至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

 九州国立博物館(九博)で開かれている「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」を見に行きました。朝8時15分自宅を出発し、途中で妻の実家と合流。カツ丼が人気のお店で腹ごしらえをして九博に向かいました。13時前に到着しましたが、心配していた駐車場の渋滞はなし。でも、会場は人が多く、とても賑わっていました。



 ◆ 1階ホールにて絵になりきります

 飛び出す絵画。
IMG_1330.jpg

 変顔。
IMG_1326.jpg

 笑顔が素敵な母たち。
IMG_1319.jpg
IMG_1322.jpg





 ◆ 自分のカメラで写真を撮ってもよい絵画が2点ありました。こういう企画はとてもうれしいですね。

 ルノワール 『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)』(1880年) 8歳の美少女です。
P6220332.jpg

裕福な銀行家のルイ・カーン・ダンヴェール伯爵の長女、イレーヌを描いた作品。当時8歳であったイレーヌの栗色の豊かな髪やあどけない表情が、背景に描かれた深い緑の茂みによって引き立てられています。ルノワールによる子どもの肖像画の代表作のひとつである本作品は、1881年のサロンに出展され好評を博しました。




 モネ 『睡蓮の池、緑の繁栄』(1920-26年) 日本初公開 高さ2m×幅4.25m
P6220338.jpg

1883年、ジヴェルニーに移り住んだモネは、自宅の敷地内にエプト川から水を引き、睡蓮の池を作り上げました。植物の様々な色彩を映し出し、時の流れに応じて表情を変える水面は、画家の後半生の創作の中心的モティーフとなったのです。モネの死後、しばらくアトリエに保管されていた本作品をビュールレは高く評価し、3点の「睡蓮」を主題とする作品を購入しました。そのうちの2点をチューリヒ美術館に寄贈し、1952年にチューリヒ美術館でモネの個展が開催された後、本作品を購入しました。









 ◆ 2008年に盗難に遭い、その後無事に回収された絵画4点も来ていました。それをピックアップします。


 ◆ ドガ 『リュドヴィック・ルピック伯爵と娘たち』
ビュールレ43

ドガの友人で、印象派展への出品経験をもつ芸術家でもあったリュドヴィック・ルピック伯爵と2人の娘を主題とした肖像画。大胆で自由闊達なすばやい筆致と、透明感ある色遣いによって巧みに表現されています。





 ◆ セザンヌ 『赤いチョッキの少年』
ビュールレ44

セザンヌの肖像画のなかでも、もっとも有名な作品です。肘をつき、物思いにふける少年。頭を支える腕の直線や、背中や手前に長く引き伸ばされた腕の曲線が、カーテンやテーブルクロスの斜めの線と絶妙な均衡を保っています。画面周辺の沈んだ色調に囲まれ、少年の顔と赤いチョッキ、右腕を包むシャツの白さが際立っています。




 ◆ ゴッホ 『花咲くマロニエの枝』 (右の絵画)
ビュールレ26

サン=レミの療養院を退院した後、ファン・ゴッホは、パリ近郊のオーヴェール=シュル=オワーズで印象派絵画の愛好家でもあったポール・ガシェ医師と多くの時間を過ごしました。かつてガシェ医師が所蔵していた本作品では、厚みを増した筆触を特徴とし、画家がパリ時代に取り入れた新印象主義の手法を独自に発展させたことを示しています。




 ◆ モネ 『ヴェトゥイユ近郊のひなげし畑』 (左の絵画)  うーん、よく見えない。
ビュールレ21


 無事に戻ってきたゆえに、本物をここで見られます。ちなみにその被害総額は推定で1億8000万スイスフラン(約175億円)だったそう。





 ◆ 個人的に気になった絵画は、カナール(カナレット) のベネチアの風景画。
ビュールレ06

(右の絵の解説) 景観画の巨匠、カナレットによる本作品には、ヴェネツィアのカナル・グランデの東方の眺望が描かれています。前景に描かれたサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂は、当時のヴェネツィア絵画において好まれたモティーフのひとつでした。暖かな陽光と輝く水面、澄んだ大気や建造物の細密な表現など、カナレットの景観画の特徴を示しています。




 セザンヌの最後の未完の作 『庭師ヴァリエ(老庭師)』
ビュールレ45

1902年にセザンヌは、南仏レ・ローヴの丘に新しいアトリエを建てました。少し坂を上るとサント=ヴィクトワール山を一望できるこの絶好の場所で最晩年を過ごしたセザンヌ。その身の回りの世話もしていた庭師ヴァリエは、最後のモデルでもありました。未完の本作品は、晩年に特有の瑞々しく軽やかなタッチで覆われています。


 ゴッホの絵は絵の具のぬり方が独特で力強く好みです。ピカソの『花とレモンのある静物』も花瓶が悲しげな顔に見えて惹かれました。


 いつも一人で見に行くことが多いですが、今回は弟が車を運転してくれたおかげで楽に移動でき、両家で一緒に行って楽しむことができました。
IMG_1318_2018062301015132b.jpg
 7月16日(日曜)までです。

 



※ 「九州国立博物館」とロゴの入った写真は、九博から提供していただきました。それ以外は自分で撮りました。また、絵画の説明文は九博のホームページより引用させていただきました。

※ このブログでは、九博から提供されたり自分で撮ったりした画像を紹介していますが、ビュールレ・コレクションのサイト
     https://www.buehrle.ch/en/collection/
では、そのコレクションの全貌を見ることができます。かなりの数が日本に来ているんですね。

ステンドグラス & 草木染

 先日の記事にもある山ノ頭農園のハス園を訪問する前に、本当に久しぶりに、南阿蘇のステンドグラスのお店Lapsiに立ち寄りました。お店の方は私が何を買ったかまで覚えておられ、嬉しく思いました。


