猛烈な寒波襲来!ここは本当に九州?

 暖冬傾向だったのに、九州でこんなに雪が降り、気温が下がるとは思っていませんでした。昼間吹雪いたあとの晩には、雲の切れ目が見え、月や星が出ていたので、放射冷却現象でかなり気温が下がったようです。

P1240006.jpg
≪昼間なのに氷柱ができていました。こちらでは珍しい≫

 本当に寒い日でした。24日(日曜)の最高気温は0.1℃。真夜中の0時9分に記録した数字が最高気温なのです。最低気温は氷点下5.5℃で、同じ日の23時25分に記録したもの。その後さらに下がって、翌25日(月曜)朝7時11分に氷点下6.5℃になりました。丸一日以上氷点下の中で過ごしたことになります。こちらではこんな経験はなかなかできません。

P1240010.jpg


 報道によると、25日は熊本県内の9カ所で観測史上最低の気温となったそうです。山奥のあさぎり町では氷点下13.8度だったとか。


 家族が言っていましたが、この寒波の前に店頭からペットボトルの水が減っていたとのこと。????と思いましたが、あとで合点がいきました。水道管の破裂で断水の恐れがあり、そのあたりのことを知っている人は水を買っていたんですね。寒波の後確かに九州の広い範囲で断水のニュースが盛んに報道されていました。暖地なのでその辺りのインフラがもともと弱いんでしょうね。ライフラインの寸断はかなりこたえます。はやく回復しますように。

コメント

非公開コメント