熊本城マラソンの準備

 二日連続で雨が降った熊本です。山間部の阿蘇は雪になり、雪は珍しくないものの量が例年にも増して多かったようです。これをもたらしたのが「南岸低気圧」。日本列島の南岸を通る低気圧で、寒波と雪をもたらすようです。

 さて、熊本城マラソン2014まで2カ月を切りました。ワクワク感が高まっています。私がものすごく楽しみにしている様子を見て家族は“何が楽しみなんだろう?苦しいだけじゃん”と言っています。うまく反論できないんだけど、楽しいんですよ。

 でも、この1か月あまり満足に練習できていません。風邪をひいてやっと治ったかと思うとまた風邪をひいてしまいました。そのたびにすぐに気管支に来て、走るどころではなかったのです。野焼きで煙に相当いぶされたのが原因でしょうかと医師に尋ねるも、期間が開いているから考えにくいでしょうとの答え。今年は異例の体調の悪さで、気が滅入ります。

 しかしそれもやっと治り、心機一転、ランニングシューズを新調しました。これまでのシューズは1年半履き、かなり底が擦り減りました。ものすごく頑丈だったけれども、かなり重かった。
PC187794.jpg

 以前から気になっていた、ニュートン(NEWTON)というメーカーの「エナジーNR」。

PC187795.jpg

 ガイダンス・モデルで、「ランニングの習熟度を問わず、ナチュラルランニングを実践したいランナー向け。ヒールストライクからミッドフットで着地する走法に切り替えたいランナーに最適」だそうです。

 以前テレビで見たアフリカのランナーの走法が、かかと着地ではなく、足前方で着地するものでした。


 今までのシューズと履いた感覚が全然違います。足の土踏まずの前方、一番幅が広い部分に圧迫を感じます。3キロほど走ってみましたが、最初は随分違和感があったんですが、終える頃にはなくなりました。それでもいつもと違うといえば、今日は距離が短いのによく汗をかきました。そしていつもと少し違う筋肉を使っている感じ。


 このメーカーの靴を選ぶに当たり、専門店に出向いて試し履きをしました。もちろん価格は若干高めになりますが、的確なアドバイスを受けることができますし、知識も増やすことができます。カメの飼育と違って、この分野では残念ながら私の周りには情報を共有できる人がまだ皆無なので、専門店で尋ねるのは有益でした。

 結果、ほかにも準備するものがあるようです。そのリストをいただきました。準備する予定だったものもありますし、なぜ必要なのかを教えてもらって、準備する気になったものもあります。


 マラソン大会完走!
 準備チェックリスト

□ シューズ
□ ランニングソックス
□ 機能性タイツ
□ インナーパンツ
□ ランニングショートパンツ
□ 長袖
□ Tシャツ
□ 薄手のウィンドブレーカー
□ 帽子
□ ウエストバッグ
□ ワセリン
□ 体力回復サプリメント
□ サングラス
□ 手袋
□ ランニングウォッチ



 全部そろえるつもりはありませんが、ランニングソックス、機能性タイツなどの“足回り品”は必需品のようです。
 それにここにはっきり書いてありませんが、Tシャツの下に着る専用インナーも、汗冷えを避けるために改めて必要だと思いました。

 マラソンに出るのって、結構お金がかかるんですね。

コメント

非公開コメント