 やはりいつ見てもステンドグラスは美しく輝いていますね。今回はいとこを連れていき、いたく気に入ったよう。
IMG_1310.jpg

 胸元で輝くアクセサリー(1,800円)。よく似合っていました。


 ちょうどお友達の作家さんの作品も置いてあり、草木染が大好きないとこは即買い。
IMG_1306.jpg
 草木染コースター(1,500円。Lapsi価格)。これは余分にあれば私たちも買ったでしょう。1セットしかありませんでした。

 ちょうどこの日に入荷したばかりの作品で、即売れだったよう。しかもその作家さんが近くに来ていらっしゃるよう。電話を掛けて呼んでいただきました。
IMG_1307 (2)
 気さくな女性で、芸術家らしく自分の草木染作品を着ておられました。とても関心を示すいとこに、私がいなかったら脱いで見せてあげたのに、と(笑)。

 種子島に工房がおありで、草木染のみならず、陶芸、革製品製作もなさっているそう。Lapsiさんにちょうどプレゼントとして渡しておられた陶器も見せてもらいました。その内側の底には、目の前の海で拾ったというガラスが溶けて静かに輝いていました。それも欲しがるいとこ。残念ながら写真を撮りそこないました。

 作品は良心的な価格でした。むしろ安いくらいかもしれません。

 種子島に行く機会があったら、ぜひ訪問してみたいと思いました。


陶染工房 美ほう庵 (びほうあん)
鹿児島県西之表市西之表6490-2

山ノ頭農園のハス園 2018

 南関町の山ノ頭農園のハス園に突然行ってきました。

 平日のお昼ごろに到着。誰も見学者はなし。あとで一組いらっしゃいましたが。
IMG_1283.jpg

 昨年は、7月初旬に行きました。その時の記事はこちら

 その時は入ってきて手前の白いハスがたくさん咲いていましたが、今回は6月中旬で、手前の花はまだ咲いておらず、入ってきて奥の花がたくさん咲いていました。最初花が全く見えなかったので、外したと思いました。でも違います。

 淡いグラデーションが見事。
IMG_1292.jpg
IMG_1288.jpg

 でも、個人的には開花直前のつぼみの色が最も美しいと思います。
IMG_1280.jpg
IMG_1286.jpg
IMG_1296.jpg

 中には苦手な方もいらっしゃるらしいハスの実。
IMG_1289.jpg
IMG_1290.jpg

 
IMG_1300.jpg

 現地までの地図は過去記事の中に掲載しています。




6月のお花: カエルのかくれんぼ

 玄関のお花、今月の妻の作品です。
IMG_1238.jpg

 雨の多い6月らしい作品に仕上がっています。

 どうぞおいでくださる方はご鑑賞ください。そしてその感想を妻に伝えていただければ嬉しく思います。生もののため期間限定です。

梅雨のオープン日和


 仕事の忙しさのピークが過ぎたので、夫婦で阿蘇にドライブに行ってきました。車を1時間ほど走らせると、喧騒とは真逆の雄大な大自然の中に入り込めるって、熊本は本当に素晴らしい所だと思います。この日、梅雨の間の晴れ間で、あいにくの雲の多い天気でしたが、コペンをオープンにするのにちょうど良かったです。これを狙っていました。阿蘇外輪山をコペンで快走します。暑いどころか空気は冷たい感じがしました。
IMG_0254_20180613235914627.jpg

 ミルクロードからやまなみハイウェイを通って、三愛高原ホテルの展望温泉へ。軽とはいえオープンって開放感があり、非日常を楽しめます。コペンはカーブに速い速度で入っても道路に食いついて走るので、安心して運転できます。そのせいで普通車よりも速い。ほんとに運転が楽しい。

IMG_0267a.jpg


 行き当たりばったりのドライブ。気が向いたところに立ち寄ります。


 復路はまっすぐ帰宅せず、ミルクロード上の四季の里・旭志への案内看板を見て、脇道に入りました。これが狭い道でした。道の悪いところも一部あり、ジムニーあたりはいいかもしれません。また普通車だとちょっとすれ違いが怖い。実際、材木を満載したトレーラーとすれ違いました。また、どんどん寂しいところに入り込んでいきます。鞍岳を迂回するくねくねの道なので本当に到着するのだろうかと心配になります。でも大丈夫、無事に到着。




 ここは温泉施設なのですが、温泉にはすでに入ってきたので、遅い昼食兼早い夕食を食べます。

 施設内のレストラン、くらだけテラスへ。さすがに3時を過ぎているとお客はだれもいませんでした。


 チキン南蛮プレートIMG_1211.jpg
 なんと650円です。カリカリの衣に店独自のタレ。本場宮崎県のそれとは違うかもしれませんが、妻にとっては今まで食べたチキン南蛮で最も好みにぴったりだったそうです。実は私は肉嫌いですが、これはウマい!食べられる。お店の人にそのことを伝えると、料理長の自信作のようです。


 私は本日の魚定食
IMG_1212.jpg
 本格的なアユの塩焼き。ご飯と味噌汁がついて、これも650円

 味よし、コスパ抜群です。さらに、ここは火曜日に食事をすると、大浴場無料入浴券をもらえるのです。狙っていました。





 食事後、妻が行きたいというお店へ。
IMG_1215.jpg

 替え玉がありますが、ラーメン店ではありません。絵をもう一度よく見てください。

IMG_1219.jpg
 この辺りでは有名なアイスクリーム店、ついんスターでした。いろんな味のアイスクリームの上にソフトクリームが乗って340円です。10年とは言わないくらい久しぶりに訪れました。


 久しぶりのドライブ。爽やかになりました。