コンサートツアー2016 〜 LOVE 〜

 この美人は誰だ?

P6260007.jpg

 平原綾香


 しかもこれって、コンサートのステージっぽくない?


 そうなんです。彼女のコンサートの中のあるコーナーの間だけ、動画はダメだったんですが、平原綾香さん(ファンはあーやというらしい)ご自身から許可が出て、撮影できたのです。しかもSNSなどで掲載拡散OKとまでご本人に言われて、その通りに私もしてしまっているわけです。こんな一部撮影OKのコンサートは初めてで、スマホなどみなが持っている昨今、宣伝のために逆に利用するのは賢いのではないでしょうか。

 ほんと美人ですわ。

P6260002.jpg


 6月26日(日曜)の福岡市民会館でのコンサートに行ってきました。しかもすぐ上の写真から分かるように、中央に近い前から3列目の特等席のチケット。このあたりはファンクラブ会員専用の席です。実は、福岡在住のとあるファンクラブ会員氏から一緒にどう?とお誘いをいただき、初めて私たち夫婦の分もとってもらったのです。彼女のコンサート、いつかは行ってみたいと思っており、今回初参加となったわけです。

 本当は前日土曜日に熊本でコンサートがある予定でした。でも、地震で会場が使用不能になり中止になったようです。彼女はコンサートのあいだ中何度も熊本地震のことに触れていました。

 聴衆の年齢層は、もちろん若い人もいらっしゃいますが、全体的には結構高めかもしれません。それでも座ってじっと耳を傾けるばかりではなく、立ち上がって踊ったり掛け声をかけたりする歌もあり、福岡はなかなか乗りが良かったようです。彼女のボイスパーカッションを目の前で聴くこともできました。アンコール3曲を含む2時間20分ほどのコンサート全体をとても楽しむことができました。

 事前にファンクラブ会員氏から渡されていた音源を使っての“予習”は不十分でしたが、知っている曲、例えばNHK朝ドラのメインテーマ「おひさま~大切なあなたへ」や、その次の「ダーウィンが来た」で使われている「スマイルスマイル」を生で聞けたのは良かったです。特に「おひさま」は、これコンサートで聞けたらいいねと事前に夫婦で話していた曲で、たくさん曲がある中、どんピシャリで今回出てきました。

 ただ欲を言えば、個人的には彼女の澄んだ美声を堪能したかったのですが、その機会が少なかったかなと思います。今回はバンドスタイルのコンサート。バンドスタイルは歌以外の音が大きくて、コンサート慣れしていない私の耳が慣れるのに時間がかかりました。数メートル前で歌っている彼女の声が、前方からではなく右の方のスピーカーからバンドの音と混ざって大音響で聞こえてきたことに、最初かい離感を感じて、純粋にのめり込めませんでした。会場の音響特性のせいでもあるのでしょうか? そんな気持ちがあったので、知らない曲のときには、ベースやドラムが目の前奥だったこともあり、どちらかというと歌より大きい音に聞こえた彼らの技巧的な演奏に関心が向いてしまい、ドラムやれたらかっこいいなと思ったり・・・。特等席に座っているのに、こんな違った聴き方をしているのは怒られそうですね。

 それでも彼女は時折ステージ上で私の座っている目の前まで来てくれて、何かドキドキ。あのテレビでしか見られない美人で美声の歌手が、間近にすぐ目の前にいるんですから。



 そんななかで、コンサートに来た甲斐があったなと思わせられたのが、感涙ものの二曲。

 一つはあの「優しい時間」というドラマのテーマ曲「明日」。ステージ中央の階段に座って、ギター伴奏で歌う彼女の声とその仕草は情感にあふれ、歌詞にぴったりで、私の心の琴線に大いに触れました。自分にとっての今回の一番。あとでCD版を改めて聞いたのですが、若さを感じてしまい、コンサートの方が人間的にもより深まって歌っていると感じました。

 もうひとつは、アンコールで歌われた「わせねでや」(忘れないでね、という意味)という曲。東北の震災に関連した歌ということも、加藤登紀子さんが歌っているということもまったく知りませんでした。心を揺さぶるピアノ伴奏が曲を盛り上げ、比較的シンプルな旋律でありながら、彼女独特の美声に乗って届く歌詞が、ビンビン心に響いてきました。熊本の震災もあったためか、涙が出そうに。

 やはり多才な彼女の歌声はすばらしい!自分としては彼女の声の魅力がストレートに届く曲構成をもっと望みますが、とても楽しめました。10月にあるアコースティック版もおもしろそう。



 

コメント

非公開コメント