来月から本気出す

 間もなく10月になろうかという9月の終わり、中三の生徒がこんな帽子を被ってきた。父親がどこからか手に入れてきて、受験生のその子にくれたらしい。
P9260735.jpg

 「来月から本気出す」・・・10月から本気出てるかねえ?????


 この帽子のことばをネットで検索してみた。すると、本来の意味は、いつまでも言い訳ばかりして先延ばしにすること、今はやる気がないということらしい。親の期待とは真逆の意味だったんだ。そうなって欲しくないんだけど。


 参考資料

『来月から本気を出す』

【1月】 初っ端から飛ばすと後でばてる。2月から本気を出す
【2月】 まだまだ寒い。これではやる気が出ない。3月から本気出す
【3月】 年度の終わりでタイミングが悪い。4月から本気を出す
【4月】 季節の変わり目は体調を崩しやすい。5月から本気を出す
【5月】 区切りの良い4月を逃してしまった。6月から本気を出す
【6月】 梅雨で気分が落ち込む。梅雨明けの7月から本気を出す
【7月】 これからどんどん気温が上昇していく。体力温存の為8月から本気を出す
【8月】 暑すぎて気力がそがれる。9月から本気を出す
【9月】 休みボケが抜けない。無理しても効果が無いので10月から本気を出す
【10月】 中途半端な時期。ここは雌伏の時。11月から本気を出す
【11月】 急に冷えてきた。こういう時こそ無理は禁物。12月から本気を出す
【12月】 もう今年は終わり。今年はチャンスが無かった。来年から本気出す

明日から本気出すの最終形態は「来世から本気出す」である。
 


コメント

非公開コメント