熊響 第103回定期演奏会

 書きたい記事はいくつかあれど、諸事情で書けずにいました。しかもちょっとだけ体調も崩したりして。個人的に5月って体調が悪くなることが少なからずあるような気がします。無理している部分があってそれが出てしまうのか。

 時をさかのぼる形で少しずつ記事にします。

 まずは今日の夜行ってきたのが、熊本交響楽団の定期演奏会。もうそろそろだと思い、ホームページを見たのが昨日のこと。指定席でも1,800円という破格の価格で生のオーケストラの演奏が聴けるのは、CD聴くよりはるかに感動が違うと思うのです。実は体調が回復傾向とはいえ万全ではなかったこともあり、直前まで迷いましたが、心の栄養が欲しいと思い、会場まで家族に送ってもらう形で、独り聴きに行きました。

P5140001.jpg

第103回定期演奏会
【公演日】 2017.05.14
【会場】熊本県立劇場コンサートホール
【指揮】松井慶太
【トランペット・ソロ】菊本和昭(NHK交響楽団 首席奏者)
【プログラム】
① 組曲「道化師」(カバレフスキー)
② トランペット協奏曲(アルチュニアン)
③ 交響曲第4番ヘ短調(チャイコフスキー)




 私にとっては馴染みのない曲構成。

 当日券を会場で購入しました。8列目の指定席区画を選択。いざ席に座ってみると、自分の目の高さがちょうど指揮者の譜面台の高さと同じくらいでした。オーケストラを奥まで見渡すことはできない位置。指揮者が入ってきます。背がかなり高い! しかも革靴が金属のように黒光りしています。あれくらいピカピカの革靴いいですね。


① 第2曲 ギャロップ。誰でも聞いたことがある運動会の音楽です。第7曲だったかな、きれいな調べでした。


①´ 指揮者の挨拶。


② この辺りでは生ではめったに聴けませんよ。私は独奏者の吹くトランペットの朝顔(ベル)の正面からちょっとずれた位置に座っていました。奏者の息遣いが聞こえてくるような澄んだ音色。強奏する感じは少なく抑え目か。弱音器を付けた音色との味わい深さの違いも面白い。


②´ アンコール  チャイコフスキー作曲「白鳥の湖」より‟ナポリの踊り”。


③ 個人的に第5番、第6番はよく知っているんですが、第4番は正直ほとんど聴きません。序奏のメロディーは聞き覚えがある程度。驚いたのは第3楽章。弦楽器5部がみんな弓を床に置いています。指ではじくピチカート奏法で演奏し、お互い掛け合っているのです。それがこの楽章の間中ずっと続きます。スバラシイ。最終楽章は爆奏って言葉があるかどうか知りませんが、まさに爆発的な演奏。フィナーレにふさわしく大いに盛り上がって終わりました。スッキリ。
 でも、指揮者が挨拶の時に言っていた、可能なら熊響のメンバーが最後にしてくれると言っていたのは何だったか。もしかしたら最後に皆が弓を高く掲げたこと?


③´ アンコール チャイコフスキー作曲 「くるみ割り人形」より‟グラン・パ・ド・ドゥ”。
 ハープが演奏会の最初からステージ上に出てるのに気づいていましたが、これまで演奏している様子はまったくありません。いつ使うの? ハープはこの最後のアンコールのために置いてあったのです。
 その清らかな音でアンコール曲は始まりました。するとなんと勝手に涙が出てくるんです。あっ、これこれ!私の中の楽器、心の琴線に触れるってやつです。この演奏会でまだこれが出ていなかったのに気づきました。それがついに出ました! これで心身ともに元気になれるぞ。


 アンコールとメインの曲はすべてチャイコフスキーでした。でも私はアンコールの曲名がからっきし分かりません。バレエ音楽に馴染みがないからだと思います。バレエ音楽からアンコールとして演奏されることが結構多いような気がします。でもいつもわかんない。今後の課題かもしれません(笑)。

 演奏会すべてを楽しんで、個人的に何が良かったかって、最後のアンコールでしょう。でもそこまでに至る本来のプログラムが素晴らしかったからこそ、この感動があるのだと思います。
 アンコールが一番良かったというので思い出すのが、過去記事にもある世界的指揮者ゲルギエフの熊本公演で、ピアニストの大男マツーエフが弾いたアンコール曲「トロイメライ」。そういえばチェスキーナ洋子さんが亡くなって以来、ゲルギエフは熊本に来てくれなくなりましたね。残念。


 元気なった私は、妻の“迎えに行くよ”との親切な申し出を断り、自宅まで7.7キロの夜道を歩いて帰りました。

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは

いい心の栄養を取れましたね!

帰り道は余韻にひたってのウォーキングですね

私も昨日朝にめまいと吐き気で終日寝てました

お互いに5月頑張り過ぎないように注意しま

しょうね(笑)

その昔は、大阪在住しフレンチオーケストラ
のライヴにはまって生で聞く感動にひたって
ましたが、最近はとんとご無沙汰です

私も心の栄養が必要に感じます!

Re: ともあき さん、

ともあきさんもですか?

5月は季節の変わり目か調子を崩しますね。
早くお元気になられますように。ブログ更新楽しみにしています。