震災後の牧柵補修ボランティア

 牧柵補修ボランティアに行ってきました。実は4月15日に行われる予定でしたが延期。なぜなら前日の14日に熊本地震が起きたからです。それが5月21日土曜日に行われました。


 熊本地震によって各所で交通ルートが寸断されています。現地到着まで余分に時間がかかることを考え、朝6時に出発。途中、朝定食380円をかき込み、集合場所の滝室坂を上りきった所に到着したのは8時20分。集合時間の40分前でした。ギリギリが多い私にしては珍しく優秀。
 それでも途中の山道で渋滞に巻き込まれたのですが、外輪山で朝のコペンドライブも楽しめて、かなり満足。もっと遅く出発した方々の中には、さらに長い渋滞に巻き込まれた方が何人もいらっしゃり、結果として作業開始が全体的に遅れました。



 町古閑牧野からの眺め。(クリックで少し拡大します)。風が強く、上に長袖の作業着を着ていないと寒く感じます。
P5210001.jpg
 でも気持ちいい!



 今回10名参加でした。私が入った班は4名。


 指示に従って各方面に散り、牧柵の壊れた有刺鉄線を張り替え、必要とあらばぐらぐらする支柱を打ち込みます。ただわが班には打ち込む専用の道具がいつまでたっても届かないのです。仕方なく路上に落ちていた“打ち込み機”を使って原始的に打ち込んでいきます。


 財団職員S氏。この日の最年少。ちなみに私が下から二番目でした。
P5210005.jpg

 同じくボランティア代表F氏も渾身の力を込めて叩く。
P5210007.jpg

 牛の水飲み場。
P5210008.jpg

 阿蘇上空は飛行機の通過が多いのか、しょっちゅう飛行機雲の生成場面に出くわします。
P5210009.jpg

 野焼きの終わった放牧地は、草原に変わっていました。
P5210010.jpg

 ボランティアに来ていますが、被災した心を癒されに来ている感じ。ありがとう阿蘇。
P5210011.jpg

 今日役立った支柱打ち込み機。ちなみに私がなんとか探してきて、午前中ずっと携帯し続けました。案外そこらへんのどこにでも転がっているわけではないのですよ。石と思って拾おうとすると、牛糞の塊だったり(笑)。
P5210012.jpg

 朝が早すぎて、10時半にはお腹が鳴り始めました。F氏からいただいたするめをかじって飢えをしのぎました。

 弁当は町古閑牧野から提供されました。9区画に分かれた豪華なお弁当も当然美味しかったのですが、空腹だったのでなおさら。
P5210013.jpg

 午後の作業は3時まで続きました。GPSウォッチによると、アップダウンのある牧野を全部で4.5キロ歩いていました。



 帰りに、採れたてアスパラガスの束をお土産としていただきました。そういえば、ウドを採ってきたボランティアさんもいらっしゃいましたね。



【追記で 阿蘇道路情報】 

 今は阿蘇に行くのに非常に遠く感じられるようになりました。立野が土砂崩れで使えませんし、南阿蘇に入る俵山のルートも使えません。今回考えられた3ルート。


① 大津からミルクロードに入り、二重峠から右折して赤水の国道57号線に出るルート。

② 同じく、ミルクロードに入るが、二重峠で右折せず、ミルクロードを末端まで走るルート。
  (大観峰、やまなみハイウェイ、エルパティオ牧場から左折してミルクロードをそのまま。波野の滝室坂の先に出る)

③ 西原村からグリーンロードを通って南阿蘇村久木野へ。高森、箱石峠を通るルート。


この①が北阿蘇に行く一般的な迂回路。ただしこの二重峠を通るルートは渋滞の可能性がある。特に大型車両の故障が多い。


 
 私は、朝は②を選択。外輪山では風も涼しく、薄雲があって日射しが柔らかいので、絶好のオープン日和でした。でも、途中あることが起き、その気も失せました。

 それは、ハイ、渋滞です。ミルクロードに入り、二重峠まであと3.7キロというところで、大渋滞に巻き込まれました。何度も停車し、進んでも人の歩くスピード程度。対向車がかたまって、しかも途切れ途切れに来るので、前方で片側交互通行になっているだろうと予想できました。原因は二重峠から下ってくるところで道端に停車した大型トラック。警察が誘導していました。この迂回ルート、時々大型が故障して渋滞が発生すると聞いていたのですが、まさにその現場に遭遇したわけです。(なんで下りで故障するんだよ。きちんと整備しておけよ。)
 渋滞の列はどんどん長くなって、私より遅く出発したであろう方々は、大津でミルクロードに入ってすぐに渋滞に巻き込まれたそうです。



 帰りは、渋滞の危険のある二重峠ルートを避け、③を利用。初めて通る道でしたが、渋滞もなくスムーズに帰着できました。

コメント

非公開コメント

No title

作業お疲れ様でした。

波野の野焼き参加時は③を利用して
早く到着しましたよ

この牧野は輪地切りでご一緒した所ですね
1枚目の写真がきれいです!

最近は南阿蘇村の立野でボランティアしてます
事前申し込みなのですが、今日25日は
中止になりました。

ともあき さん、

コメントありがとうございます。

ともあきさんのブログを見て、③で行かれたのは知っていました。
ただ、私が今まで使ったことがない道だったので、躊躇したんですよ。そうしたらちょうど渋滞にはまってしまいました。

ここの牧野は昨年一緒に草寄せをした場所ですね。
枯野でもなく、野焼き後の黒い野でもなく、緑の眩しい草原は癒しの効果をもたらした気がします。

ともあきさん、歩夢さん、ご存じかどうかわかりませんが、久留米の山じじいさんなど、災害ボランティアをなさっている方々の経験を読むと励まされます。最近コメントをくださったcg3338さんも、野焼きや震災のボランティアに参加なさっていますよね。ネットで公開なさらずとも、野ボラの中でも結構多くの方が、復興にも携わっておられるようです。 私より年長の方々のパワーには頭が下がります。

私も微力ですが、支援に関わっています。震災後しばらく自分ちのことより人のために動いたので、今は逆に休め休めと言われています(笑)。