福岡マラソン2016 完走記(後編)

 さあ8時20分、いよいよスタートです。Fブロックにいた私がスタートラインをまたぐまで、4分30秒ほどかかりました。
PB130204.jpg

PB130205.jpg

PB130206.jpg

 ランナーの中に競歩の方を発見。私を追い越して行きました。この人を目印に付いて行こうと思いましたが、速い。少しずつ離されていきます。でもたぶんこのあとずっとずっと先で一度追い付いたと思います。
PB130207.jpg

 寅さん発見。
PB130213.jpg

 ゴミを拾いながら走る武者にも出会いました。以前どこかでお見かけしたことがあるようなないような。よく見ると「八代」
PB130214.jpg

 ゴミを拾って背中のリュックに入れると、あっという間に先に進んでいきます。速い。
PB130215.jpg
 リュックのメッセージには「ゴミ拾いしよるけんお先にどうぞ 目指せ日本一きれいなマラソン大会 がんばれ熊本」とありました。同県人でしたね。

 体調が良くない割には、走りの調子は良かったですね。今日もしかしたら自己最高狙えるかもと思いました。ただしそれは10キロ過ぎまでの話。
PB130217.jpg
 太陽が昇るにつれ、これは暑くなると予感。早い時間のうちにできるだけ先に進んでおきたいと思いました。
   ※この日の最高気温は平年より4度高い22.6度(10月半ばの陽気)だったようです。

 街を過ぎて海岸沿いを走ります。海上からの応援。
PB130221.jpg
PB130223.jpg

 この後写真があまりありません・・・。この大会前に20キロまでしか走っていないのもあるのでしょう、体は正直で、だんだん動かなくなってきます。20キロ地点の九州大学伊都キャンパスへの緩い上り坂、走って登れませんでした。初めての歩き。坂を登った先に折り返し地点があるので、対向車線は下りてきたランナーで一杯。その途中4時間半のペースセッターとすれ違いました。

 私も折り返すと、坂道を登って来るランナーたちとすれ違います。まだまだ続々と対向車線を登ってきます。多いなあと感じました。後ろにいるはずの5時間のペースセッターを注意して見ていますが、なかなかすれ違いません。そうこうするうちに中間点通過。そこではまだサブ5したときの記録より1分遅いだけでした。
PB130224.jpg
 やがてすれ違ったペースセッター、よく目を凝らすと5時間ではなく5時間半。5時間はどこ? すると前方そんなに遠くないところに風船が見えます。気づかないうちに追い越されたようです。

 ハーフを過ぎたあたりからは忍耐の走りでした。とにかく前に進まない。普段足がけいれんする回数はそんなに多くないんですが、今回は早々と頻繁にやってきます。ふくらはぎではなく、膝より上。ケガをしたくないので、早歩きを多用するようにしました。

 25キロ地点の「豆乳うどん」。ツルッとした喉ごしでなかなかのお味でした。
PB130225.jpg
 ※ 通常より10分ほど長い約1時間ゆでた麺を短く切り、薄味のだしを加えたうどんは約1万1千食を用意。エネルギーを求めるランナーの人だかりができた。「改良を重ね、のどごしが良い麺を準備した。立ち止まって味わってくれる人もいてうれしい」。(西日本新聞より引用)

 掛け水をしてくれる子どもボランティア。暑くなってるからね。後半のどこかで19度という表示を見ました。
PB130226.jpg

 これ、これ、これ、最高でした。ぜんざい。ちょうど身体が要求しているもの。甘さが体にしみました。これはたぶん地区の住民の皆さんで提供してくださっている私設エイドです。このマラソンで一番力を得た給食でした。どの地区だったのでしょう。ありがとう、皆さん
PB130227.jpg

 この後ホントに写真がありません。走りより歩きが多いと思います。とにかく無理はしません。残り10キロとなった地点で、5時間30分は切れると予想。できるだけ急ぎます。




 今回私は熊本城マラソンでもらった白いTシャツを着て走りました。同じく熊本城マラソンの黒いTシャツを着て走っているランナーがいらっしゃいました。足が痛そうです。同じ辺りを追い越し追い越されしているんでしょう。二度目に見かけて、近くを通ったとき声をかけるチャンスが到来。するとその方も乗ってこられ、予想外に話が弾んで、そのまま同行することになりました。
  ※ 熊本地震の被災地からも約380人が抽選に当たり、今日もその多くの方々が出場したようです。
PB130228.jpg
 この方Kさんと言います。画像をよく見ると、黒いTシャツに白い塩が浮き出ていますね。彼とは一緒に話しながら早歩きし続けました。お互いの年齢やラン歴のことなど。見かけとは違い私がいくつか年上であること(失礼!)、Kさんの職場が我が家の近くであることまでわかりました。さらにマラソン後の計画まで同じでした。博多駅近くの天然温泉に入りに行くとのことです。こりゃその温泉、今日はランナーが多そうだ。

