がまだせ!熊本 


 当ブログの過去記事(2016/5/14付)で、個人的意見として、「がまだせ熊本」への違和感について書きました。


 ここ何日も読む暇もなくたまった熊日新聞を一気に読んでいたら、ついに世間でも言い始めたんですね。

   「がまだせ熊本」に対する違和感

 ことの起こりは6月28日付の「ハイこちら編集局」への読者の意見「『がまだせ』に違和感」のようです。


 その後「読者の広場」への安藤黒竜(益城町 81歳)さんの投書。確かこの方は肥後狂句の世界で有名な方だろうと思います。

「がまだす」というのは、「働く」や「精を出す」ことで、「がまだしもん」は、「とりわけ働く人」だと覚えて今日まで使い続けてきた。何もせずにぶらぶらしている人か、さぼってばかりいる人に言うのなら「がまだせ」も分かるが、ふつう、働いている人に対して「がまだせ」というはずがない。まして被災地や被災者に対して「がまだせ」などとは、もっての外。無礼千万な話である。
 最近は何が引き金かは分からないが、物珍しさもあるのだろうか、急に、なんでもない方言がやたらに使われ出すことがある。そのこと自体は構わないのだが、誤った使われ方が一人歩きするようになるのは、困ったものである。

2016/7/4 熊日新聞 「読者の広場」より引用



 ついに、年配者が「がまだす」と言う熊本弁の誤用について意見を言い始めたか。

 その後、その熊日新聞も、やっと後追いするかのように似た記事を出す。


 最近気になる誤用が「がまだせ」です。仏教用語で不動明王が起こった時の「降魔(がま・こうま)」の相を出すまで精を出す、が語源とか。「働く、精を出す」という意味で本来「頑張れ」の意味はないのですが、県人まで「がまだせ熊本」の看板を作っているのは困ったものです。
 働いている人に「がまださんかー」と言おうものなら「なんてやー」とけんかになること請け合いです。他人にこの言葉を使うなら「まちっとがまださにゃん、若っかつだけん」がせいぜいです。逆に「あん人はがまだしもん」と言われたら、最高の褒め言葉です。
 「がまだせ熊本」は「働かんか(働きなさい)熊本」。県民には大変失礼なスローガンです。「がまだすバイ」ならヨカとに。

2016/7/5 熊日新聞 夕刊ひろば「熊本弁コージ苑」より引用




 分かっているなら、もうちょっと早く言ったら良かったのに、とも思います。しかも、私の知る限りでは、発行部数の少ない夕刊でしかこの件に触れていません。もういたる所でこの誤用、広まっています。高校生たちさえこの言葉を使った企画をしたとかなんとかテレビで見たことがあるので、これからは がまだす=がんばる(これは誤用です)、として県人に定着していくでしょう。

 ただ、復興を願う善意の気持ちから出た誤用。当初は指摘しにくかったでしょう。それも分かります。3か月近く経ってようやく言えたともとれるかもしれません。



コメント

非公開コメント

がまだせて言われても

熊本県民です。

街にあふれる「がまだせ熊本」の文字を見るたびに、もやもやしている私がおかしいのだろうかと思っていました。
でも、やっぱり同じような違和感を持っている人は多いのですね。

あくまで県南部出身者の感覚ですが、
仕事や家事をせっせと頑張る人には「がまだしもん」と言いますが、勉強やスポーツにはあまり使わないと思います。
また、他人に対して「がまだせ」「がまださんか」と言うのは、ちょっときつい言い方のような気がします。
ましてや、家族が亡くなったり家が壊れたりして気落ちしている人にかける言葉ではありません。

肥後狂句の大家・安藤氏の言葉が出ていましたが、
この方はどこかで「無理に熊本弁は使わなくてよい。日常の言葉で詠むのが肥後狂句」とおっしゃっていました。
へんな方言を使うくらいなら、「元気を出そう熊本」で良いのではないでしょうか。

ついでながら話は変わりますが、
私の小学校時代の担任の先生も自分の持ち物に「おれがつ」と書いていらっしゃいました。
県外生まれの先生で、「おれがつ」という響きを面白がっていらっしゃったように記憶しています。
もしかしたら同じ先生なのかなあ…?

Re: がまだせて言われても

匿名の熊本県民 さん、

この記事にコメントいただき、非常にうれしく思いました。ありがとうございます。

あのスローガンを見た瞬間、あれ?と思いますよね。
そして自分がおかしいのだろうかと私も最初同じように思いました。
でもやはりおかしいのは「がんばれ熊本」ですよ。
たぶん熊本弁を熟知していない若い方々が、きっと良い動機で始められたんでしょうね。
それは踏みにじりたくないですが、やはり違和感を感じるものは感じると。

同じように違和感持つ人も多いでしょうが、どちらかというと年配の方々が多いかと思います。
おかしいと思ってもネットは使い慣れないかもしれませんし、地震でそれどころではなかったでしょうし。


私の場合、「おれがつ」と書いていた先生は、Y.中尾先生とおっしゃいます。同じ方でしょうか。
ご高齢ですが、現在もお元気になさっています。

Re:Re: がまだせて言われても

こちらのブログを拝見して、うれしかったのは私のほうです。
スローガンを考えた人の気持ちがわかるだけに、ケチをつけるようなことは言いにくいですよね。
ちょっと胸のつかえが取れました。ありがとうございました。

私の元担任は違う方です。
今も現役で、地震で避難所になった小学校の校長をされているそうです。
「おれがつ」は偶然かもしれませんし、どちらかの先生が真似をされた可能性もありますね。

Re: Re:Re: がまだせて言われても

匿名の熊本県民 さん、

今回はうれしいコメントありがとうございました。
たいした記事はかけませんが、またいつかご訪問ください。