死ぬときに後悔すること

 身近な親の死などいろんな死に遭遇することが多くなって、最近、生と死に関するいろいろな情報を集めるようになりました。酒を酌み交わす同級生が生死に関わる重い病気になったことや、自分自身も体力の衰えや老化を如実に感じるようになったのもあるかもしれません。

 反面教師のような形でも良い。多くの人々の経験を通して導き出せる人間の本質についてもっと知りたい。その点で、下記の本は非常に興味深いものでした。

「死ぬときに後悔すること25」 大津秀一著

 著者は、1000人を超える末期患者と正面から向き合い、その死を見届けた緩和医療専門医。それぞれの患者が吐露した“やり残したこと”を25に集約してあります。人が何を後悔して死んでいくのかよく理解できます。共感する部分も多々あり。難しい内容はなく、さくさく読めます。

1.健康を大切にしなかったこと
2.たばこを止めなかったこと
3.生前の意思を示さなかったこと
4.治療の意味を見失ってしまったこと
5.自分のやりたいことをやらなかったこと
6.夢をかなえられなかったこと
7.悪事に手を染めたこと
8.感情に振り回された一生を過ごしたこと
9.他人に優しくしなかったこと
10.自分が一番と信じて疑わなかったこと
11.遺産をどうするかを決めなかったこと
12.自分の葬儀を考えなかったこと
13.故郷に帰らなかったこと
14.美味しいものを食べておかなかったこと
15.仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
16.行きたい場所に旅行しなかったこと
17.会いたい人に会っておかなかったこと
18.記憶に残る恋愛をしなかったこと
19.結婚をしなかったこと
20.子供を育てなかったこと
21.子供を結婚させなかったこと
22.自分の生きた証を残さなかったこと
23.生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24.神仏の教えを知らなかったこと
25.愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

 人間は自分にいずれ死が訪れることを考えることができない生き物のようです。でもそこを意識するようになると、生き方をより充実させられると思います。 

コメント

非公開コメント