野焼きボランティア安全講習会

 1月26日午後、野焼きボランティア安全講習会が開かれました。

 昨年初めて事故が起きて以来、悲劇を二度と繰り返さない決意で、安全面にさらに注意が向けられています。


 装備の面では、今回参加者に難燃性のヘルメット、メタルホイッスルが貸与されました。また、難燃性の作業服の有償貸与が発表されました。個人でそれを購入することもできます。
P1303000.jpg

 「野焼き・輪地切り作業 ヒヤリハット集」という56頁からなる小冊子も全員がいただきました。防災・消防関係各所にも目を通してもらい意見を求めて完成した冊子です。




 今年は阿蘇の野焼きが例年より早く、2月初旬から始まります。

 ただ昨秋の輪地切り作業や2月の初心者研修会、昨年の事故の影響で参加者がかなり減っているそうです。ですので、なおさら野焼きボランティアに参加したいと思うのですが、本業の区切りがつかないとなかなか参加できません。野焼きは始まれど、遠くから応援しているだけという状況がしばらく続きそうです。

コメント

非公開コメント