永遠に生きたいという執念

P5310010.jpg

 招待券をいただいたので、九州国立博物館で開催されている「始皇帝と大兵馬俑(へいばよう)」展に行ってきました。歴史の教科書でも有名な秦の始皇帝。彼が作らせた兵馬俑の実物を一度見てみたいと思っていました。

 ※ 俑(よう)とは? 中国において、死者とともに埋葬した人形のこと。

 兵馬俑は様々な階級のものがあり、その顔も一体一体異なっています。以下の各兵馬俑は、現代の誰かに似ている気がしません?(画像は九州国立博物館より提供していただきました)


 御者俑。
s50.jpg

 軍吏俑。
s51.jpg

 歩兵俑。
s52.jpg

 将軍俑。
s53.jpg

 立射俑。
s54.jpg

 跪射俑。
s55.jpg

 騎兵俑。
s56.jpg

 これらはもともとは彩色されていたものでした。

 こんな感じで一堂に見渡せる展示でした。
s41.jpg

 個人的に一番気品のある顔をしていたと思うのは、やはり将軍俑。何千とある兵馬俑の中でも10体ほどしか見つかっていないというものです。身分が高いゆえに丁寧に作られているのでしょうか。
sa06.jpg

 これらの展示物を見ると、人間にもともとある基本的な願い、永遠に生きたいという願いを感じずにはいられませんでした。せめて肉体が死ぬのなら、形を変えてでも生きて、生前の生活そのものを来世に持って行こうという、すさまじい人間の執念。

 富や権力を持っていたために、莫大な費用と労力と時間をかけて、精巧に写し取ってあります。しかし、永遠の命を望んだ本人は死んでしまい、その作ったものだけが現代まで残っているのは皮肉のように思えます。とはいえ、我々が今日それらを見ることができるのは、歴史的に意義のあることでしょうが。



その他興味深かったもの。

 全国統一に必要だったことの一つ、度量衡の統一。これは重さを統一した「両詔権」。表面に「始皇帝」の文字が刻まれています。ほかに体積を統一した「両詔量」も展示されていました。
s22.jpg


 秦のインフラ整備のすごさをあらわすものと思ったのがこれ、取水口とL字形水道管など。
s30.jpg
 このほかに、土の圧力を逃がすための五角形水道管も使われていました。また、当時は瓦がぜいたく品だったようで、宮殿にはふんだんに使用されていました。




 秦の始皇帝が中国をなぜ統一できたか、についてのNHKの番組を事前に見ていたので、さらに興味深く展示物を見ることができました。




 博物館の1階では、こんなトリックアートもありました。
P5310011.jpg
 


 

コメント

非公開コメント