熊本地震 助け合いの精神

 熊本地震から続く一連の地震。その震源が断層帯に沿ってだんだん南下しているようです。今日は熊本県南部の八代市あたりで震度5強の地震がありました。そのためか夕方からこちらでも再び地震が増え、ふわふわ揺れる感覚が始終感じられます。


 以下は昨日の画像ですが、熊本地震の爪痕は市内至る所に残っていました。
P4180006.jpg
P4180013.jpg
 メールだけではその様子がよくわからない友人たちに会うために広範囲を車で走り回りましたが、特に東区の方は被害が大きいと感じました。私の友人の一人は、住んでいるアパートの損壊で、引っ越しを余儀なくされています。



 そんな中、我が家の後片付けのために、20代になっている卒業生たちが手伝いに来てくれました。感激です!
P4190016.jpg

 おかげで随分片付きました。明日あたりから仕事も再開できそうです。
P4190017.jpg



 塾の教室といえば、今日までで合計3晩、ご近所の方のために教室を開放しています。その方々はご自宅の屋根が損壊し、車中泊をなさっていましたが、こちらから声をかけて寝るときだけいらっしゃるようになりました。車中泊は肺塞栓症(エコノミークラス症候群)のリスクが高くなるようで、実際この震災でそのために救急搬送されたり死亡したりする人も出ているようです。

P4200001.jpg

 反対にこちらもその方々から大いに助けられています。先日は、県外にいらっしゃるその息子さんから、貴重な飲料水や食料をたくさん分けていただきました。こんな時は本当にお互い様です。



 喜ばしいことに、本日からちょろちょろと水道水が出るようになりました。




 そうえいば、あの大地震のときに我が家に泊まっていた、アメリカ人のろう者のジョーとメアリー(仮名)はどうしているでしょうか。本日メールが届きました。

Hello ++++ family,

Mary and I hope that you are fine in Kumamoto. We are praying for you.

Yes, we are enjoy in Fukuoka. Big smile.



 どうやら福岡で楽しんでいるようです。ヨカッタヨカッタ。

コメント

非公開コメント

No title

大変な地震ですね!

卒業生の応援は思いがけないうれしい事ですね

余震がやっと少なくなりました。

このまま終息してほしいですね。

気を緩めずにお互い頑張りましょうね。

ともあきさん、

はい、卒業生の助けはほんとうに助かりました。自分たちだけでやっていたら、どれだけかかったか。

やっと余震が少なくなりましたね。ともあきさんのお宅はライフラインは復旧したでしょうか?
と言いながら、昨日でしたか震度4の余震があり、まだまだ不安がありますね。

なんとか乗り切りましょう。