冬のオルレ 天草・松島コース

 九州オルレの天草・松島コースを歩いてきました。私は2回目(前回の記事はコチラ)。本当はもっと気候の良い時に行きたかったのですが、延びに延びました。今回違うのは独りではないこと。登山のいつもの相方と一緒。

 この日は12月に入って一番寒い日でした。夜中、突然雨が降ってきたと思ったら、すぐに大きな音に変わりました。なんと雹が降って来たのです。オルレ行き、大丈夫だろうか。
PC040001.jpg

 朝起きてみると曇天。しかもかなり寒い。天草に南下するにつれ、曇り具合がさらにひどくなり、時折小雨がぱらつく天候。しかも行きは途中までコペンでオープン走行。肩から上は冷たく、足腰は暖房で暖かい、これがいわゆる“露天風呂”みたいでした。まずはゴール地点、足湯のある港の駐車場を目指します。

 前回は、駐車場のある「松島」からスタート地点の「知十」までの約5キロを、独りランニングをしました。でも今回はバスで行くことにします。
PC040007.jpg

 路線バスの本数はやはり多くありません。それでも、熊本と天草・本渡を結ぶ快速バスがちょうど来たので乗ることができました。10分もかからず目的の「知十」バス停に到着。280円也。
PC040008.jpg

 オルレのスタート地点が非常に分かりにくかったですが、この1年のうちに改善されていました。案内板が設置されていたのです。向かいの床屋は前回親切にスタート地点を教えてくださったところ。
PC040009.jpg

 スタート地点の知十観音。
PC040010.jpg

 顔が隠れてしまいましたが月光仮面がお出迎え。
PC040011.jpg

 スタートして間もなくコースを外れ、滝を見に行きます。御手洗滝。今回は滑って転倒しないように細心の注意。
PC040012.jpg

 のどかな田園地帯、ヒマワリ?が咲いています。晴れてたらもっと気分が盛り上がったのに。おまけに寒い。
PC040014.jpg

 雑木林を抜け、知十海岸(1.7km地点)沿いを歩きます。
PC040015.jpg

 その後、ひたすら長い田んぼの中の一本道を歩いてきました。ここから山道に入ります(4.3km地点) 。
PC040017.jpg

 途中の山道は今回はそんなに体に堪えませんでした。それもそのはず、スタート地点までバスで来たからです。今回はあっという間に上まで登ったという感じ。それでも寒いなか汗はかきます。マラソン用の下着を着ていたので、そこまで不快になりません。

 そして、やはりオルレのコースを外れて、千元森嶽を目指します。ここはよじ登らなければならない岩山。
PC040019.jpg

 階段が据え付けてあります。相方は登山経験豊富なため、私より年上なのにガンガン登ります。置いて行かれそうになります。それまでは私が先を歩いていたのに。
PC040020.jpg

PC040021.jpg

 ロープがあるところを上から撮影。相方は、このくらいロープ要らんわ、と言います。遠くにうっすらと見える景色から、この辺りが周辺より高い所だとわかります。
PC040022.jpg

 頂上に到達(5.5km地点)。こんなの楽なうちだとのたまう相方。私にはスリルがあるけど。

 見晴らしの良いここで、本来なら弁当を食べれば良いのですが、風が吹いて寒くてそれどころではありません。もちろん体を動かしている分には寒さをさほど感じないんですが、その場にとどまるのは無理。早々に退散します。ここから見る景色は見事でした。遠くは三角岳や天草一号橋も見えます。もしかしたら天草五橋すべて見えるんじゃないでしょうか。北側の空がこのあたりの空より明るい。こちらも早く回復してくれ。





 千元森嶽から先はほぼ下り。オルレのコースに戻って、青年の家を囲むように山道を歩きます。トレイルランナーになった気分で独り楽しんだりしました。そして、千厳山の山頂(7.3km地点)まで移動し、風をやや避けられる場所でやっと昼食。でも、そこでもそんなに長く座っていられませんでした。早々に移動することに。

 コースに突然現れた数台の長いすべり台。無邪気にすべってみますが、滑らないすべり台でした。ただ、前回このような設備を見た記憶がないので、この少し前で道しるべを見落として、コースを逸脱したようです。
PC040040.jpg

 しかし、山の中にコースを示す赤青のリボンがぶら下がっているのを見つけ出し、間もなくコースに復帰しました。

 巨石群(7.8km地点)。前回は気づきませんでしたが、巨石の間を通り抜けられました。
PC040044.jpg

 巨石と木が癒着しています。どれくらいの年月が経っているのでしょう。
PC040046.jpg

 なるほど巨石。これが一番大きいと思われますが、ほかにも石がゴロゴロ。
PC040048.jpg

 再びプチ・トレイルラン。途中見つけた、まるで弾丸が貫通したかのような木々。何かの病気か虫食いでしょうか?
PC040050.jpg

 山を下りると湿地帯が現れます。その中の一本道を歩いてきます。
PC040053.jpg

 人家がやっと現れてきました。ゴールは近い。ある民家の庭先にあった、きれいに刈り込まれた見事なもみじに驚嘆しました。
PC040055.jpg

 松島観光ホテル岬亭(9.3km地点)の敷地の中がコースになっています。相方は珍しそうでした。前回その敷地の出口で、どちらに行けばよいのか迷いましたが、今回改善され、進むべき道がしっかりと、はっきりと、表示されていました。
PC040058.jpg

