熊本城マラソン2014完走記 -その3- 道中編 Part1

 かなり遅めのペースで始まった私の初マラソン。私の場合、最初はゆっくり走り出し、体がなじんできた頃からペースを上げると楽に走れる、と経験上感じていたので、遅めのペースは良かったかも。でも今回はそれがずっと続く感じで、やがて走りにくさを感じるようになりました。レース前の捻挫はほぼ治っているとはいえ、前のランナーを左右によけながら何度も何度も追い抜くのも、ちょっと不安。
 走り始めは元気です。遅いペースなので普通に呼吸ができます。が、心配なのが30キロ過ぎからの燃料切れです。それが起きないために、今回ウェストポーチには各種サプリメントを入れて持って行きました。スタート前に摂取するもの、マラソン中に前もって決めていた距離に到達したら補給するもの、ここ一番でという時に使うものなどいろいろあります。
P2158286.jpg

 また給水も大切です。しかも飲む量の加減が難しい。寒さの中スタートを待っている間にトイレに行きたくなってはいけないと思い、家での水分摂取は控えめにしました。そしてコース上の給水や給食を積極的に利用するつもりでした。特に水分は、喉が乾いてから飲んでも遅く、その時点ですでに脱水が進んでいると聞いていたので、今から振り返ってみると、公式の給水・給食をほとんど利用したのではないかと思います。ただそれが多いと時間のロスにもなるのですが。

 そうなると、いつトイレに行くのかというのも大きな問題です。

 前回より出走者が増えた分、トイレも増設されているとのこと。どこに何基設置してあるのか事前に調べることができます。9キロ地点が設置数が多いということを知っていましたので、私は事前にそこを利用する可能性のある場所と考えていました。そして実際に利用したのですが、列に並んで待つ時間が長かったです。ここで時間をかなりロスしてしまいました。
 ただ予想外だったのは、この後トイレに行ったのは30キロ地点手前のみ。そこは設置数は少なかったものの、並ぶことなく使うことができました。


 熊本城マラソンのコースのうちかなりの部分が私の生活圏の中に含まれています。それで沿道には時折知った顔を見つけるわけです。それは家族や親戚であったり、近所の人であったり、仕事関係者であったり、友人や同級生であったりするわけです。その人たちに会うたびに挨拶して、時には記念撮影をしました。


 10キロ地点。急こう配の西大橋を通ります。長さ550メートル、高低差15メートルあります。ここは練習で何度も走った所。軽快に走っていくことができました。
 思えば1年前、ちょうどこの橋の上で、落選した悔しい思いを胸に、通過するランナーたちを応援していました。それが今はランナーとなって実際に走っているのです。感無量です。
P2168303.jpg


 かわいい生徒たちと記念撮影。わざわざ実名入りのうちわを準備して応援してくれました。うちわはお母さん作だと思います。後ろでお父さんが叩いているのは雨乞い太鼓だそうですが、今日は晴れで最高のマラソン日和。だからマラソンを最大限楽しめる。雨が降らなくてほんと良かった。 
P2168307.jpg




 歴史ある川尻地区の応援は熱かった。

 ひと口アイスクリームに群がるランナー。ちょうど無くなったところだったのか私は食べそこないました。公式の給水・給食エイド、それに加えて私設エイドもあり、それらすべてを利用すると時間が足りなくなりそうです。
P2168309.jpg

 応援が途切れません。古い町並みの中を走ります。
P2168310.jpg

 小さな子どもがラッパを吹いてる。
P2168311.jpg

 川尻を抜けると田園地帯の中を天明・飽田地区へ。このあたりも沿道からの応援が続きます。お茶が出てきたり、パンをもらえたり・・・。



 そんなこんなでいよいよ中間地点に差し掛かりました。これだけ走ってまだ中間地点なの?とは少しも思いませんでした。心の面では全然折れていません。ただ、タイムを見てちょっと焦りました。中間地点までで、しかもまだ元気がある前半戦で2時間30分以上が経過していたのです。まずい!5時間以内での完走が危ぶまれます。
 もちろんGPSウォッチで時折ランの情報を確認しているんですが、今回は練習の時より見る回数が少なかったと思います。だって知り合いと会うし、周りに楽しいものがいっぱいあるのですから。
 それでも先を急がなければ。この後も知り合いに合う可能性大ですが。



 第7給水所付近も盛り上がっていました。

 大根の踊り?
P2168312.jpg

 二階で踊る女性。
P2168313.jpg

 ジャンベの演奏。
P2168314.jpg

 この地区は茄子を中心とした野菜の名産地で、給食もかなり充実していたのですが、そこそこで先を急ぎます。


 また、この後の25キロ手前の地区私設エイドで、豚汁をいただきたかったのですが、断念しました。


 友人たちと記念撮影。
P2168316.jpg
 彼らから5時間のペースセッターが先ほど通ったということを聞いたので、先を急ぎます。まだ追いつく気満々です。


熊本城マラソン2014完走記 -その4- 道中編Part2に続く
 

熊本城マラソン2014完走記 -その1- 数字編
熊本城マラソン2014完走記 -その2- スタート編

コメント

非公開コメント