2016野焼き支援ボランティア(1) - 今年初参加

 雄大な阿蘇の野焼き支援ボランティアに今年初めて参加してきました。今回は高森町の「花咲盛(はなさきもり)」。私としては3年連続お手伝いをしています。自宅から70キロほど離れている場所。

 昨年まではPCXというスクーターで参加していましたが、今年からコペンに変わり、ツーシーターではありますがいろいろな装備品や温泉セットなどを積めるので、参加が楽になりました。おまけに寒い思いをしなくて済みます。ただ車は渋滞にはまってしまうと時間が取られるため、早めに家を出なければならなくなりました。

 今日は7時に家を出発し、途中の弁当屋で朝食セットを食べ、比較的ゆったりと参加できました。9時半作業開始の30分前には到着しました。それでも他のボランティアさんの集合はもっと早いです。

 顔を見知ったボランティアさんも随分増えてきて、半年ぶりあるいは1年ぶりの再会を喜び合います。ともあきさん、草刈隊員MIさん、この場では本名を書けない面々。また、この場所を運営なさっている宇野ご夫妻、いつも杖をつきながらも火つけをなさる長老(?)も以前と変わらずこの場所にいらっしゃいました。1年ぶりですが、お顔を見ると安心します。


P3030045.jpg
 日陰にはまだ雪が残っており、ものすごく長い霜柱ができていました。フキノトウも出始めていました。家族から、たくさんあったら採ってきてと言われていましたが、その任務は果たせず。

 これまでこの場所は二班に分かれての作業でしたが、今日は皆まとまっての行動。ボランティア25名+財団職員2名+地元の方々。地元の方々同士の、火つけの後継者育成講習会も兼ねていたようです。

 後継者といえばボランティアの中にも、初心者研修会を受けたばかりの、私より若いと思しき方々、しかも若い女性の方々も参加なさっていました。今までは私が若い方だと思っていたのですが、さらに若い世代の方々が加わってくださっているようです。この流れが続くことを願います。

 ※写真はリーダーの許可を得て撮影しています。
P3030046.jpg

P3030050.jpg

P3030052.jpg

 火の高さと、そのそばにある木の高さとを比べてみてください。

P3030055.jpg

 よく燃えて、正午過ぎには終了。私はすぐに帰らず、ポカポカ陽気の中で弁当を食べて、この場をあとにしました。


コメント

非公開コメント

No title

遠路お疲れ様でした。

私が写っている~(笑)

また、どこかでお会いしましょうね!

緑のコペンかっこいいです!

ともあきさん、

花咲盛、お疲れ様でした。
数日後仕事の区切りがやっとつくので、その後は平日を中心にもっと参加しようと思います。
またどこかでお会いしたいです。