冬のグリーンピア南阿蘇へ

 本来は1月24日から宿泊予定だった「ホテルグリーンピア南阿蘇」。でもその日はあの寒波と大雪の日。ノーマルタイヤでは、物理的にホテルまで行くことができませんでした。しかし、せっかく楽しみにしていた非日常。1週間延ばして宿泊してきました。今回は母親孝行と母親が特にお世話になっている親戚孝行が目的です。もちろん自分たちもとても楽しみにしていました。腹一杯美味しい食事を食べられること、温泉でゆったりできること、それに部屋からの眺めが最高なこと。雲海も見られるかもしれないと淡い期待。

 今回のプランはDMによるこの時期限定のものです。再開業10周年記念プラン(平日および日曜日限定)と銘打って、料理のメインは自家牧場産・特選黒毛和牛の溶岩焼。いろんな楽しみ込みでわずか8000円。


 今回はベッドが3台もある部屋に通されました。ここに二人で泊まります。
P1310002.jpg
 部屋の大窓からは阿蘇の雄大な景色を眺められます。
P1310003.jpg
 ソファに寝転んで、刻々と変化してゆく景色を眺めながら、静かに時が過ぎてゆくのを楽しむのも一興。過去にそうしたこともあります。
P1310005.jpg

 でも、今回は部屋を早速飛び出して家族は温泉に、私は短パンに着替えてランニングに出かけました。

 高地にあるホテルと、カルデラの底の縁にある村役場久木野庁舎間を往復するコースを頭に描いてラン。前方の中岳からは噴煙が見えます。でも安心してください。阿蘇は泊まっても大丈夫な所です。
P1310008.jpg
 美しい並木、私が好きな場所です。野外劇場アスペクタの入り口にあります。
P1310009.jpg
 片道4キロ。往路はずっと下り坂ですが、復路は当然ながらずっと上り坂です。高低差はGPSウォッチによると200m強あったようです。8キロを無理をしない程度に1時間弱で走りました。
 しかし、下りも上りも走りっぱなしだったので、翌日けっこう足に来ていたことがわかりました。久しぶりの強めの筋肉痛。アミノバイタルを飲めなかったので、なおさら強かったのかもしれません。


 運動した後は、お待ちかねの夕食。今回のメニューはこれです。格安プランでこれほど豪華。今回は宿泊客で一杯で、ほとんどのテーブルが埋まるほどでした。中には伊勢エビを食べてる人たちも散見されました。
P1310022.jpg

 これが最初にテーブルに載せられている料理。このあと次々に料理が運ばれてきます。
P1310024.jpg
P1310027.jpg
P1310029.jpg
 牧場を持っている会社が経営しているので、肉が絶品。特に高齢の母が美味しいと絶賛していた黒毛和牛。

 バイキングコーナーも自由に利用できます。料理のほかにハム・ヨーグルト・ソフトクリームなど自家製のものも食べ放題。もうみんなお腹一杯。

 温泉も楽しんで、親孝行・親戚孝行ができました。

 これが8000円とはかなりお得なプランでした。



ホテルグリーンピア南阿蘇
〒869-1412 熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石4411-9
http://www.hgp-minamiaso.com/

人の手の優れた点

 ペッパー(PEPPER)くん。初めて実物を見ました。
P2010053.jpg

 よくできています。ここまで技術が進んでいるとは。ホテルグリーンピア南阿蘇の玄関で訪れた人の相手をしてくれています。

 ヒト型で、しゃべるので、感情でもあるかのように錯覚してしまいそうです。首を回して人の顔を目で追いますね。

 細かな部品が集まったペッパーくんの手に私は興味津々。指紋まであります。
P2010044.jpg
P2010046.jpg

 人間の手は本当によくできていると実感させられました。

◎ 人間の手は驚くべき精密さを備えており、針に糸を通したり、ピアノを弾いたり、様々な細かな作業をすることができます。

◎ 人の両手の骨の数は50以上あり、これは体全体の骨の約4分の1に相当します。手は、骨や関節や靱帯など各部の絶妙な組み合わせによって、非常に柔軟に動きます。

◎ 手の親指は他の指と向かい合う構造で、鞍関節により驚くほど柔軟に動き、強さも発揮します。

◎ 手の動きをコントロールする主な筋肉は前腕にあり、けんによって指を動かします。これがもし手のひらにあったなら、手は筋肉によって分厚くなり動かしにくくなるでしょう。

◎ 人の指先には1平方㌢あたり2500もの感覚受容器があります。それらの受容器には種類があり、素材の感触、温度、湿り具合、震動、圧力、痛みなどを感知できます。水の入った紙コップをこぼさずに、つぶさずに持ち上げることもできます。

