太宰府は梅の咲き始め - 「 宗像・沖ノ島と大和朝廷」展

 大宰府は梅が咲き始めていました。
P1310009_20170201235720c31.jpg

 「宗像(むなかた)・沖ノ島と大和朝廷」展を九州国立博物館に見に行きました。
 
P1310007.jpg

 平日の火曜日に行きましたが、今回は以前のように列に並ぶこともなくスムーズに観覧できました。

 ※以下の画像は九州国立博物館から提供していただきました。

第1章 歴史をつなぐ海
沖ノ島祭祀の舞台であり、東アジア交流の窓口となった筑紫(つくし)の海。沖ノ島祭祀を担った宗像君(むなかたのきみ)をはじめとした筑紫の人々は、九州沿岸を基点に大和・筑紫・韓国(からくに)で躍動しました。その躍動の歴史は、『古事記』・『日本書紀』に記録されるだけでなく、発掘調査によっても明らかとなりつつあります。本章では、往時の海上航路をたどりながら、宗像君・筑紫君(つくしのきみ)等をはじめとした豪族の姿を紹介します。



 個人的に改めて興味深く思ったのは、熊本県の宇土半島でしか産出されない馬門石(まかどいし、別名「阿蘇ピンク石」)で、巨大で重い石棺を作り、大和まで長い距離を運んでいたことでした。九州西岸から出土する土器に共通のS字模様が見られるのは、熊本にも「肥の君」という権力者がいて、筑紫や宗像の君とつながりがあったらしく、そんな移動も可能だったよう。

 豪族が所有していた船を模した埴輪。波を切り裂く大きな板が目立ちますね。座っている人は当時の身分の高い人物。座っている=身分が高い、をあらわしているようです。
8O0A9939.jpg

 南西諸島で採取されたイモガイの文様と光沢が、馬具や腕輪などの素材として、古代の人々を魅了したようです。 実際に触ることのできたイモガイは大きさに比べずしりと重かったです。
8O0A9960.jpg

 私の地元熊本・氷川町の古墳からの出土品が多数展示してあって、ちょっと嬉しい気分。



第2章 神話の風景
沖ノ島祭祀が成立した古墳時代。人々は、清らかな水辺や村の中で「八百万乃神やおよろずのかみ」に祈りを捧げていました。また、古墳に死者を埋葬する際には、墓室に宝物や食料を納め、墳丘に常世の姿を模した埴輪をならべていました。これらの神まつりや古墳祭祀の風景は、日本最古の歴史書である『古事記』・『日本書紀』の記述に散りばめられるだけでなく、発掘調査で発見される祭祀の痕跡や古墳からも垣間見えます。『古事記』・『日本書紀』に記された世界と日本各地の出土品を照らし合わせたとき、日本古来の神まつりの姿が浮かび上がります。



 日本の神話と出土品から学びます。ここに展示されていた「ミニチュア土製品」の中のものに目が釘付け。四つ足のずんぐりコロッとしたものは、私が大好きなカメではなかろうか、と。(八女市の南中学校庭遺跡というところからの出土だそうです)
8O0A9980.jpg

 日本書紀に記されている埴輪を作り始めた理由が興味深かったです。天皇の死後、従者の殉死をやめるため。
8O0A9986.jpg
 のちほど売店で立ち読みした本では、その意見に否定的でした。諸説入り乱れているとか。

 笑ってますよ。
8O0A0057.jpg




第3章 神宿る島の源
大和から遠く離れた絶海の孤島・沖ノ島で行われた神まつり。沖ノ島祭祀遺跡で発見された約8万点の国宝には、三角縁神獣鏡・金製指輪・金銅製龍頭をはじめとした希少な宝物が数多く含まれています。 これほどの宝物を奉納した祭祀遺跡は、他に例がなく、大和朝廷が行った国家祭祀の中でも、沖ノ島祭祀がとくに重要な役割を担っていたことを物語っています。本章では、沖ノ島、大和、韓国の祭祀遺跡や古墳の出土品を比較しながら、神宿る島の源に迫ります。


 大和と沖ノ島、韓国(からくに)で出土したものの比較を興味深く思いました。

 ここから国宝がズラリ(沖ノ島出土のものの国宝数の多さにびっくり)。有名な三角縁神獣鏡。でもこれは重要文化財の大和のほうかな?
8O0A0067.jpg

 これはよくわかる資料。金製指輪の比較。沖ノ島、大和、韓国(からくに)で模様が似てます。
8O0A0039.jpg

 これは沖ノ島で見つかった金製指輪(国宝)の大きい画像。
8O0A0103.jpg
 金製指輪の展示はものすごく厳重でした(笑)。盗難防止でしょうね。

 機織のミニチュアまで見つかっています。よくできていました。
8O0A0008.jpg


 自分の住んでいる九州地方の古代史、興味深かったです。



 見終わってなぜか売店で買ってしまったものはこの粘土。1個320円。
P1310008_201702020137480c8.jpg

 (そんな時間ないのに)粘土細工をしてみたくなりました(笑)。自分が使わないなら、知り合いの美術の先生へのプレゼントにしようかと。

コメント

非公開コメント