やはりニュートンに戻ってしまった


 本格的な寒さが到来し、ものすごく調子よく走ることができるようになりました。昨日は気温10度以下、強くて冷たい北風が吹くなか、仕事の合間を縫って息抜きのランニング。さすがに半袖は厳しそうだったので、極薄のベントジャケットを羽織り、下は短パンで出かけました。いやあ調子良かった。いつまでも走り続けられる感じで、結局10キロを1時間内で、追い込まずにランニング。

 そういえば、今年のマラソンシューズということで、分相応に「GT-2000 New York 4」を選んだつもりでした。しかし、確かにいいシューズなのですが、私には前に進む力が弱く感じられて、非常に不満があったので、結局ニュートン・ランニングのシューズに戻ってしまいました。

 でも、最近まで履いていたニュートンの「フェイト」(FATE)は私には何か物足りなくて、今はプロネーション(足首の内転)サポート機能の付いた「モーション 4」(MOTION Ⅳ)を専ら履いています。こちらは明らかに推進力がある感じがして、やはり私にはしっくり来ます。


 そして、プロネーションサポート機能の付いていない同タイプの「グラビタス 4」(GRAVITUS Ⅳ)も同時購入してしまいました。ちょうど2015年モデルが半額以下で購入できる機会があったもので・・・。多くのランナーもこうやってシューズが増えていくでしょうね。家族からも少々呆れられています。


 (左)グラビタス4  (右)モーション4
PC170018.jpg
 カラーが違うだけでほぼ一緒に見えます。でも重さが違いました。

 (左)グラビタス4 253グラム  (右)モーション4 276グラム  23グラムの差。

 なぜか。

 裏返してみると、かかとが違いました。
PC170019.jpg

 シューズの中敷きも違いました。
PC170020.jpg

 (左)グラビタス4 23グラム  (右)モーション4 32グラム  9グラムの差。

 そのほかにも違いがあるのかもしれません。


 私自身、今まで使っていたシューズを観察しても足首の内転はほとんどないようですが、あえてサポート機能の付いたもので練習しています。

 一方のグラビタスは本番用にまだ箱の中で眠っています。

 今シーズンの初マラソンまで、あと53日



コメント

非公開コメント