90歳でフルマラソン完走

 熊本城マラソン2015が終わって4週目に入りました。負傷のため禁止されていたランが先週から解禁になり、本日スピードを一時的に上げました。キロ4分台。全然痛みや違和感がない。順調に回復しているようです。


 熊本城マラソンといえば、毎回テレビにも取り上げられて、話題にのぼる方がいらっしゃいます。最高齢ランナーのお爺ちゃん。今年もエントリーなさっていたのは、名簿をみて知っていたのですが、今回はなぜかまったくテレビで取り上げられません。ランナー検索してみると10キロで途中棄権なさっていました。なるほど、きっとご高齢で、途中で体調を悪くなさったのだろうとばかり思っていました。


 ところが話はそこで終わっていませんでした。


 子どもの送り迎えに来てくださった保護者の方とお話ししていると、ふとしたことで熊本城マラソンの話題になりました。そして、その方のお兄さんがマラソンに出ている、しかも90歳で、今年も沿道で応援した、とおっしゃる。

「90歳ですか? (はて?) 最高齢といえば、阿南重継(あなんしげつぐ)さんしか思い浮かびませんが」。

「そうそう、それが兄です」。

「(興奮しまくる筆者) えっ? ご親戚だったんですかー」。


「でも、今年は途中棄権なさってましたよね」。

「ええ、翌週の東京マラソンに備えて」。(二度びっくりの筆者)




 その保護者がお帰りになってからネット検索。すると、東京マラソンで見事完走なさっていました。



 東京マラソンの歴代最高齢の90歳で、6時間45分28秒で完走。しかも「家族三世代でマラソンを完走した合計最高齢」のギネス記録まで達成なさったと。



 恐れ入りました。私も元気で続けたいものです。



 「先生も出ておられるとは存じませんでした。来年は先生も応援しますね」。

コメント

非公開コメント