上天草市・湯島 「フカ狩り」 - その1

 熊本県は上天草市・湯島で、大正時代から続く伝統の「フカ(サメ)狩り」が6月8日から始まりました。今回は上天草市観光協会が企画する見学ツアーに初参加しました。

 湯島、それは熊本県と長崎県・島原の中間地点、有明海に浮かぶ、人口は450人ほどの小さな島で、漁業が盛んです。

 湯島までは船で行きます。上天草市の江樋戸港・鳩の釜港からの定期船に乗る必要があります。今回は駐車場の関係で、江樋戸港から1キロほど先の鳩の釜港から乗船しました。片道600円。
100607 (1)

 いざ鳩の釜港を出港。
100607 (2)

 湯島までは30分もかからないくらいの船旅です。

 湯島港は小さな島の割には立派な桟橋が整っています。港に定期船が着くと、旅館の方などが大勢出迎えに来てくださっていました。旅館の方はテキパキと私たちの荷物を一輪車に載せるとそのまま運んで行ってしまいました。湯島内の旅館は4軒、東部に「きく」、定期船の船着き場の真ん前に「月見荘」、西部に「日の出荘」、月見荘と日の出荘の間に「有明荘」が位置しています。
100607 (3)

 この島で荷物を運ぶものは専ら一輪車とたくさんのバイク。車は短い滞在期間中1度だけ軽トラを見たのみです。島内には公共交通機関も、信号もありません。そして生活に欠かせないバイクには必ずと言っていいほど大きな荷台が付いており、こんな大きなものも運びます。吃驚しました。そしてほとんどの人がノー○○。さらに吃驚。
100607 (3a)

 この建物は港で綺麗さの点で目立っていました。そう、交番。・・・ではなくて、船の待合所兼公衆トイレ。昨年できたばかりだとか。
100607 (4)
 ちなみに島内には交番もなければ、警察官もいません。(だからノー○○・・・、納得)。郵便局、JA、漁協、支所はありました。学校は湯島小中学校があります。そう、「小中学校」です。子どもたちと会話すると非常に素直で、この学校には小学生10人、中学生13人がいるということでした。



 これは島唯一の診療所。ちなみに歯科診療は月のうち診療日が決まっていました。
100607 (9)


 港で手ぶらになった後、希望する人は島内観光に案内してもらえました。ボランティアガイド付きの徒歩による散策です。港から西のほうに海岸沿いに歩いて行きました。

 しばらく歩くとまず右手の斜面に見えてくるのは「一ちょ墓」。その昔、長崎県・雲仙普賢岳が爆発を起こした時に大津波が起き、多数の人の遺体が湯島の西海岸に流れ着いたそうです。その慰霊のため。

 さらに歩いて行くと、右手に登山道が出てきます。そこを登って間もなく見えてきたのは湯島の灯台。
100607 (5)

 山の上には、その道沿いに小さな畑が何枚もありました。どこも雨水をためる設備があります。要らなくなったバスタブだったり、土を掘ってビニールを張ったものだったりいろいろ。その中でオタマジャクシが泳いでいます。この湯島は「湯島大根」の産地でもあります。今は時期外れですが、冬の時期にはこの畑で湯島大根を栽培するんでしょうね。

 山道を登りつめると公園が現れました。今でこそこの頂上(標高100m強)は木々で見通しが悪くなっていますが、江戸時代、島原・天草の戦いで、天草四郎たちがここで話し合いをしたようです。そのため湯島を別名「談合嶋」と呼びます。ここには船で近付く者を監視したとされる遠見塚やキリシタン大名の親族の墓や切支丹墓碑がありました。(ちなみに、ここから下った神社の境内には、戦いの際に武器を作るために用いたとされる鍛冶水盤なども残されています)。
100607 (7)

 帰りは集落の中に直接下りてくる急な坂道でした。距離的には早く頂上と往復できる道でしょうが、ここから登ったのでは確かにしんどい。しかし、この急坂を地元の人はバイクで登って行くらしい。この湯島の集落には亜熱帯で咲くブーゲンビリアやハイビスカスなどが路地植えされています。この地が暖かい土地だと分かります。道を歩きながら、庭先にいる地元のおじいちゃんやおばあちゃんと気軽にあいさつできます。
100607 (8)

 港に戻ると解散。各自で宿に向かいます。今回は、乗船からここまで、地元のテレビ局RKKのタレント「KあんどK」こと山内かなめ・かめきちさんとその撮影班とご一緒でした。


 私たちが泊ったのは、西海岸にある「日の出荘」、島内で一番大きい旅館です。
100607 (10)
100607 (11)

 晴れているならば素晴らしい夕陽を見ることができたようですが、この日はあいにくの曇り。部屋からは海が見えます。この季節、涼しい心地よい風が部屋を通り抜け、昼間の疲れもあって眠気を誘います。
DSC00629.jpg



 湯島には温泉がありません。島なので水に不足しているのかと思いきや、地下水が湧き出しているようで、水不足はないそう。
100607 (13)

 食事はこの旅館に泊まるツアー参加者が大広間に集まって合同でいただきました。家族単位で食べるものとばかり思っていたので面喰いましたが、それはそれでツアー参加者が互いに知り合い、仲良くなれて良かったと思います。参加者のうちここには子どもを含めて12名が宿泊しました。料理はもちろん海の幸ばかりです。ヒラメの刺身、ガラガブ(カサゴ)の煮つけなどなど。
100607 (15)

 明日は早朝からフカ狩り見学です。波の音を聞きながら早めに休みました。

その2に続く

コメント

非公開コメント