輪地焼き

PB051996.jpg

 東京から帰った翌日、野焼き・輪地焼き支援ボランティアに行ってきました。平日ということでなかなか人手が集まらないということが分かっていますし、牧野を少しでもお手伝いできればという思いで参加してきました。なお、ボランティアが終わったら自分の本業です。朝から晩までなかなかハードですが、今日も心地よい疲労と爽やかさを得ました。

 町古閑牧野の輪地焼き支援です。今年の春の野焼きにも参加したところ。今日は牧野組合関係者の中に、本日の最年少がおり、彼のおかげで非常に賑やかな輪地焼きになりました。それでも、ボランティアの中では私が最年少で、顔を覚えられているのか、もうリーダー指名で自動的にジェットシューター係になりました。

 ミーティングの後移動します。遠くに阿蘇のカルデラの中が見えます。絶景です。
PB051974.jpg

PB051976.jpg

 野の花がたくさん咲いていました。リンドウ。熊本県花でもあります。
PB051977.jpg

 ネズミの穴。夜行性で、ススキの種などを食べるとか。
PB051980.jpg

 水の入った袋を担いでいますので自分の体重+10~15キロ。足腰の鍛錬とも思っています。今回私が一番緊張して仕事をした場所。炎の勢いが強かった。
PB051981.jpg

 ↓他所で紹介されていたので知ったもの。組合長に直々にリクエストして、作業の合間に作ってもらいました。ススキのバッタです。壊さず持ち運ぶため、ヘルメットにはめたゴーグルの隙間に入れて携帯していました。簡易虫かごです。そのため今日はゴーグルはできるだけ使用しないことにしました。しかし、作業に集中している最中に“逃げ出し”た個体も。
PB051982.jpg

 いやぁ、いい天気です。空の雲もユニーク。
PB051985.jpg

PB052000.jpg

 作業がすべて終わって、バッタの作り方講習を個人的にしてくださいました。でも、自分にはけっこう複雑で一度では覚えられませんでした。また次回改めて。



 今日も良い一日でした。満足満足。

コメント

非公開コメント