真新しい教科書

 今年度から中学の教科書が新しくなります。やっと購入できました。本来は、中学校で子どもたちに配布し終わったあとの4月15日には買える、ということだったのですが、4月14日には熊本地震がありましたからねぇ。今日になってしまいました。
P4270004.jpg

 美術以外の教科書を3学年分買って12,080円。一番高いのが国語の教科書。最近興味深く読んだ本「作家の収支」にあったように、印税分が含まれているんでしょうね。それに続くのが地理と歴史。考えてみれば、1学年あたり4,000円以上。これが無償ですべての生徒に渡されるのですから、子どもたちには頑張って勉強して欲しいですね。

P4270005.jpg
 今年の熊本市採択の教科書では、英語が大判化していました。技術家庭科や体育も。



 教科書はいつも上通りの奥に向かって左側の書店で購入します。今回もそう。そこに行く途中、右側の大きな書店が地震の影響で閉まっていたのには驚きました。下通りの書店も改装で閉まっていますので、教科書を買った書店はいつもより賑わっている感じがしました。上通りも下通りも地震のせいで閉まっている店が結構ありました。あの熊本唯一のデパートさえ本館は営業しておらず、社員通用口から見える受付には、物々しくヘルメットが何個も積まれていたので、中の様子は推して知るべしでしょう。デパートの前の小泉八雲旧居も地震のため休館中。生憎の小雨交じりの曇り空でしたが、緑の鮮やかさに目が奪われました。気づけて良かった。

P4270001.jpg


 今回の新しい教科書、早速目を通しているのですが、地理の教科書にうれしい記述を発見しました。その点については後日紹介します。

コメント

非公開コメント