ココロとCOCORO

 熊本市電に乗る機会がありました。

 電停で待っていたら、たまたまやって来たのがこの電車。0801AB超低床電車。
PB210191.jpg

 市電の最近の話題といえば車内アナウンス。11月1日から期間限定で、熊本市出身のコロッケのものまねアナウンスが聞けるようになりました。熊本地震の被災地に元気を与え、観光客に熊本を楽しんでほしいということで、コロッケが音声を無償提供したそうです。そのココロがうれしいですね。

 主要電停の案内に、志村けんや武田鉄矢などが登場し、例えば終点の健軍町の前では、淡谷のり子が「終点ですよ。ちゃんと降りるのよ」と言います。実はそのアナウンスを聞きたかったのもあって、いつもは車を利用するところを、あえて路面電車を利用したのです。全線均一料金170円。
※ コロッケによるアナウンスの詳細はこちら



 帰りは、どうせ乗るならということで、0803AB「COCORO」を待って乗りました。水戸岡鋭治デザイン。

 行きにすれ違った車両を覚えていて、次かその次あたりに来るはずとの計算で待っていたら、どんぴしゃり登場。でもネットで調べれば、COCOROの時刻表が公開されているんですね。
PB210193.jpg

PB210194.jpg

 お洒落で、木のぬくもりが感じられます
PB210195.jpg

 対面式座席にはテーブル付き、ついでに鏡も?
PB210197.jpg

PB210200.jpg

 一番の感動は、開放感でしょうか。その理由は窓の大きさにあると思いました。天井近くまで窓があります。
PB210201.jpg
 照明もいい雰囲気を出しています。

コメント

非公開コメント