2014野焼き支援ボランティア(1)- 1年ぶりの再訪

 3月8日(土)、今年の私の野焼き始めでした。

 場所は昨年も参加した「長野牧野」の野焼き。普段見ることのできない高地からの絶景が眼前に広がります。
P3088482.jpg
 画像中央の山と山の間の切れ目がカルデラ・外輪山の切れ目でもあり、その向こうに大津町や熊本市が広がっています。




 地元の牧野組合の方の中には、1年ぶりにお会いする懐かしい顔がありました。そして今回は若い方も多かったように思います。とても賑やかでした。

 ボランティアは4班構成、総勢約30名。初心者研修を受けて野焼き初参加の方が各班2,3名いらっしゃるようでした。見た感じ、私より若い方も。とても嬉しいことです。

 それでも、班内を見回して結局ジェットシューターを背負うのを引き受けました。満タンで20L。今回はいつもより少なめだということですが、たぶん15キロくらいはあるかと。特に午前中は“転げ落ちそうな”急峻な斜面での作業。アップダウンがあって、足腰や心肺機能のいい鍛錬になりましたw。


 そして今年も見ることができました。一気に火がなめ尽くす壮大な野焼きを。(※作業後リーダーの許可を得て撮影)
P3088497.jpg

 火からはかなり離れているのに暖かい。そして下の画像は、同じ班の、野焼き初参加のボランティアさんに撮影していただきました。
P3088500a.jpg
 その後お元気でしょうか? 初参加だったのに、私のために様々な気遣いをしてくださり、ありがとうございました。ぜひまたどこかの現場でお会いできたらと思います。
 あとで知ったのですが、某TV局の元アナウンサーの方だとか。どうりで受け答えがハキハキとしてしておられました。


 上の画像から下の画像まで時系列順になっていますが、この広大な場所が一気に短時間で燃えるのです。
P3088500c.jpg
 感嘆の声をあげずにはいられません。


 この牧野の野焼きはこの日と翌日曜日の二日連続行われます。そして二日目の終了後は・・・そう、焼肉交流会。

 そしてこの日、作業終了後発表がありました。翌日の阿蘇北外輪山方面の野焼きは晴天なのに延期決定だと。なぜか。まだ雪が残っているせいです。九州なのに雪ですよ雪。



 

コメント

非公開コメント