初マラソンの服装 -その1-

 熊本城マラソン2014、いよいよ1か月後になりました。着々と衣装も決まってきています。さすがに今回は仮装では出場しません。ごく普通に。

            P1147970.jpg

 白いのは汗冷えを軽減するインナー。さすがにこれだけでは走られませんのでこの上に半袖のTシャツを着る予定です。長袖も検討しましたが、しばらくすると暑くなって邪魔になります。それで着脱が容易なアームウォーマーを利用します。

 ウェストポーチは「yurenikui“TANTO"」の予定。サプリなどを持つのはもちろんのこと、私の場合記録用にデジカメはどうしても外せません。外したアームウォーマーなども入れることができます。

 そしてついにランニングタイツを購入しました。いろいろ検討した結果、ワコール製の「CW-X」にしました。マラソン用ということでスタビライクスモデルとレボリューションモデルで迷いましたが、前者は生地が分厚く重いため、はるかに軽い後者を選びました。
 今まで寒い時でもハーフパンツから脚がむき出しの状態で走っていましたが、ランニングタイツを履くと寒くありません。反対に、走っている時に暑くなるのではないかと思ったのですが、そんなこともありませんでした。そして何よりも走った後の筋肉の状態が全然違います。私の場合特にふくらはぎの疲労感・筋肉痛が明らかに減少しました。その効果をはっきりと実感。

 色彩的にあまり調和がとれていないような気がします。後先考えず少しずつ購入していったため仕方ありません。あとは雨対策とスタート前の防寒対策をもう少し考えます。



「初マラソンの服装 -その2- スポーツタイツの劇的な効果」





 疲労度を考慮しながら週に2,3回練習を行っています。、ここ2週間は、週あたりの距離の合計が35㌔を越えています。

   18.464km  1:58'42"  6'25"/km  1557kcal (1/10)

   12.495km  1:19'50"  6'23"/km  1055kcal (1/15)


 最近はがむしゃらに頑張ることなく平均6分30秒/㌔ほどで走ることができています。故障だけ気をつけながら本番に備えたいと思います。

コメント

非公開コメント