輪地焼きボランティア 町古閑牧野(春の牧)

 11月3日(祝)、輪地(防火帯)焼き支援ボランティアに参加してきました。

 6時30分出発。途中朝食をとり、阿蘇に入る迂回路ミルクロードを通って、特にひどい渋滞もなく現場に到着しました。自宅から62キロ。

 場所は、町古閑牧野の春の牧3年前にも同じところの輪地焼きをしていました(輪地焼きについての解説あり)


 今日は7人+7人+6人の3班20名のボランティア。祝日でしたが、初めてお会いする方は少なく、今回もたぶん私が最年少ではないかと思いました。当然重量物であるジェットシューター担当になりました。今日は水がたくさん入っており、かなり重かったです。翌日の今日も肩が痛い。



 草が刈られたままだったので、先頭のボランティアさんたちがまず草寄せをし、地元の方が寄せた草に火をつけ、私たちが延焼しないように火を消しながら進んでいく方法でした。
 それで各自火消し棒や草寄せの道具を持ち運びます。皆少なくとも“二刀流”です。私はシューターと火消し棒。


 燻されて煙い煙い。マスクが変色するほど。しかも、場所によっては強い風が吹いて、火の具合に常時注意しなければならない神経を使う作業でした。


 10時半の休憩の時の写真。水という重量物を背負い、誰かが作業中で置いたままの草寄せの道具や火消し棒まで持って移動するので、かなりハードでした。気が利きすぎてしまいました。
PB030190.jpg
 眺めは最高なんですが、時間の経つのが久しぶりに遅く感じました。まだ10時半です。空腹感も強くなり・・・。


 ちに待った昼食の時間になりました。。絶景を眺めながら、持参した弁当を食べます。いいよね。
 しかし、日差しはあるんですが、風がかなり冷たい。
PB030194.jpg
 眼下に見える帯状の白っぽい粒粒が、ボランティアさんの車です。かなり高い所まで来ましたね。

 久しぶりに自分の“雄姿”を撮影してもらいました。根子岳をバックに。
PB030192.jpg

 ミヤマキリシマがこの時期咲いていました。花期がずれていますよね。
PB030200.jpg

 食事をし、風を避けて斜面に体を預けて、うとうとしてしまいました。

 興奮したのか、今朝は予定起床時刻より1時間半も早く目が覚めてしまったので無理もない。



 後の作業開始。
 しかし間もなく、反対側から焼いてきた別の班と出会いました。今日の作業はあっけなく終了。写真撮影も解禁。
PB030209.jpg
 あちらの班も延々と急斜面を焼いてきたんですね。
PB030211.jpg
 私たちの班のメンバー。今日は草寄せが大変だったと思います。
PB030212.jpg

 でも、今日はこれで終わりで良かったと思います。実はいつもより重いシューターを背負い、斜面を上下に移動するので、地下足袋の中で親指が圧迫を受けて、痛みを感じ始めていました。もしかすると爪の下で内出血し始めているかもしれません。分厚い靴下を履いてくるべきでした。

 二つの班が合流して、下山します。転げ落ちそうな急斜面です。スパイク付き地下足袋のありがたさ。でも右の親指が痛い。
PB030213.jpg

 まだ1時過ぎたばかり。最初の集合地に徒歩で戻ります。いい景色!
PB030218.jpg
 途中で市原組合長の軽トラにたまたま乗せてもらうことになりました。足の親指が痛かったので、ちょうど良かったです。

 本日は作業は効率よく進んで1時半には終了になりました。3年前に8人で焼いたときには、こうはいかなかったですね。

 ここが本日私たちが輪地焼きした場所です。この角度から見ると低そうに見えますが、実際はかなり急斜面です。
PB030220.jpg

 帰りにお土産をいただきました。無農薬栽培のキーウィフルーツ。たくさん入っていました。
PB030223.jpg

 帰りはもちろんコペンをオープンにします。思えばこの秋初めてオープンにしました。そして南阿蘇に立ち寄りたいところがあったので、南回りのグリーンロード(ケニーロード)を経由して帰宅しました。帰りの走行距離は70キロほど。グリーンロード経由は、ミルクロード経由よりかなり遠いですね。

 ちなみに右足の親指、爪の根元がほのかに紫色になっていました(悲)。実は来週末はフルマラソンです。帰ってから冷やしたので、たぶん大事には至らないでしょう。


 今日のボランティア記事はいつもより何かハードさを強調していますね。町古閑はボランティアさんには人気の牧野らしいので、あえてハードさを前面に出しました(笑)。
 

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様でした

親指は、その後大丈夫でしょうか?

下から見るよりかなりハードで

急こう配でしたね!

また、どこかでお会いしましょうね(笑)

ともあき さん、

お疲れ様でした。

お気遣いありがとうございます。
親指は何とか大丈夫そうです。テーピングする必要はあるかもしれません。

こちらこそまたどこかでお会いしましょう。