今年の作文

 「時の流れ」について、「時の流れをとても遅く感じた」経験か、「時の流れをとても速く感じた」経験か、どちらかを選び、具体的な場面や状況をあげて、なぜそのように感じたかを120字以内で書きなさい。


 ぼくが時の流れを遅いと感じたのは、この夏の週五回、一回約五時間の塾の時です。運動オンチの人が五分のランニングを倍に感じるのと同じで、ぼくは勉強がきらいなので、勉強時間が倍に感じられます。ぼくの今年の夏休み、いったい何倍に感じるのでしょうか。




 正規の勉強時間は3時間。その後、強制的自発的両方を含む居残りで、確かに5時間、時には7時間になることもあります。居残りの時間が正規の時間より長い、と生徒にも時々突っ込まれます。だって放っておけないから。

 ちょっと太めの男子、うまい例えを使ってその辛さを作文にし、教師に訴えます。でもある面居残り楽しんでいるだろ?

 今日でお盆休み前の中三の講習会は終了。ちょっとだけ生徒も教師も息抜きができます。


コメント

非公開コメント