二度目の輪地切りとRKK企画『輪地切り体験 親子バスツアー』


 11月3日文化の日、私の輪地切り支援ボランティア2回目の活動。本日は南阿蘇の「夜峰山」。珍しく朝10時集合。

 コペンで到着したら、ボランティアさんたちが車の周りに集まってきて、オープンカーに変わるのを実演する羽目になりました。こんなに関心を持たれたのは初めての経験。今日集合は10名。ほとんどが黄色いヘルメットのリーダーたち。そんな中に刈払機作業2回目の私がいるのは場違いのように感じました。

 夜峰山の頂上に移動。ここには各放送局の無人施設があります。

 絶景です。このボランティアをしていなければ、なかなかこの景色を味わえないでしょう。しかし、ここの傾斜はかなりきつい。私にできるでしょうか?
PB030004.jpg
 
PB030008.jpg

 午前中の作業、この時期にしては気温が高く、汗びっしょりになりました。ボランティアの中ではたぶん一番年下の私はバテバテになって、最後は持ち場を離脱する羽目になりました。みなさんスゴイ。

 いつも使う筋肉と違う筋肉を使うのもあるでしょう。体幹が重要だと感じました。それに力任せに切っても疲れるだけ。作業には力を入れるところとそうでないところのメリハリと慣れが必要。そしてもう一つ、最大の原因は足元でしょう。私は登山靴でしたが、この場所では登山靴では安定感を欠くのです。切り倒した草というものは、踏むと滑ります。体のバランスを保つのに力を使い過ぎ、体力を随分消耗しました。スパイク付きの靴なり足袋なりが必要です。

PB030016.jpg

 奥の山と山の間の奥に、今噴火している中岳があります。しかし、今日はいたって穏やかでした。眼下には放牧地が広がります。牛たちが草を食むため、背の高い草が生えていません。しかしアザミはそのまま残っています。不味いんでしょう。
PB030018.jpg
 何度も言うが絶景です。こんな中で活動できるのは本当に気持ちがいいのです。
PB030021.jpg


 12時半頃から食事。このあとRKK企画『輪地切り体験 親子バスツアー』の援助があるため、弁当付きでした。
PB030017.jpg

 しかし予定の時間になってもなかなかバスツアーの一行は来ません。一部のリーダーたちは先に輪地切り作業を始めてしまいました。地元の人たちがまだ休んでいる中、本当に精力的に働くボランティアたちです。しかも無償です。頭が下がります。かえって金をもらって働く人たちが使い物にならないことが多いという話を聞いたことがあります。
 私は?午前中の仕事でバテたので、一行の到着を見張っていました(笑)。これもボランティア。作業を強制されません。



 ついにバスツアー一行が到着。今回はかなり参加者が少なめ。親子数組11名。阿蘇の噴火の影響があるのかもと思います。問題ないんだけれどもね。
PB030026.jpg

 牧野組合長の挨拶に聞き入ります。取材のカメラがまわります。
PB030028.jpg
PB030029.jpg

 このあと、作業する場所まで徒歩で移動。一部のボランティアたちが刈払機で背の高い草を刈る実演をしてみせます。そのほかのボランティアたちは、参加者の親子に付いて、一緒に草寄せをして、防火帯を整備します。

 インタビューを受ける小学生。私が付いた親子で、甲佐町から参加しておられ、午後6:15からのRKKニュースの中でもばっちりこのインタビューが使われていました。
PB030030.jpg

 バスツアー一行とボランティアで整備した防火帯。なかなかよくできたぁ。見晴らしの良い場所で共に汗を流したことがわかるでしょう。指が写り込んでいるいのはご愛嬌。
PB030033.jpg

 終わってみなで記念撮影。そして指名され話をするのは、ボランティアを代表して元RKK職員のTさん。野焼き・輪地切りボランティアの喜びを語ってくださいました。
PB030034.jpg

 参加者のお父さんも感想を述べます。
PB030037.jpg

 この中から将来のボランティアが出ればよいなあ。

 すべての作業、ミーティングは4時前に終了。いただいた無料入浴券を使って、汗を流してから帰宅。帰宅後のビールが美味かったこと。

コメント

非公開コメント