◎ 手は気持ちを伝える手段ともなります。握手や撫でることなどにより温かさや愛情を表現できます。



ステンドグラス雑貨

 ホテルグリーンピア南阿蘇に登る道の左側に、お洒落な新築のお店がありました。どうも雑貨のお店っぽい。店の前を車で通っただけで妻が即座に反応。私も往復のランニングの途上で店の前を通りました。手作りのステンドグラスの雑貨屋さんでした。

 これがなかなか秀逸。気に入ってしまいました。その美しい作品をご覧あれ。
P2010055.jpg

P2010056.jpg

P2010058.jpg

P2010057.jpg

P2010060.jpg

P2010061.jpg

 手間のかかった素晴らしい作品が並んでいるのに、価格も手頃。次に作る作品の材料代が出ればよいと謙虚におっしゃっていました。製作者の方は、福岡から南阿蘇を気に入って移住してこられたようで、この自宅兼工房で一点一点丁寧に作品作りに励んでおられます。

P2010063.jpg


 早速我が家でも購入した作品を飾って楽しんでいます。


Lapsi (ラプシ)
熊本県 阿蘇郡南阿蘇村河陰59−5
https://www.facebook.com/ステンドグラス雑貨-Lapsi-1205820499431088/

活ヒオウギガイ

 熊本の天草では、ヒオウギガイ(緋扇貝)の養殖がなされています。その貝殻がまるで人工的に色を付けたかのように、いろんな色があるのです。私も贈答品としてお世話になった方に送ることもあります。下の画像は、その贈った方から、こんなのが届きましたよと、いただいたもの。
img_0_m.jpg

 本当にカラフルです。この色はすべて天然ものだから驚きです。



 人には贈るのに、自分自身は何年も前に食べたっきりすっかりご無沙汰しています。ホタテに負けず劣らず美味しんですよ、これが。

 海に近い熊本県宇土市の「宇土マリーナ」の鮮魚コーナーには、この季節にたいてい置いてあるのを見かけます。今回は無性に食べたくなり、私が調理するということで、購入の許可が出ました。

 いろんな色の中から選んだのはこの3枚。活きのよさそうな大きめのものを、たった3枚・・・。
P2090014.jpg
 値段が画像から想像できるでしょう? 1枚200円です。それが3枚買うと500円。

 この緋扇貝は、陸にあげられて、水をピュッと吹き出し、貝殻をパカパカ何度も開け閉めする元気の良さ。貝が入ったかごの上に透明板が被せてあったのは、貝が水を噴き出すためでした。
P2090011.jpg

 海に近いのでいろいろな魚介が置いてあります。この辺りでよく捕れる紋甲イカも美味そう。画像は小さなカサゴですが1匹100円でした。こちらではガラカブと呼び、ランクの高い美味な魚です。
P2090016.jpg

 自宅に帰って早速調理。バターチーズ味と醤油味でいただきました。 あれ?なぜか4枚あるじゃん。
P2090017.jpg


 バターチーズ味は我ながら絶品でした。その活きのよい生命をいただいて、十日後のマラソンがんばりたいと思います。

癒しの温泉

 今週末は「北九州マラソン」参戦です。週間天気予報では、A確率で「曇り時々晴れ」。雨に降られる恐れもあまりなく、最高気温は9℃だそうで、走りやすいでしょう。
 今年の練習量は昨年の半分以下かも。練習せねば、練習せねば、というガツガツした感じがまったくありません。昨年の凄まじい経験から、完走はできるだろうと変な自信はついているようです(4時間台でフィニッシュするという目標は設定してます)。おかげで体重が少し増加気味。
 それでも最終ランは先週の金曜日で、15キロ走りました。そして今週は走る予定はまったくなし。疲れを抜きに、阿蘇の温泉に行ってきました。


 今日の阿蘇は時折小雪の舞う寒さでした。お昼頃でも気温2℃。氷が解けません(某所にて)。
P2160020.jpg

 タウン情報誌の特集で、2月中、提携の温泉100円クーポンというのがあって、周りの友人も結構買っている人が多く、うちも家族の人数分だけ雑誌を購入し、阿蘇グランヴィリオホテルの温泉(米塚温泉)に行ってきました。ここの温泉、通常は入浴だけで800円もするのが、この時期100円で入ることができるのです。他の温泉クーポンは使わないことがあっても、ここの温泉だけは外せません。今の時期の100円という値段もさることながら、その泉質と雰囲気がとてもよろしい。源泉掛け流しの「赤湯」で、若干硫黄臭がするので、本物の温泉を楽しんだという気分になれます。

 温泉で疲れを癒し、週末の北九州に臨みます。