参加

午前11時の気温 28.9度(八代)。
ちなみに前年26.2度(同)。今年はやはり暑かったんだ。


昨年の氷川町梨マラソン走行記はこちら