 話しながら歩いていると、独りで歩いているより気が紛れて、疲れを忘れてしまいます。残り2キロほどだったでしょうか、ついに5時間30分のペースセッターにも追い抜かれました。付いていけないわけではなかったでしょうが、今後に本命が控える現状では無理をしないで、そのまま早歩きを継続します。



 ※以下動画から切り出した画像です。


 周りはラストスパート。でもうちらは早歩き。
fukuoka1.jpg

 たぶん左の若者の声、私たちに向かって「頑張ってくださーい」との声援が音源に残っていました。おじさんたちに声援ありがとうございます。低い声で「ほぁーい」と答える私たち。
fukuoka2.jpg

 ついに歩いて同時フィニッシュ。
fukuoka3.jpg

 フィニッシュゲートのところでお互いの健闘を称え、がっちり握手をしたのでした

 公式タイム(グロスタイム)はご覧の通り。ネットタイムでは5時間半を切れました。すぐれない体調の中でも、練習も積めてない中でも、5時間台半ばでは完走できる力はあると変な自信がつきました。

 最後の数キロ、話しながら早歩きしたおかげで、自制を働かせ、まったく苦しい思いをしないで済みました。Kさん、ありがとうございました。熊本城マラソン、追加抽選当たるといいですね。




福岡マラソン2016 完走記(前編)はこちら


※追記でレース後の様子を記します。


 動線に従って進むと、完走タオルと完走メダルをいただきました。個人的にはやはりメダルをもらえた時がうれしかったですね。

 その後給水給食。バナナ1本とアクエリアス1本でした。個人的にはちょっと物足りなく感じました。

 完走証を受け取り、手荷物返却。

 更衣室とは名ばかり。テントはあるもののむき出しのアスファルトの上で着替え。多くの人がフィニッシュをしているので、露天のアスファルト上で着替えている人たちも多数。

 更衣を終えて動線に従って進むと、お餅をもらいました。
PB130231.jpg

 その隣りで、受付時と同じノンアルコールビールをもらいました。

 そこでランナーエリアを出ます。隣りは一般の人も入れるおもてなしエリア。そこで妻と再会しました。

 ここでもランナー限定サービスのぜんざいをいただきました。今日のぜんざいは実にうまい! HOASHIフィットネスさん、ありがとう!
PB130232.jpg

 別テントで焼き牡蠣の振る舞いもありましたが、残念ながら目の前で終了。

 
 事前に予約していた有料シャトルバスで天神・博多駅に向かいます。1200円。当日1700円
PB130234.jpg
 午後3時少し前の時点で、40分待ちの案内が出ていましたが、列に並ぶも、それほど待たずに乗ることができました。バスが何台も待機していたからです。座席に確実に座れて移動できるのは助かります。でも、都市高速に乗るまでにひどい渋滞に巻き込まれ、博多駅に到着するまでになんと1時間40分もかかりました。

 車窓から撮影。この奥が、写真の中のバイクのお兄さんも思わず見てしまう場所、大きな陥没が起きたところです。
PB130236.jpg

 博多界隈で唯一の天然温泉に入りに行きました。750円(髭剃りと歯ブラシ付き)。湯船は広めのが二つあります。ランナーが利用したい水風呂は、はっきり言って狭い! 気を遣いながら短時間ずつ利用するしかありません。大勢のランナーがいるのではと思っていましたが、意外なことにごった返すほどではありませんでした。
 山形と長崎からいらっしゃった若いランナーと気さくにおしゃべりしましたが、もしかして入賞なさっていた方・・・????

コメント

非公開コメント

ブログ発見!(笑)

福岡マラソンお疲れ様でした!

楽しく走らせて?歩かせて頂きました(笑)(^。^;)
帰りは温泉入れたんですね!
私か行った時には、入場制限時間かけられていてホテル宿泊者以外は入れませんでした(T0T)
ちなみに熊本城マラソンも復活!無理でした(///∇///)
3月鹿児島マラソンには出れるので、その前にアップでイチゴマラソンに出たいと思っています❗また機会があれば一緒に走りましょう(^○^)

Re: ブログ発見!(笑)

k さん、

見つけてくださり、ありがとうございました。
ほんと福岡マラソンお疲れさまでした。

入場(入湯)制限がかかっていたとは知りませんでした。大変でしたね。その後お風呂どうなさったのか気になるところです。
私たちが行ったとき、たぶん5時から6時位だったように思うんですが、問題なく入れました。

熊本城マラソン残念でしたね。
再来年はぜひ。

ときどきコメよろしくお願いします。