さが桜マラソン2016 完走記 -その2-

さが桜マラソン2016 完走記 -その1- はこちら。



 農道を進みます。実はこの頃から晴れはしませんが、空が明るくなり、暑くなってきました。これからもやがかかったような写真が増えますが、私が塗っていた日焼け止めクリームがレンズに付いたためです。


 14キロ地点あたり、さすが佐賀!バルーン(気球)です。スタート地点にもありましたが、ここでよく見えました。
P4030026.jpg

 ランナーではありません。沿道で応援している方です。ドラゴンボールのフリーザ。カメラを向けるとポーズを取ってくださいました。こういう凝った楽しみ方もあるのだなと再認識。
P4030028.jpg

 そういえばこのずっと手前だったでしょうか。ライオンキングの仮装ランナーがいらっしゃいましたが、沿道で応援する子どもたちを見るや自ら近づいてゆき喜ばせる。男の子たちに嬉しそうな顔。つくつづくそのサービス精神に感心しました。貴重ですね。


 お名前は忘れましたが、会社の従業員さんたちだと思います。私設エイド。私もゼリーをいただきました。つるんと入って美味しい。周りでも同様の声がありました。ありがとうございます。
P4030029.jpg

 空が明るくなり、とにかく暑いんですよね。確か雨になるはずだったのでは? かけ水のサービスが何カ所もありました。
P4030030.jpg
 拡大してみると。
P4030030-1.jpg
 エイドはすべて立ち寄ります。そのたびに、スポーツドリンクか水を必ず補給します。


 ここでもサクラが満開
P4030031.jpg

 日焼け止めで曇ってるぅ。ここは20キロ手前の桜並木。満開
P4030032.jpg

 ここで応援してくださっていた「にわか倶楽部」?の方々たち。仮装です。仮装の方々は基本的にぼかしをかけてません。
P4030034.jpg
P4030035.jpg

 20キロ地点で、対向車線を我が熊本の仮装ランナー「いちごマン」を発見。「からっしー」のときとは違い、速い速い。この少し後ろを4時間のペースランナーが走っていました。私がいるところから6キロほど先を走っておられることになります。
P4030036.jpg

 中間点を2時間36分台で通過。もしかして今までで一番遅いかも?

 吉野ヶ里歴史公園に間もなく入ります。花と緑の眩しいきれいな公園でした。
P4030038.jpg

 23.5キロ地点。こ、ここのエイド、最高でした。神埼そうめん。
P4030039.jpg
 マラソン時のそうめんがこんなに美味いとは! 麺つゆでそうめんがするりと腹の中に。しかもこのつゆが、暑さで疲弊した身体にしみ渡る! 2杯いただきました。そうめん最高!
 続いては、ぜんざい。白玉団子が一個、紙コップの中の小豆の池に鎮座していらっしゃる。この甘さがまたまた身体にしみ渡る! ここでも2杯いただきました。
 そうめんもぜんざいも本当はもっと食べたかったけど、まだ後ろにランナーがいるし、遠慮しました。無くなると悲しいもんね。
 そしてイチゴ(さがほのか)でお口サッパリ。


 吉野ヶ里遺跡を出て、先を急ぎます。ここからしばらくは対面通行の区間。


 26-27キロ地点から、20キロ地点手前(桜並木)をちょうど通過する収容バスが見えました。そのなかにS660が関係者車両として使われているのを発見。
P4030041.jpg
 今回初めてバスを利用するかもしれないと思っていましたが、ここまで来ると、余力と残る距離を考えて、特に問題が起きなければ完走できると確信しました


 ここもサクラが満開
P4030042.jpg

 32.9キロ地点。まるぼうろの4分の1切れ。
P4030043.jpg
 給食も食べます。このマラソン中、バナナは通算何本食べたでしょうか。一本まるごと食べたエイドもありました。3本分ほど食べたかも。梅干しや塩飴も適宜いただきます。


 ここでもサクラが満開
P4030045.jpg
P4030046.jpg

 ついに35キロ地点を過ぎ、多布施川河畔のサクラ並木に到達。この並木道を走り始めるころから、少しずつ小雨が降り出してきたのでした。
P4030047.jpg

 36.9キロ地点。小城羊かん登場。
P4030049.jpg

 花見いいなあ。
P4030050.jpg

 あと4キロの表示。
P4030052.jpg

 佐賀新聞主催の私設エイドと思われますが、再びぜんざいにありつけました。これがまたしみるぅ。
P4030051.jpg

 サクラが満開。キ・レ・イ。ゆっくり走る人、歩く人。もう走っても歩いてもあんまり変わんない。
P4030053.jpg

 派手な仮装の応援する方々。本当にありがとうございます。ここでは仕方なく元気なふりして走ります(笑)。 
P4030056.jpg
 素敵な笑顔でしたし、どこの方か分かりそうですので、ぼかしをかけます。
P4030057.jpg

 スパルタ兵。この人たち本当は速いです。まだ力が余っている感じ。それにしても精巧にできています。
P4030058.jpg

 40.5キロ地点。もうひとつ楽しみにしていたものがついに登場。チョコアイス(ブラックモンブラン)です。
P4030060.jpg
 マラソン専用サイズでしょうか?
P4030061.jpg

 フィニッシュの競技場に入る手前の両手に桜。満開。もう小雨ですね。さすがにランナーは走っていますね。
P4030062.jpg

 競技場に入って急に視界が開け、目の前にトラックが見えるというのは、競走の最後になかなかよい演出だと思います。競技場に入るところで42キロの表示がありましたので、トラックはちょうど200mほど走ることになるようです。ここでカメラを取りだしてフィニッシュゲートをくぐるまでの写真を撮りたい気もしましたが、人目をはばかり躊躇してしまいました。よって競技中の写真はここまで。

 フィニッシュタイムはこれまでのワーストタイム。5時間40分弱でした。あの体調でよくもまあ完走して、しかも5時間台で走ったのですから、良しとしましょう。そこそこ体調が悪くても5時間台では走れるという妙な自信が持てました。マメができていた指もあり、辛い部分もなかったわけではありませんが、全体としては楽しんだという感じです。

P4030063.jpg


 最後に再び仮装ランナー。シャア様がご自分の記録を確認しておられる貴重な写真。
P4030064.jpg
 コース上でも確かお見かけしましたが、その時はザクの被り物はなかったはず。どこから出てきたのでしょう。


 あっ、やはり完走タオルではなく、完走メダルが欲しいっす。タオルは何回も使えばダメになりますので。



さが桜マラソン2016 完走記 -その3(妻の目線)- へ続く

コメント

非公開コメント