このピンク色は何を表わしているでしょう?

 ピンク色の幅が一番広そうなところを熊本港に合わせてみました。
ラーセン1
 熊本市はすっぽりその中に入り、阿蘇の五岳もかなり入りそうです。


 さて、このピンク色は何を表わしているでしょう?




 実はこれ、最近のこのニュースと関係があります。

 南極大陸の南米寄りにある半島で、氷が陸地から海上に張り出している棚氷の一部が割れ、巨大な氷山が誕生した。英スウォンジー大や英南極調査所(BAS)などの研究チームが13日までに発表した。この氷山の面積は日本の千葉県を上回る約5800平方キロで、重さは約1兆トンと推定される。

 この棚氷は「ラーセンC」と呼ばれ、氷山として分離した部分は面積の12%程度。衛星観測で、10日から12日の間に分離したことが分かった。分離前から海上に浮いているため、当面は海面上昇につながらないという。
 南米寄りにある南極半島は過去数十年間、温暖化が進んでおり、近くにあった棚氷のラーセンAが1995年、ラーセンBが2002年に崩壊している。研究チームは今後も観測を続ける方針。(2017/07/13-11:43)  時事通信より引用

 別の新聞記事では三重県ほどの大きさとも表現されてました。



 この氷山の大きさを、わかりやすく地図の上に表示することできるツールが公開されています。
   https://interaktiv.morgenpost.de/eisberg-groessenvergleich/




 これを利用して、さらに遠目で見てみると・・・
ラーセン2
 北は山鹿が、南は八代がピンク色に含まれてしまいます。








 九州サイズの地図に合わせてみるとこうなります。
ラーセン3
 上下の長さは熊本県をはるかに越えます。

 やはりこの氷山はでかいですね。


 世界中のいろんな場所で大きさを比べられて面白いですよ。



コメント

非公開コメント

No title

すごい大きさというのが、この比較で

よーく理解できましたよ!

明日からまた歩夢くんと東峰村に

行ってきます。

Re: ともあき さん、

炎天下の中、豪雨災害ボランティア、本当にありがとうございます。
私より年上でいらっしゃるのに、どこからこの力がわいてこられるのでしょう。