 天草五橋の五号橋を海辺から眺めます。天候もだいぶ回復してきました。
PC040059.jpg

 ついにゴール地点(11.1km)に到達。愛車コペンに再会。
PC040060.jpg

 本日の距離(GPSウォッチによる)
 ◆11.76km(寄り道含む)  3時間40分

 最初にバスを利用したために、前回よりはるかに疲労が少ない。あっという間にコースを歩いた感じです。晴れてなくても、寒くても、楽しめましたが、やはり外が明るい方が心も弾みます。

紅葉見物を兼ねて、GT-2000 NEW YORK 4 初使用

 今年のシューズとしてアシックスの「GT-2000 NEW YORK 4」を選びました。
PC070004.jpg

 今の自分の力にぴったりのシューズかと思いました。まずはサブ5。
PC070005.jpg

 その初おろしを兼ねて、ハーフ走(21.1キロ)に出かけました。忙しすぎてほんと走れていません。前回走ったのがやはりハーフ走。間にオルレウォーキングはありましたが。
 今日はついでに見たいものがありました。ちょうど旧細川刑部邸の紅葉が見頃になっている、と友人から教えてもらっていたのです。ちょっと前に見に行って今年はダメだと話していたのですが、友人によると、なんのなんのだと。

 確かに前回とは違いました。こんなに美しく色づくとは。12月もまもなく十日になろうとしているのに、今紅葉見物とは。
PC080014.jpg
PC080024.jpg
PC080022.jpg

 冬の装いをしたカメラマンが多くいらっしゃいました。かく言う私もしっかりコンデジを持って来ています。でも服装がまったく違いました。暖かいとはいえ真冬に半袖半ズボンのランニングスタイルで、一人うろうろしているのは違和感がありました。でもそんな姿だったから目立ったのか、野焼きボランティアでこのブログによくコメントをくださる「自然人の独り言」ブログ主のともあきさんに見つけてもらえたのかもしれません。まさかこの場所でこの時間にお会いするとは。ここにも出没しておられるのは知っていたので、まったく予感がなかったわけではありませんが、まさか、でした。素敵な写真は撮れたでしょうか。

PC080025.jpg
PC080030.jpg
PC080032.jpg

 特に入口近くの真っ赤な紅葉は見事でした。今年からライトアップされているそうなので、機会があれば見に行きたいものですが、仕事柄無理かも。

 この後熊本城二の丸公園を数周走って、紅葉を見つけながら島崎、池上を通って帰宅。今日のランニングでは、後半足が動きませんでした。シューズのせいにしたくありませんが、このシューズ、クッションは抜群に良いですがやや重い。あとで量ってみると片足で310gありました。確かに足の故障は少なくなるかも。でも前進するのに余分の力が必要な感じがして、今日は前に進まないなあというのが走っててずっと感じてたこと。故障も怖いですが、使っていくうちに慣れてくるでしょうか。

 本日のタイム2時間33分。後半疲れすぎました。

初冬の嘉島町湧水天然プール

 先日、嘉島町の湧水天然プールに半月ぶりに立ち寄りました。今回は、子どもの頃ここで泳いでいたという人も一緒。

 TG-3にはシーンモードの中に水中写真を撮る4つのモードがあります。泳いでいる人物を撮るのに最適な「水中スナップ」、水中の景観を撮影するのに最適な「水中ワイド1」、ピントが固定される「水中ワイド2」、そして水中での近接撮影に最適な「水中マクロ」。

 前回撮影したものは、水中モードがあるのをすっかり忘れていて、通常モードで撮ってしまったので、今回はその中の「水中ワイド1」で撮ってみました。

 すると鮮やかさと、くっきり感が増しました

PC090015.jpg
 青も赤も通常モードより鮮やか。

PC090003.jpg
 プールの内外を隔てる壁。やはり底はすきまがあいています

PC090005.jpg
 グリーンもより鮮やか。植物自体に汚れが付いていません。でも、これは・・・。

 外来種のオオカナダモか?なら、ちょっと残念。

PC090007.jpg
 くっきりはっきり。光が踊る様子まで写っています。

PC090008.jpg
 色の対照が面白い。

PC090010.jpg
 透明な湧水の中に飛び込みたくなりました。実際手を水中に入れると外より温かく感じられます。


 今日はプールの中に大型の魚が全然みあたらないと思いましたが、たまたま撮った写真の中に写り込んでいました(拡大写真)。プールの外で悠々と泳いでいました。しかもその奥にもたくさんの数が。
PC090012.jpg

 ここに来ると、水の透明感に心が洗われる感じがし、落ち着きます。

 ただ残念だったのは、プールの中に男性用と思われる真っ白な肌着がいくつか投げ捨てられていたこと。まったく誰がこんなことをしたのか。それが目に入るたびに興ざめしました。

