2014野焼き支援ボランティア(3)-草原再生への第一歩

 阿蘇北外輪山の西湯浦牧野で野焼きがありました。この野焼きはある意味注目された野焼きでした。というのも、約50年ぶりに実施される野焼きだからです。半世紀前ここは採草地でした。しかし、畜産業の衰退で野焼きをやめてしまったために、現在では雑木が茂った場所に変わってしまいました。しかし最近になって、草原の価値が見直され、この場所を元の草原に再生させる試みが官民協力のもと行われることになったのです。実はこの野焼きの前にも防火帯作りのボランティアが何度も募集され、私も二度ほど申し込んだのですが、そのたびに悪天候などで作業が流れ、やっと最後の野焼きに参加できたのです。そういう記念すべき野焼きに参加できたのは嬉しいことでした。

 この日は午前9時過ぎに北山レストラン前に集合。私が到着した時にはすでに多くの報道関係者がいらっしゃいました。すぐそばを走る通称ミルクロードは頻繁に警察車両が通り、各所に警備員も立つ野焼きでした。
P4088900.jpg

 事前に新聞やテレビで取り上げられたこともあり、この日は多くのギャラリーが押し寄せました。主に写真愛好家。長い望遠レンズのついた高級カメラが野焼きを追います。他県からもお出でのようで、野焼きの炎が見えると、一斉にシャッター音。
P4088902.jpg


 私たちの班の仕事、う~ん、はっきり言って今までにないほどヒマでした。移動距離はほどんどなし。ギャラリーが立ち入り禁止区画に入らないよう見守っておくというのが仕事だったようなものです。火消し棒を使用したのは、申し訳ない程度の三叩きほどでしょうか。出番が少なかったということはそれだけ安全に行えたということでしょう。そういうわけでほぼお昼までで野焼きボランティアは終了し、↓の場所で昼食をとりました。ぽかぽか陽気で、ゆったりと時間の流れる気持ち良い昼食タイムでした。でもしっかり日焼けしましたけど。
P4088905.jpg

 残り火が燃え上がります。
P4088912.jpg

 上空からはヘリによる取材もありましたし、見た限り各テレビ局の取材クルーが来ていました。こんなに取材陣とギャラリーが多かった野焼きは、私には初めての経験です。NHKは終了後早速電送していました。
P4088917.jpg

 それにしても阿蘇外輪山からのカルデラの中の眺めは最高です。熊本に住んで良かったと思います。
P4088919.jpg

 北山レストラン前から展望台が伸びていますので、野焼き後の道を通って行ってきました。
P4088921.jpg

 展望台からの前方の眺め。ため息が出るほど美しい。
P4088922.jpg


 45haの広大な牧野でしたが、今後5年ほど野焼きを続けることにより、草原が再生されていくだろうということでした。


 夕方の各局のニュース番組で、今回の野焼きが扱われていました。録画しまくり。その中には私も少しだけ出てました。



 ※ 後日、本州に住んでいる友人からも野焼きのニュース見たと連絡がありました。NHKは全国放送したんですね。

コメント

非公開コメント