20キロウォーク、途中で中断になった、らしい、と後で知る

 5月12日、八代市で開かれた九州国際スリーデーマーチに参加してきました。今回は初日40キロ+二日目40キロに参加する気満々でした。

 でも、天気予報によると昼から雨になることは確実でした。それで急きょ20キロコースに変更。大雨に降られてまでウォーキングしたくありません。出発時間も40キロより1時間遅くなるので、睡眠時間も少しだけ余分に確保できますし。

 

 20キロ「アコウの樹コース」出発式。8時30分スタート。
P5120002.jpg

 20キロコースは外国人参加者が多いようです。ロシアからのグループ。大人数でした。
P5120004.jpg

 オランダからの参加者たち。出発前に英語で話しかけたら、Netherlandって日本語でなんて言うんだと聞かれて答えたらHolandaみたいに書いてましたね。
P5120005.jpg
 
 4.5キロ地点の金剛歩道橋。面白い造りの橋です。
P5120007.jpg

 6.4キロ地点、コースの名前になっているアコウの樹。ここで最初の湯茶接待。
P5120008.jpg

 最後の方から出発して、ついに先頭の「リーダー」に追いつきました。でも本当に速い人はリーダーを追い越してはるか数キロ先を進んでいるようです。
P5120011.jpg

 このお二人と会話しながら次の湯茶接待まで進みました。いやあ楽しかったな。年配の方はどちらかのウォーキング会の役員、若い方は八代市職員の方でした。
 お二人の役目では、マラソンのペースセッターのように厳密なペース配分で進むことは求められていないようです。でもだいたい時速6キロほどでしょうか。このまま行くと正午頃ゴールするだろうこと。でも雨雲が近づいているので11時過ぎから降るかもしれないことなどを教えてくださいました。
 市職員の方が履いておられたシューズが私のと同じ。やはりランナーでした。2回しかマラソンは経験ないとのことですが、サブ4達成なさったようです。マラソンランナーにとって、20キロウォークなんて軽いものでしょう。・・・と、私も思っていたんですが・・・



 11.2キロ地点の北原河川公園に到着。ここはチェックポイント。
P5120015.jpg
 今回は、チェックポイントがどこか、もらった地図に記されていません。湯茶接待に来て初めてそこがスタンプを受けなければならない場所だと分かる仕組みです。

 湯茶接待。早歩きで結構汗をかいていました。
P5120013.jpg

 手作りのお土産をいただきます。
P5120016.jpg
 年配者のパワーで運営されている感じでした。

 ここの湯茶接待で少々時間を取りすぎました。リーダーたちはいつの間にか出発し、私が出発するときはもうかなり先の方。歩いて追いつくのには時間がかかりそう。


 この後雨がぽつぽつ降り始めます。耳を澄ますと雷も鳴ってる。私は折り畳み傘とマラソンの時にもらったポンチョを準備しています。いつから使うかでしょうね。


 ここに来るまで全く気付かなかったのですが、なんと知り合いのお宅の前を通るではありませんか。久しぶりに訪問してしばし談笑。


 14~15キロ間にあった私設エイド
P5120017.jpg
 「持って行きなっせ」と言われ、八代特産のトマトとミニトマトをいただいて行きます。特にミニトマトが「うまかよ」とおっしゃられた通り、帰宅して食べたミニトマトは今まで食べたことのないほどの甘さ。これホントにトマト?レベル。ありがとうございました。家族にとても好評でした。



 雨がだんだん強くなってきて、雷も鳴り始めました。マズいなあ。※もちろん雨具をもう使用してます。



 商店街の中に歩みを進めます。

 八代社交飲食業組合(夜のお店)の皆様が提供してくださっているバナナ。最ものりが良かった私設エイドですね。
P5120019.jpg

 16.4キロ地点の八代城跡公園(チェックポイント)。 
P5120020.jpg
 10キロコースの人たちと合流しているので、人数が増えています。雷雨が随分ひどくなってきています。


 素晴らしい光景にちょうど出くわしました。
P5120021.jpg
 雨具を持っておらず濡れて歩いている参加者に、沿道で応援していた人が見かねて自分がさしていた傘を強いて渡して立ち去る場面。返さなくていいよって。
 私も一緒に見守っていましたが、この親切な方はすぐ近所の方のようで、ご自宅がどこか見当がついたので、たぶんこの参加者はあとで傘を返しに行かれただろうと思います。それにしても予報で雨が降るのが分かっているのに、雨具を持って来ていないのもどうかと思うのですが。


 ついにリーダーに追いつきました。
P5120022.jpg


 残すところ2キロもないところでついに本降りになりました
 リーダーの一人に何か連絡が入ったよう。二人は別行動となり、前を歩くのは一人になりました。
 傘を差してもダメ。ズボンもシューズも背中にしょったバッグもずぶ濡れ。
 なんとか12時5分にゴールしました。20キロを3時間30分かかりました。
 完歩証をいただいて、くじ引きでタオルが当たって終了。


 40キロの参加者たちはどうなったんでしょう。雷雨の中を歩くのでしょうか? 後で新聞で知ったのですが、どうも一つのコース以外は中断になったようです。


 正直20キロだからと高をくくっていました。今でも思います、たかが20キロ。でも今回は疲れ方が何か違うんですよね。普段痛まないところが痛いし、何か疲れ過ぎてる感じ。
 帰宅して何とか仕事をこなし、明日こそ本番の40キロと意気込む前に発熱。やっちまった。

 今年のウォーキングは40キロ+40キロ=80キロと思っていましたが、あえなく20キロで終了。この時期体調が優れないことが多いなと感じます。数年前は発熱したまま40キロ完歩して病気を治したという荒療治もやりましたが、さすがに今は自信が喪失ぎみ。

 でも来年こそ40+40。

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様でした

体調はその後いかがですか?
この時期はご用心くださいね

そういう私もめまいと吐き気で1週間
大事に過ごしました(笑)

八代ウォーキング20キロ部経験ありです
地元の歓迎ぶりは、いいですね!

Re: ともあき さん、

おかげさまで一日休んだら回復しました。

めまいと吐き気、原因が気になりますね。
でも更新されたブログを見て安心しました。