気軽に楽しめる非日常


 県外からの客人を連れて、熊本城界隈を案内してきました。
PB160032.jpg

 やはり熊本城は見ごたえがあります。当時の雰囲気が残っている宇土櫓、熊本市内が一望できる天守閣、豪華絢爛な本丸御殿、武者返しの石垣、いずれもそれ独特の特徴があって、非常に興味深いです。客人も満足でした。


 本当は最初に、旧細川刑部邸に紅葉を見に行きました。でもまだ早すぎました。今年の秋は長い。


 ここに行ったときは、敷地の奥にある「喜遊亭」に行くのが好きです。
PB160009.jpg

 シルバー人材派遣センターの方々が、抹茶を出してくださいます。200円。
PB160008.jpg

 緋毛氈(ひもうせん)の上で、一応正座して待っていると、和服姿の女性が、苦くない抹茶と小さなお菓子を出してくださいます
PB160003.jpg

 難しい礼儀作法なんてまったく問われません。

PB160004.jpg

 窓ガラスからは庭の景色が見えます。紅葉してたらより風情があったでしょう。苔生した地面も雨上がりなんか鮮やかかも。



PB160001.jpg

PB160002.jpg
 和敬清寂(わけいせいじゃく)。Wikipediaによると、茶道の心得を示す標語で、主人と賓客がお互いの心を和らげて謹み敬い、茶室の備品や茶会の雰囲気を清浄にすることという意味だそうです。

 この落ち着いた雰囲気の空間に身を置き、穏やかな心でお茶をいただき、非日常を楽しめます。200円ですごく得した気分。




コメント

非公開コメント

No title

今日は輪地焼きは実施でしょうか?

私も刑部邸の紅葉をチェックしに行ってますが

まだ早いみたいですね。

甘味処は、中の様子がわからずに未経験でした

この写真と説明のおかげで次回から入れます。

良かった(笑)

ともあきさん、

コメントありがとうございます。

輪地焼きは早くも土曜に延期の連絡が入りました。
平日ならなんとか参加したいですが。

喜遊亭、いいですよ。おすすめです。
でも、例えば菓子とかだけ見ると物足りないという方もいらっしゃるかもしれません。
要は、抹茶、菓子だけでなく建物を含めた全体を楽しめるかどうかでしょうか。

刑部邸の紅葉、11月中に見頃になるでしょうか。