さが桜マラソン2016 完走記 -その3(妻の目線)-

さが桜マラソン2016 完走記 -その1-
さが桜マラソン2016 完走記 -その2-

 今回も沿道で応援してくれたのは妻でした。見知った人がまったくいない中、ありがたい存在です。自分が関心もないマラソンにだれが何時間も付き合うでしょうか。夫が出ているという理由だけでです。

 ひと月前の北九州マラソンでは、夫である私は記録更新しか頭の中になかったため、妻からの電話やメールにもあまり反応しませんでした。コース上でやっと妻に発見された時も、そこそこの会話のみで立ち止まりもせずに先を急いでしまいました。まあ、妻は私の気持ちを理解してくれていましたが、妻にとっては非常に空しかったようで、なんのためにわざわざ遠方まで来てマラソンに付き合ってるのだろうとあとで言われました。もちろん妻の応援する姿を見ただけで元気づけられているのは言うまでもありません、ハイ。

 今回は最初から記録は眼中になく、妻からの電話やメールにはコース脇へ避けてできるだけ反応し、沿道で妻と会った時はしっかり立ち止まって話をしました。まず、スタート地点からわずか数キロ先の沿道、折り返して戻ってきた反対側の沿道で会いました。そして吉野ヶ里歴史公園にも向かってくれたようですが、途中渋滞にはまってしまい、結局そこでは会えず仕舞い。妻は交通規制をかいくぐり、三十数キロ地点へ先回りし、そこで再会。
 妻は、私が通り過ぎたら、さっさと撤収。誰がわざわざこんな応援をするでしょうか?はい、夫のためです。ほかの人の応援にはまったく関心がない、と言い切ります。

 そんな妻ですが何枚か写真を撮影していましたので、その記録からアップします。そのほとんどが仮装ランナーでした。

 まずは赤鬼。 
IMG_0831.jpg

 完走記-その2-で私も遭遇したあのスパルタ兵二人組。それに月光仮面?
IMG_0833.jpg

 熊本が誇る仮装ランナー「いちごマン」も写していました。
IMG_0835.jpg

 う~ん???
IMG_0837.jpg

 人力車か何かを引いておられるのでしょうか。カニも。
IMG_0838.jpg

 ダイコン。私も何度かお見かけしたのですが、沿道から「ダイコン頑張れ!」と声をかけられていましたね。でも、この仮装、勘違いでなければ、お一人だけではなかったように思います。
IMG_0839.jpg

 夫です。
IMG_0843.jpg

 1万人のランナーの皆さま、お疲れ様でした。応援の皆さま、そして支えてくださったボランティアの皆さま、本当にありがとうございました。おかげで今回も楽しむことができました。
IMG_0844.jpg


コメント

非公開コメント

No title

大変お疲れ様でした。

奥様あっての完走でしたね。
ランナーから見たらただ一人の
個人応援者だったんですね。

私も奥方には頭があがりません。

ともあきさん、

ありがとうございます。
マラソンは私たち夫婦にとって一大イベントとなっています。
一人よりも二人の方が楽しいですしね。

妻に頭も上がりませんし、足を向けて寝られません(笑)。