秋田名物きりたんぽと創作いきなりだご

 熊本地震の被災地で何か手助けできないかと秋田から引っ越してきたご夫婦を我が家に招いて食事。出会ってから意気投合して、時々一緒に食事をしています。夫は私と同い年。

 本当は我が家主催のバーベキューの予定でしたが、夕方から雨の予報でしたし、急に寒くなったので変更。代わりに、秋田からきりたんぽが届いたので一緒に食べようとの申し出。食材などをほとんど準備してくれたのは先方。ご馳走になります。

PB230190.jpg

 きりたんぽ鍋の作り方には厳格な決まりがあって、何は入れるが何は入れないとかがあるそうです。今回はその伝統に則った調理法、らしいです。比内地鶏の出汁の効いた、身体のあったまる料理でした。美味い。


 これは焼ききりたんぽ。
PB230193.jpg




 鍋以外にお手製の塩麹バーニャカウダもありました。ホットプレートの上に、小さなフライパイン・スキレットを乗せて、そこでバーニャカウダソースを作ります。アンチョビーは入っていないけど、ニンニクの旨さがよく出た絶品ソースでした。
PB230188.jpg

 最近バーニャカウダとかアヒージョに魅かれる我が家。


 そして一見何の変哲もないような熊本名物「いきなりだご」
PB240186.jpg

 秋田からいらっしゃったその奥様創作の「いきなりだご」はなんとミカン入り!!!
PB240187.jpg
 熊本県人にはびっくりの具。熊本県人ではないのでできる荒業かも。

 恐る恐る食べると、結構おいしかったりして

コメント

非公開コメント