熊本地震 震源地に近づくにつれて


 連休初日、熊本地震の震源地の隣町に住んでいる友人宅に、静岡県から救援に来た旧友と共にお見舞いに行ってきました。友人宅は貸家ですが、二階の屋根瓦を全部取り換える工事の真っ最中でした。家の壁やポーチにもひび割れ多数。揺れのため庭に面した大きな重いサッシが枠から外れ、庭に向かって倒れたそうです。自宅の被害が大きいにもかかわらず、それでも家が全壊した知り合いの一家族を二階に住まわせています。

 そしてその友人に連れられて震災のひどい現場に入り、甚大な被害に遭われたお宅の後片付けボランティアをしてきました。

 同じ熊本の地で被災した立場。しかし、そこに広がっていたのは、震源に近いゆえに、私の家の被害や周辺の被害とは比べものにならないほどの甚大な被害でした。過去記事で自宅の被害の画像をいくらか載せましたが、そんなの大したことがない。その被害を目の当たりにして唖然とするとともに、大きな悲しみに打たれました。熊本市から震源地に近づくにつれ別世界が広がると多くの人が口を揃えて語りますが、ここもまさにそうでした。


完全に倒壊した家屋。以前はお店だったようです。
P4290020.jpg

P4290021.jpg


災害復興ボランティアの人たちが入って働いていました。挨拶をして通過。
P4290017.jpg

家屋には、赤、黄、緑の紙が貼られています。色の意味はご想像の通り。この赤い紙には「建物全体が倒壊しています」との注記が。
P42900230.jpg

家を見せていただきました。玄関だったところから家の中を見ると、青空が見えました。(許可を得て掲載)
P4290027.jpg

P4290028.jpg

P4290029.jpg
地震の直後はもっとひどい状態だったことでしょう。

P4290033.jpg


P4290036_201604300008073f0.jpg

P4290038.jpg

 支援に入ったお宅は全壊でした。私たちは主にゴミの分別と運び出しのボランティアをしましたが、残されている途方もない復興作業のことを思うと、私たちのしたことは本当にちっぽけなことに思えました。果たして役に立っているのだろうかと。でもこの作業が数多くなされなければ、復興は前に進みません。

 震源に近い被災地の実情は、同じ県にいてもよく分からない厳しいものがありました。




コメント

非公開コメント