五家荘 白鳥山のヤマシャクヤク

 5月19日(金)、この時期恒例の登山。どこに行くのか、相棒はどうしてもその季節にしか見られない花がないと心が動かない人なのでお任せ。

 本当は某山に登るつもりが、登山道入口直前で地震のため道が悪くなり断念。四駆ではありましたが、最低地上高がもっと高かったなら先に行けたでしょう。急遽目的地を変更。五家荘の白鳥山に向かいました。

P5190118.jpg

 宮崎県との県境、ここまでがまた遠い遠い。
P5190007_20170521221931d64.jpg

 雲一つないような最高の天気。キツツキのドラミング音やウグイスのさえずりなどを耳にしながら登っていきます。

 目当ては清楚なヤマシャクヤク。ちょうど見頃を迎えていました。
P5190016.jpg
P5190040.jpg
 頂上手前に群生地があります。

 登山道の入り口がすでに標高が高いので、ここまで来るのに大変だったという印象は皆無。
P5190059.jpg

 山頂から時雨岳方面に向かったところにも群生地。ここで弁当を食べることにしました。
P5190062.jpg

 見事でした。
P5190064.jpg

 でもね、山登りしてると残念に思うことがあるんですよね。それは山の荒廃ぶり

 一部の土地を囲ったネット(網)の内と外で土地の様子が全然違うのがお分かりでしょうか。
P5190014.jpg
 内側(中央より左側)は植物が密生。外側(右側)はまばら。

 これがもっとよく分かるかも。ネットの内側
P5190109.jpg

 ネットの外側
P5190110.jpg

 まるで違う植生。どうして?


P5190104.jpg

 シカの頭数が増えすぎて、鹿が食べられる植物はみな食べてしまっています。残っているのはシカが食べられない毒草バイケイソウの群落。他の草が生えているところにはバイケイソウが少なく、鹿が他の草を食べてしまうところでは、至る所でこの植物が群落を形成して繁茂しています。本来強勢を誇る植物ではなさそうなのですが。

 しかも枯死した木が倒れてネットを押しつぶし、用をなしていないネットもいくつかありました。


 下の写真は、一見天気もよくきれいな写真が撮れたように思えます。
P5190088.jpg
 しかし、植生が貧弱になっている山頂付近では、枯れた倒木、しかも枯死した大木も多い現状が。なぜ?どうして?


 でも、ヤマシャクヤクは鹿が食べない植物です。ですからここでは美しい花を楽しむことができるのです。複雑な思い。
P5190074.jpg


 登山慣れしたと思しき地元の方とくだんの惨状のことをお話しする機会がありました。やはり心配しておられる様子。シカが食べた後は草が生えない(酸性雨が降り、しかもシカの唾液が酸性)とおっしゃいますし、お隣の宮崎県側では犬を放し飼いにしている家々があるので、シカが警戒して植生が保たれているけれども、熊本県側ではそれがないのでシカが植物を食べ放題ともおっしゃっていました。(個人の意見です。本当かいな?)

 その方に、クリンソウ(九輪草)の群生地を教えていただき、登山の帰りに見てきました。
P5190135.jpg
 群生地の場所はとある場所としておきます。



追記がありますが、ニョロ系が出てきますので、苦手な人は見ないでください。



 マムシには出会いませんでしたが、アオダイショウに出会いました。
P5190054.jpg
P5190057.jpg

 撮影後は釈放。

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは

シカ害はひどいですね!

白鳥山は山深くて小説にも出てくる

大好きな山だけに残念ですね~

英彦山もシカが多すぎて、狼を放そうかと

冗談ではなくて本当に困ってますね

ニョロ系にお強い方は尊敬します

子供の時だけではなく、今でも駄目です

祖先は恐竜に追いかけられていたんでしょう

Re: ともあき さん、

ほんと二ホンオオカミが絶滅していなかったら良かったんでしょうね。
最近は猟師さんも減っているようですし。

小説に出てくる?
知識不足でしたので検索したら、カジシンの「未来(あした)のおもいで」ですかね。
情報ありがとうございました。

No title

白鳥山は、自然豊かな好きな山ですが
荒廃ぶりには、がっかりですね

梶尾真治さんの小説「未来のおもいで」の
舞台にもなり、平家残党の屋敷跡などの
ロマンあふれる山を豊かに残したいですね

ニョロは、どうしても駄目ですね(笑)

Re: ともあき さん、

情報ありがとうございました。
読んでみなければいけませんね。