シエナ・カンポ広場での思い出

 私にとってイタリアといえばシエナっていうくらい好きな街です。2回この街を訪れました。2回目のときには完全な個人旅行、この街だけに4泊もしてしまいました。普通はフィレンツェから半日観光くらいで立ち寄るだけの街なのにです。
 この街で親しくなったイタリア人も何人かおり、そのうちのある夫婦とはかなり親しくなりました。彼らは現在ドイツに引っ越しており、ドイツを訪れるよう誘ってくれています。でもなかなか訪れる機会がありません。ドイツもいいでしょうが、やはり性に合うのはイタリア。

 シエナといえば、世界一美しい広場といわれるカンポ広場があります。なぜ美しいかに関する考察があったので載せてみます。http://www010.upp.so-net.ne.jp/architurismo/architurismo/citta/siena1.htm

italia4.jpg



 この広場の周囲のオープンカフェで食事をしていると、赤いベレー帽を被った大道芸人がやってきて、抱腹絶倒のパフォーマンスを見せてくれました。通りがかりの観光客相手にちょっとしたいたずらをして驚かせ、カフェでくつろいでいる人たちはその反応を見て楽しむというもの。

italia5.jpg
≪刷毛で後ろからくすぐる≫

italia6.jpg
≪霧吹きの天気雨≫

italia7.jpg
≪団体客を誤誘導する偽のツアーガイド≫

italia8.jpg
≪メニュー見ながらの歯磨き≫

italia9.jpg
≪文句があるならイエローカード≫

 残念ながら写真はないのですが、犬を散歩させている飼い主の上着に、気づかれないように散歩用のリードを付け、道化の男性が飼い主を散歩させ、飼い主が犬を散歩させている図を作りだしたのには、腹をかかえて笑いました。この手口に引っかかった日本人の方がいるようです。その経験談。 http://www.geocities.jp/mascheron/04/04.html

 次から次へと繰り出されるいたずら。不思議といたずらされた人たちで怒り出す人はいませんでした。ユーモアを解するのか衆人環視による恥ずかしさで早くその場を立ち去りたいと思うからか。今の時代、日本でならどうでしょう。危なくないでしょうか。

 これらはすべて2004年のものですが、この男性、今でもお元気でシエナで活動していらしゃるといいのですが。もしこの方のパフォーマンスを見ることがあれば、最後にチップをお忘れなく。

 あ~、シエナまた行きたい。

塾の設備が新しくなりました

 子どもたちの冬休みを前に、塾の設備が新しくなりました。



 ≪その1≫ トイレ工事

 便器の交換と共にクロスの張替え、床の張替えも行いました。

 クロス・床工事をしてくれたのは、教え子でもある「インテリアNAGATA」の親方。実に丁寧な仕事っぷりでした。
PC160011.jpg

 パナソニックの全自動おそうじトイレ「アラウーノ」の最上位機種が入りました。
PC160012.jpg

 取り付け工事をしてくれたのは、福岡県久留米市の「山久設備」社長。信頼できる実直な工事をしてくれる我らが友人です。
PC160014.jpg

  
PC160017.jpg

 かなりお洒落になりました。「男性の方も座ってご利用ください」との表示を付けました。これで快適に使用できます。



 ≪その2≫ 教室LED蛍光灯工事

 ネット上では一本千数百円で販売されるようになったLED蛍光灯。しかし、今回選んだのは「プレミアムルクスファイン」という長期保証のLED蛍光灯。

PC250001.jpg

 ● 消費電力11.9W
 ● 演色性Ra85
 ● 発光効率168ルーメン/W
 ● 回転式口金付きのため、照射角度18度単位での調整可能
 ● フリッカー(ちらつき)対策済

 これだけでもかなり優れたスペックだと思いますが、さらになんと15年保証付き。

PC250003.jpg

 ちまたの工事不要というのはちと心配。うちのはもとからあった安定器を使わなくするバイパス工事が必要でした。安定器自体も電気を消費しているので、それを使わない分消費電力を下げられます。

 今回は、「ベストITビジネス」さんにお願いしました。うちが熊本支店開設後の工事第一号らしいです。

PC250005.jpg

 設置後感動したのが3点

 1).普通の蛍光灯を使っていた時より明らかに明るくなりました。しかもこれで明るさが減衰しにくいという素晴らしさ。
PC250006.jpg

 2).教室に入ってものすごく違いを感じたのが熱量。これまで蛍光灯の熱が知らず知らずのうちに上から放射されていたというのが分かりました。LED蛍光灯は発熱が非常に少ない分、“涼しい”のです。これは夏の冷房の効きにも大きく影響するのではないかと思います。

 3).さらに、消費電力がとても少ない。例えば、本日土曜日、冬期講習のため朝から晩まで授業があったのですが、消費電力は先週の土曜日よりも7kWhも少なくなっていました。今日の方が気象条件が悪く、長時間点灯していたのにです。



 受験期の追い込み時期、明るくより快適になった教室が少しでも助けになり、成績飛躍となってほしいものです。





※参考にさせていただいたサイト
LED蛍光灯の選択・工事に関して、非常にわかりやすくまとめられている篠崎電機工事さんのサイト。